スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

今回は久々にチルド麺。日清食品チルドから、「日清焼うどん 焦がし味噌味」(2019年冬 季節限定)をご紹介。

日清食品チルドもかなりの商品がリリースされていますが、この日清焼うどんも好調で定期的に期間限定、季節限定品を出されています。

では!今回も楽しみに見て参りましょう!ご一緒宜しくお願い致します。

パッケージ外観、デザイン

実は日清食品公式では「日清焼うどん」シリーズですが、パッケージではパッ!とほぐれるの表記があります。

実はチルド系や常温生麺系は麺が解れにくく、調理時に少々の水を入れ蒸す様に調理するのが一般的。商品にもよりますが、フライパンに麺を入れた時点ではかなり硬い状態のものもあり、水分をある程度吸い戻る前に迂闊に箸で触ってしまうと麺が切れ切れになり味覚を損なってしまう事もあります。

その作りやすさに着眼を置き開発されたのがこの「日清焼うどん(パッ!とほぐれる)」シリーズ。そして今回は2019年に入り冬を迎えた季節限定、焦がし味噌味がコチラとなります。

左上と右下が透明で中身が垣間見えるパッケージですが、どどんと盛付けされた焼うどんの写真に惹きつけらるパッケージデザイン、直球型と言えるでしょう。

パッケージ裏

この様に、上部には作り方説明がありますが、今回もめんほぐし用に50mlの水を加えるとあります。従来の商品と同様水はいるのか?とは思ってしまいましたが(笑)、そのほぐれ様は今まで何度か実食させて頂いた中ではダントツのほぐれ様でした。どちらかと言うとほぐす為と言うよりも、炒めながら適度に水分を吸い、麺のみずみずしさを蘇させる、そんな印象だったのを思い出しました。

原材料について

麺は小麦粉、食塩、植物油脂、(酸味料、乳化剤、グリシン、(一部に小麦・大豆を含む))となっており、

添付調味料は砂糖、粉末みそ、食塩、ぶどう糖、麦芽糖、香辛料(にんにく、唐辛子、しょうが)が主となっています。

液体ソースでは無く粉末で仕上げられる焼うどんですが、この日清焼うどんシリーズのクオリティはかなり高く、今回の限定の「焦がし味噌」の味わいをどう表現されているか、かなり楽しみにさせます。

数値について

今回は2人前の商品ですが、1人前(179g)当たりの数値はカロリー250kcal、食塩相当量3.3g、そして脂質は2.8g。

実際の調理時に用意する具材によって数値はかなり左右されると思われ、もちろんそれを前提に商品化されていますので、あくまでベースとしての数値になりますが、食塩相当量は決して高く無い3.3g、脂質は粉末というのもありかなり低め。後は用意する肉で印象はかなり変わると思います。おすすめ具材はもちろん豚バラ肉。その脂分を前提に開発された数値となっていますが、赤身肉で仕上げるとよりライトな美味しさも味わえるかとも思います。

と言いながら、今回はばりっばりの脂身の乗った豚肉を用意(笑)。今回の一品にはそれなりの脂分が必要と思いました。

スポンサーリンク

開封、中身構成について

かなりクローズアップですが(笑)、この麺がパッ!とほぐれる麺、うどん。見た目からあまり押し込まれた感が無く麺一本一本が十分に確認できる、この段階からすぐにほぐれる感がある麺。そして今回限りの粉末ソース。焦がし味噌。超シンプルな構成ですが、これがどんな味わいになるか?かなり楽しみです。

では、早速ですが、おすすめ具材の豚バラ肉、ねぎ、キャベツ、にんじんを用意し、フライパンで速攻調理。本当に簡単に即完成です。

完成、仕上がり

フライパン調理で盛り付けたのは個人的に鉄板商品でもある鉄板の器。(笑)もちろん皿盛りでも美味しく頂けますが、鉄板盛りだとさらに美味しく頂けるオススメの一品です。(当ブログは厳密なレビューをするものでは無い為、パッケージイメージでもある鉄板を使用させて頂いているのもあります)

この段階から湯気が立つ躍動感も感じられますが(笑)、どんな味わいか?味噌の味わいを楽しみに頂きたいと思います。

実食

この様に若干焦げ目も付いた麺がご覧頂けると思いますが、麺はかなりのびのびとした仕上がりになっています。実は調理時に水を入れる前から既にストレスなく解れ、50mlの水分で麺に水分を吸わせよりみずみずしく仕上がった印象です。若干の味噌の色合いも粉末ながらしっかり感じさせるのが素晴らしいですね。

そして麺リフトアップ、艶のある美味しそうなうどんが美味しそうです。

一口頂くと、熱っ!とまず鉄板効果ですが(笑)、味噌の香りがしっかり感じられました。そして味付けも濃すぎず薄すぎずのちょうど良い塩梅で優しい甘味があるのも良かった。

生姜でキレのある焦がし味噌、は思った以上にさっぱりと頂け、決して味噌を押したものでは無い自然な焼うどんを味わえました。

うどんですが、調理時から一瞬でほぐれ仕上げやすいのはやはり調理時間がかなり短縮されます。実は今回の2人前、最初に1人前を調理し実食、あまりにも美味しくまだ食べたいとその後速攻でもう1人前を作った程(笑)。

もっちりと弾力があり艶やかでするする入って来る麺は適度な食べ応えがありながらも1人前170gがあっという間に無くなってしまう程。パッ!とほぐれる恩恵で食べやすさを感じました。この専用麺はなかなかクオリティの高い、やはり焼うどん専用麺の素晴らしさを感じました。

最後に

焼そばでは味わえない食感と味があるのが焼うどんですが、今回はかなりそれを堪能出来た一品で、全体に非常にクオリティの高さを感じました。

この「日清焼うどん」シリーズは定番商品に加え今回の様な季節限定もリリースされています。今後も楽しみにしながら、また新たな味わいが出された時にはご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事