エースコック 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン
スポンサーリンク

「エースコック 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」

カップ麺 エースコック 全国ラーメン店マップ 旭川 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン 焦がしラード パッケージエースコック 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン

エースコックより2019年9月30(月)に発売された、「全国ラーメン店マップ」シリーズとして店主監修の「旭川編」、「蜂屋 特製醤油ラーメン」。

カップ麺 エースコック 全国ラーメン店マップ 旭川 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン 焦がしラード パッケージエースコック 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン 側面パッケージ

同シリーズは今まで数々の商品をリリースして来たが、県単位では無く、市以下の「地名」にて場所をターゲットしており、北海道では「すすきの編(らーめん空)」、「函館編(函館麺や一文字)」、「苫小牧編(味の大王)」と今回の「旭川編 (蜂屋)」が過去にリリースされた。(旭川編の蜂屋も2018年4月9日(月)に発売されました)

「ラーメンの蜂屋」は北海道旭川市を代表する老舗で創業は1947年(昭和22年)、70年以上の歴史ある店舗であり、現在2代目の「ラーメンの蜂屋 旭川本店」と3代目の「ラーメンの蜂屋 五条創業店」にて営業し地元民に根付き親しまれると共に県外からの観光客の来客も多い人気店である。2代目店主は加藤直純氏。

豚骨を白濁させた「白湯(ぱいたん)」にアジ節を組み合わせた「Wスープ」を採用し、さらに「焦がしラード」にて仕上げるその一杯は冬季の零下30度を超える極寒の地でも「熱々」で香ばしく濃厚ながらさらっと頂ける美味しさであり、「何度でも頂きたい」と思わせる非常に力強い誘引力がある。しかし個性が強い為地元でも多少好みが分かれる存在は「唯一無二」だろう。

個人的には念願叶い2020年11月5日に訪問、実食をさせて頂いたが「【遠征ダイジェスト】2020年27発目、「新たなる一歩」2軒目の実食となるか。 その5 Column0441」、住まいから1000km以上離れた地であるにも関わらずリラックスして頂ける食堂ライクな温かい空間に包まれたが、3代目が考案し新たにメニュー化された、「豚めし」を頂く事が出来なかったのは「念を残す」ものであり(笑)、さらにこの日は販売されていなかった同店原点であるアイスクリーム店「蜂屋」の蜂蜜を使用した「はちみつアイスクリーム」もいつかリベンジさせて頂きたいと懇願する次第である(笑)。

ちなみに、2代目店主が言い切る、「旭川の地下水でないとこの味は出せない」のは北海道の大自然の恵である「水」が何よりも大事である事を証明する深いものである。

商品概要

品名:全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2019年9月30日(月)
麺種別:油揚げ麺
スープ:1袋(液体スープ)
価格:220円(実勢価格(税抜き))
JANコード:4901071246532

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、砂糖
【スープ】動物油脂、ポーク調味料、しょうゆ、食塩、植物油脂、ポークエキス、魚介パウダー、粉末しょうゆ、おからパウダー、香味油、チキンエキス、チキン調味料、果糖ぶどう糖液糖、香辛料、発酵調味料、デキストリン、魚介エキス、酵母エキス、しょうゆ加工品、でん粉、全卵粉
【かやく】焼豚、ねぎ、メンマ

栄養成分

1食94g(めん70g)あたり
エネルギー:400kcal(めん・かやく306kcal スープ94kcal)
たん白質:10.1g
脂質:16.8g
炭水化物:52.0g
食塩相当量:6.7g(めん・かやく2.0g スープ4.7g)
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:291mg

「エースコック 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」実食写真

カップ麺 エースコック 全国ラーメン店マップ 旭川 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン 焦がしラード 麺リフトエースコック 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン 麺リフト

実際に店舗で頂いた直後に商品化された一品を頂く瞬間ほど楽しみなものは無いが、実際は同時に若干のプレッシャーも感じる(笑)。

しかし、それを払拭するかの様な「焦がしラード」の香りがコレクト(実食)する前、撮影時から感じられたのが何よりも素晴らしく感じ、いざ一口目、大事な一瞬を脳裏に焼き付け様とした。

「嗚呼...。」思わずため息を吐いてしまう程、「焦がしラード」の魚介と背脂の独特な風味を堪能出来るものであり、それがベースの豚骨、アジ節のWスープと一体になるさらっとしながら非常に魚介の力強い旨味こそ「蜂屋」での実食が蘇る瞬間でもあり(まだ1ヶ月やんけ笑)、塩梅の強さ等、なかなかの再現度の様に感じられた。

麺はカップ麺と言う事もあり店舗のニュアンスを直で感じられるかと言うとNOではあるものの、適度な弾力と歯切れの良さ、耐久性の良さは店舗の「こりこり」した自家製麺には至らぬながら湯を注ぐだけで頂ける手軽さでそれに近づけようとする熱意が十分に伝わって来る様であった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事