阿部製麺 焼そば用中華めん 2人前
スポンサーリンク

「阿部製麺 焼そば用中華めん 2人前」

チルド麺 チルド焼そば 阿部製麺 小樽阿部製麺 焼そば用中華めん 2人前

collectionfile0206は北海道の小樽市の製麺会社、阿部製麺より販売されている「焼そば用中華そば 2人前」。

阿部製麺は正式には「株式会社兼正 阿部製麺」だが、創業は1949年(昭和24年)10月、70年以上小樽の地で愛される老舗製麺会社である。現在は三代目の阿部恭久氏が代表取締役として「小樽の人が好む」麺づくりを行なっている。

小樽の人口がピークを迎えたのは昭和30年代であり、市内には約20を超える製麺所があったそうだが、現在(2021年1月)では2社のみとなっている。(もう1社は株式会社加藤製麺場です)

地元を応援し活気付けたいとの思いから実を結んだのが小樽を代表するご当地グルメ、「小樽あんかけ焼そば」であり、「寿司」以外の名物グルメに値すると集まった有志は「小樽あんかけ焼きそばPR委員会」を発足。同社阿部氏も旗振り約の一人として活躍し、後にB-1グランプリの出場資格を満たす為、「小樽あんかけ焼そば親衛隊」に引き継ぎ、2014年には9位、2019年には4位に入賞し、各メディアにも取り上げられた。

ちなみに、同社が直営する「小樽あんかけ処 とろり庵」は小樽店、札幌エスタ店にて「小樽あんかけ焼そば」が提供されている。

一方、当商品の様な地に根ざしたご当地チルド麺は流通範囲が非常に狭く、とある情報では札幌市でもなかなか入手出来ないとありオンライン上でも殆ど情報が得られないものでもある為、全麺(allnoodlesとうたってしまいまった笑)コレクターとしては絶対に外せないものだろうと小樽のとあるスーパーで入手後、個人空輸にて大事に持ち帰りコレクト(実食)となった。

商品概要

品名:焼そば用中華めん 2人前
メーカー:阿部製麺
入手日:21年1月12日
麺種別:むし生麺
ソース:1袋(粉末ソース)
価格:128円(実勢価格(税別))
JANコード:4972593703001

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂/かんすい、クチナシ色素、pH 調整剤
【ソース】砂糖(国内製造)、食塩、粉末ソース、肉エキス、オールスパイス、植物油脂/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物、(一部に小麦、豚肉を含む)

栄養成分

1食159g(めん150g・ソース9g)あたり
エネルギー:292kcal
たん白質:8.3g
脂質:2.6g
炭水化物:55.7g
食塩相当量:3.0g

「阿部製麺 焼そば用中華めん 2人前」実食写真

チルド麺 チルド焼そば 阿部製麺 小樽 盛付け例阿部製麺 焼そば用中華めん 2人前 盛付け例

調理中に感じた麺のみずみずしさがそのまま完成時の盛付け写真にも反映された、艶やかな仕上がりにうっとりさせられるが、パッケージの海鮮系では無くあくまでオーソドックスに豚バラ肉とキャベツを使用させて頂いた。

一口頂くと、粉末ソース特有の塩分と砂糖による液体では醸し得ない美味しさがあり、しかしチープな感覚は全く感じられないバランスの妙を感じ、肉だけで無くパッケージにもある様に海鮮にて仕上げてもそれら水分に負けない力強さがあるだろうと確信出来るものであり、液体ソースと比べて脂分が少ない「ヘッドクリアランス」こそ素晴らしいと感じさせた。

麺は調理時にカップ約半分(90ml)の水にて蒸し状態にし仕上げたが、パッケージ裏には「尚一層ふっくらとします」とあった様に驚きの弾力があり、非常に粘り腰ながら中細であり、味わい含め全体的に「力強いのにライト」に即完食してしまう不思議な感覚のある絶妙な一品に感じられた。

非常にシンプルな「焼そば」だからこそ感じられる奥深さを感じ止まないが、もう一度、二度三度と頂きたい一品なのは間違いない。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事