エースコック 麺屋武蔵×新宿中村屋W監修 麻辣カリー麺
スポンサーリンク

「エースコック 麺屋武蔵×新宿中村屋W監修 麻辣カリー麺」

カップ麺 エースコック 麺屋武蔵 新宿中村屋 麻辣カリー麺 ローソン限定エースコック 麺屋武蔵×新宿中村屋W監修 麻辣カリー麺

エースコックより2020年6月23日(火)にローソン限定にて発売された「麺屋武蔵×新宿中村屋W監修 麻辣カリー麺」。

1901年(明治34年)創業、洋菓子やパン、食品の製造・販売、レストランを経営する「純印度カリー」で有名な「中村屋」、1996年に創業した「96年組」とも称される、新たなラーメンシーンを切り開き現在もラーメン界の第一線を走り続ける人気店、「麺屋武蔵」とのコラボがカップ麺として実現した、カップ麺史にも大きく刻まれた一品である。

ちなみに、実店舗である「麺屋武蔵 新宿本店」にて同年6月10日〜22日、1日限定10食にて同コラボ同商品、「麻辣カリー麺」が提供された。

家庭用レトルトカレーとしても有名な「中村屋」だが、その全てが「カリー」とされているのも重要ポイントである。

商品概要

品名:麺屋武蔵×新宿中村屋W監修 麻辣カリー麺(ローソン限定)
メーカー:エースコック
発売日:2020年6月23日(火)
麺種別:ノンフライ麺
小袋構成:3袋(粉末スープ(かやく入)・液体スープ・ふりかけ(特製スパイス))
価格:294円(税別)
JANコード:4901071288617

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、食塩、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉
【スープ】植物油脂、しょうゆ、チキンエキス、砂糖、XO醬調味料、香辛料、野菜ペースト、香味油、魚介風味調味料、食塩、ポーク調味料、野菜パウダー、カレー粉、オニオンエキス、カツオブシパウダー、たん白加水分解物、発酵調味料、香味調味料、シイタケパウダー
【かやく】鶏・豚味付肉そぼろ、玉ねぎ、ねぎ、香菜

栄養成分表

1食108g(めん65 g)あたり
エネルギー:400kcal
たん白質:9.6g
脂質:13.7g
炭水化物:59.6g
食塩相当量:7.9g(めん・かやく2.2g  スープ5.7g)
カルシウム:243mg

「エースコック 麺屋武蔵×新宿中村屋W監修 麻辣カリー麺」実食写真

カップ麺 エースコック 麺屋武蔵 新宿中村屋 麻辣カリー麺 ローソン限定

褐色からオレンジ色のスープに加水率の高い仕上がりのしなやかなノンフライ麺の表情が感じられるが、この段階でオプションでもあり好みで調整する「特製スパイス」は全入れとなっている(笑)。

一口頂くと、麻辣の適度な辛味を感じるが、その中にあるしっかりしたまろやかでコクのある動物&魚介のWスープを感じ、それなりに分厚くリッチな美味しさを堪能出来たが、そのベースを支えるのが「麺屋武蔵」の役割だろう。

一方、その麻辣の風味香りの奥深さこそ「中村屋」が生み出すもので、独特のフレーバーに何処かで頂いた様な気がしたが、その存在こそコリアンダー、「パクチー」だというのが理解出来た。

しかしその役割は決して臭い、嫌味に感じる事は無く、芳醇な甘みを感じる事が出来、実際に「麺屋武蔵 新宿本店」にて提供された同名の一杯(麻辣カリー麺)にはルックスから即理解出来る「パクチー」が刻み彩り良く配されていた。

麺はもっちりとしたエースコックが得意とする細めのストレートだったが、戻りが良く非常にしなやかでもっちりとした食感が素晴らしく、また、この力強いスープに埋没する事無く存在感を主張していたバランスには驚かされた。

実際にコレクト(実食)させて頂いた感想としては、「カリー」というよりも2020年のラーメンシーンのブームと言われていたまさに「スパイスラーメン」を感じるものだった様な気がする。

が、しかし。カリー?スパイスラーメン?その線引きは非常に難しくもある為敢えてそれを今紐解こうとはせず、今後さらに西洋、そして東洋のスパイスの日本独自に調合した新たなる美味しさを楽しみにさせて頂きたい、その一歩は既に進んでいるものだと感じられた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事