阿部製麺 B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前
スポンサーリンク

「阿部製麺 B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前」

チルド麺 阿部製麺 チルド焼そば 小樽あんかけ焼そば B-1グランプリ阿部製麺 B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前

collectionfile0207は北海道の小樽市の製麺会社、阿部製麺が製造、「小樽あんかけ焼そば親衛隊」監修にて販売される「阿部製麺 B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前」。

阿部製麺は正式には「株式会社兼正 阿部製麺」だが、創業は1949年(昭和24年)10月、70年以上小樽の地で愛される老舗製麺会社である。現在は三代目の阿部恭久氏が代表取締役として「小樽の人が好む」麺づくりを行なっている。

地元を応援し活気付けたいとの思いから実を結んだのが小樽を代表するご当地グルメ、「小樽あんかけ焼そば」であり、「寿司」以外の名物グルメに値すると集まった有志は「小樽あんかけ焼きそばPR委員会」を発足。同社阿部氏も旗振り約の一人として活躍し、後にB-1グランプリの出場資格を満たす為、「小樽あんかけ焼そば親衛隊」に引き継ぐ。

その後、「小樽あんかけ焼そば親衛隊」は2014年(平成26年)郡山大会において59団体中9位、2019年(平成31年・令和元年)の明石大会では4位に入賞し、各メディアにも大きく取り上げられた。(個人的に兵庫県明石市民、当時もの凄い来場者で会場がパニックに陥っていったのが報道されていたのが印象的でした)

その「小樽あんかけ焼そば親衛隊」監修、B-1グランプリのロゴも入るパッケージだが、売上の一部が「愛Bリーグ」、「小樽あんかけ焼そば親衛隊」のまちおこし活動の支援金として活用される。

その郡山大会に於いて提供された「小樽あんかけ焼そば」の味わいを再現したのが当商品であり、2015年に発売されてから現在(21年1月)も地元小樽をメインにて継続販売されていた。

商品概要

品名:B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前
メーカー:阿部製麺
入手日:21年1月12日
麺種別:生ラーメン
ソース:1袋×2(液体ソース)
メーカー希望小売価格:500円(税別)
JANコード:4972593801516

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂(菜種油)/かんすい、酒精、クチナシ色素、打粉(加工でん粉)、(一部に小麦含む)
【ソース】醤油(国内製造)、糖みつ、肉エキス、砂糖、食塩、オイスターエキス、昆布エキス、醸造酢、酵母エキス、香辛料/増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉・を含む)

商品概要

1食168g(めん120g・ソース48g)あたり
エネルギー:446kcal
たん白質:14.5g
脂質:4.8g
炭水化物:83.0g
食塩相当量:8.0g

「阿部製麺 B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前」実食写真

チルド麺 阿部製麺 チルド焼そば 小樽あんかけ焼そば B-1グランプリ 麺リフト阿部製麺 B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前 調理例 その1

麺種別としては「生ラーメン」であり、30秒間茹でた後フライパンにて炒める工程に入る。

チルド麺 阿部製麺 チルド焼そば 小樽あんかけ焼そば B-1グランプリ阿部製麺 B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前 液体ソース

餡はフライパンにて具材を炒めた後、水200mlにて希釈した「液体ソース」を加えとろみを出しあらかじめ用意した前途の麺の上に乗せ完成させた。

一口頂くと、餡の仕上りは比較的硬めだがオイスターエキスに醤油の香ばしさが前面に出る比較的「濃い」味わいであり、しっかりとした個性があったのが好印象だったが、具材それぞれの食感、旨味が非常に引き出された「計算され尽くした」味わいに驚かされる他無く、家庭にいながらさも小樽に行ったかの様なトリップ感を感じさせる素晴らしい完成度の高さだった。

麺は比較的細めであり、しかしもっちりした弾力のあるものだったが、餡との絡みは非常に良く、麺量120gの茹で上がりは200g前後あるだろう、しっかりした食べ応えがあり物足りなさは感じられなかった、が。

チルド麺 阿部製麺 チルド焼そば 小樽あんかけ焼そば B-1グランプリ 麺リフト阿部製麺 B-1グランプリ 小樽あんかけ焼そば 2人前 調理例その2

実は今回、小樽のあんかけ焼そば提供店で実際にメニューにある「あげそば」も同商品にて再現してみた。

しかし、想像以上に硬い仕上りとなったのが反省点であり、次回はもう少し茹で時間を長く保水させ揚げた方が良かったのでは無いか?と、今後その「あげそば」研究に勤しみたくなった(笑)。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事