エースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば
スポンサーリンク

「エースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」

カップ麺 カップ焼そば 汁なしカップ麺 エースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そばエースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば

エースコックより2020年4月13日(月)にコラボ10年目を記念し、その中で売上歴代2位である味わいを再商品化、発売された「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」。(パッケージにもあります様にスパイス感がアップされました)

当時(2012年)のパッケージを基に「おかげさまで10年」等のポイントを訴求したものだが、あくまで10年目であり、10周年では無いのが最大のポイントかもしれない。(2011年よりコラボが開始されました)

ちなみに2位と聞くとどうしても1位を知りたくなるだろう、その歴代1位の味わいは「CoCo壱番屋監修 カレーラーメン」であり、同商品と同日に発売されている。

今や「ココイチ」として全国で親しみ愛される「カレーハウス CoCo壱番屋」だが、創業者は宗次徳二氏であり、1974年(昭和49年)に同店前進である喫茶店、「バッカス」を名古屋市西区内にて開業したのが全ての始まりである。

その2号店である珈琲専門店、「浮野亭」を開業した際(1975年(昭和50年))、徳次郎の妻・直美が作ったカレーが人気を呼び、カレー専門店への転身を決断した歴史があった。

商品概要

品名:CoCo壱番屋監修 カレー焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2020年4月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・ソース:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ(スパイス))
定価:210円(税別)
JANコード:4901071207762

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、砂糖
【ソース】植物油脂、ソース、たん白加水分解物、動物油脂、香辛料、香味調味料、乳化油脂、食塩、酵母エキス
【かやく】キャベツ、人参、大豆加工品、パセリ

栄養成分

1食127g(めん100g)あたり
エネルギー:578kcal
たん白質:8.8g
脂質:26.7g
炭水化物:75.6g
食塩相当量:3.4g

「エースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」実食写真

カップ麺 カップ焼そば 汁なしカップ麺 エースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば 麺リフトエースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば 麺リフト

しっかりした太さのある丸い麺にふりかけのスパイス、カレーらしい黄色いソース、ふりかけのスパイスの仕上がりがなんとも食欲をそそるが、キャベツ等のかやくがほぼ確認出来ないのは賞味期限を約1ヶ月オーバーし色素抜けしたものである為潜らせた。(賞味期限切れ3年〜4年超のコレクト(実食)体験をさせて頂いて来た我が身にとっては楽勝でもあります(すません笑))

一口頂いた瞬間に来るスパイス感はなかなか本格的で芳しい、「鼻で感じる」美味しさが広がったが、実は汁無し系カップ麺では嬉しい低塩分(食塩相当量:3.4g)であり旨味香味でそれをカバーする嬉しい美味しさを改めて感じさせたが、甘みは控えめ、かやくのキャベツ由来の優しい甘みがより美味しく感じさせた。カレー自体の辛さよりもスパイスの風味を活かし美味しさを伝えるアプローチが素晴らしい。

麺は3分戻しのもっちりとした適度な弾力と歯切れの良さがありするすると進み、汁無しカップ麺の麺量100g(大盛サイズ)とは到底思えない程にあっという間に平らげるライトさも特筆事項だろう、全体的に大盛ながらライトに頂ける味わいこそ王道なのだろうと感じさせた一品だった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事