エースコック スーパーカップ 大盛りいか焼そば
スポンサーリンク

「エースコック スーパーカップ 大盛りいか焼そば」

カップ麺 カップ焼そば エースコック いか焼きそばエースコック スーパーカップ 大盛りいか焼そば

今現在いくら探しても見つからない、最後のコレクト(実食)となったのはエースコックからの一品、「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」である。

1981年2月、当時焼そばの具材として人気のあった「いか」をカップ焼そばの具材として初めて採用し発売された「いか焼そば」だが、「カップめんでお腹一杯になりたい!」という若者たちのニーズに応え1988年に大盛りタイプとして発売されたのが「大盛りいか焼そば」であり、その後にスーパーカップシリーズのひとつとして加えられた。約30年以上に渡り愛されて来たロングセラー商品である。

しかし、2019年3月25日、人件費や物流費、原材料費の高騰などを理由に同月にて製造を終了とアナウンスされ、長年のファンの間では最後の一食をと探すもなかなか見つからない事態に陥り、フリマアプリ等で高値で転売されるケースが発生した。

普段当たり前にあればなんとも思わないものが、最後と言われるとどうしても手に入れ食べ収めしたくなるのが人の心理であり、もちろんもれなく慌てたのも、「ものグラム」である(笑)。しかもコレクト(実食)に至るまでに要する時間は約1年3ヶ月。「なにやってんねん」と〆ておこう(笑)。

商品概要

品名:スーパーカップ 大盛りいか焼そば
メーカー:エースコック
入手日:2019年3月
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(液体ソース・ふりかけ)
価格:200円(税別)
JANコード:4901071207182

原材料

【めん】小麦粉、植物油脂、食塩、砂糖、ソース
【ソース】ソース、糖類、植物油脂、発酵調味料、食塩、植物油脂、たん白加水分解物、魚介エキス、香辛料
【かやく】キャベツ、いか、香辛料、あおさ、紅しょうが、ポーク調味料、オニオンパウダー

栄養成分表

1食167g(めん130 g)あたり
エネルギー:703kcal
たん白質:11.5g
脂質:28.6g
炭水化物:99.9g
ナトリウム(食塩相当量):2.5g(6.3g)
ビタミンB1:0.52mg
ビタミンB2:0.46mg
カルシウム:434mg

「エースコック スーパーカップ 大盛りいか焼そば」実食写真

ご覧の通りがっしりした麺に濃いめのソースが絡む仕上がりだが、入手から1年以上経過している為かやくのキャベツは茶褐色掛かり、敢えてそれを見せない様潜らせている(笑)。ふりかけはあおさの色素は大丈夫だったが味付けが施されており、それが結晶化しているのがご確認頂けると思われる(だからはよくえ笑)。

最後のコレクト(実食)一口目。今まで感じる事が出来なかった、以前感じていたものよりも濃厚なソースを思った、ソース本来の酸味と旨味がしっかり感じられる、いかの風味も美味しい味わいである。

さらにラードの脂分によりパワフルな美味しさが広がる。かやくのキャベツ由来の甘味とふりかけのスパイシーで力強い後押しにより、今になり「重さ」を感じた、まさに「カップめんでお腹一杯になりたい!」を実感するものだったが、数年前まではこんな感想にはならなかった様な...と思うと個人的には複雑な想いである(笑)。

麺ももっちりとした太めの仕上がりでソースに負けないバランス感もあり美味しく完食したが.....。

今思えばだが、最近のカップ麺の数値として700kcal超え、食塩相当量6g超えはかなり高いものであり、大盛り系はこの数値を遥かに超越した1,000kcal超えのもの、一般路線としてはノンフライ麺採用の1食3〜400kcal圏内へと2極化している為、時代のニーズからすると少々中途半端な数値となったのかもしれない。

それも進化の過程であり、今まで約30年間、この味わいを美味しく満足した人はどれほどいるだろう、今後のエースコックの新たな一品に期待しながら感謝の念を送るのである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事