藤原製麺 札幌銀波露 濃厚香ばしとんこつ醤油
スポンサーリンク

「藤原製麺 札幌銀波露 濃厚香ばしとんこつ醤油」

即席袋麺 袋麺 乾麺 藤原製麺 銀波露 とんこつ醤油 パッケージ藤原製麺 札幌銀波露 濃厚香ばしとんこつ醤油

collectionfile0248は北海道旭川市の藤原製麺が製造する、「札幌銀波露 濃厚香ばしとんこつ醤油」。

札幌銀波露とあるが、正式には2001年(平成13年)に北海道江別市にて創業、「銀波露江別本店」とする人気ラーメン店である。店主は大坪睦氏。

銀波露江別本店 店舗外観 銀波露 江別本店(撮影:ものグラム)

2007年には「札幌月寒(つきさむ)店」(札幌市)、2014年には「とかち帯広店」(帯広市)、2016年には「札幌手稲(ていね)店」(札幌市)をオープンさせる為、パッケージに札幌と銘打ち商品化されたのだろうと思われる。

パッケージにもある「新時代個性派拉麺」を看板に味・雰囲気・接客と3拍子揃う空間を提供するが、屋号の「銀波露(ぎんぱろう)」は「銀波」、「銀露」の月明かりに映し出され銀白色に輝く「波」や「草露」を表わし、穏やかな光で輝き続ける事でやすらぎ、癒しの空間を提供していきたいとの想いからミックスされた造語である。

当初品のネーミングである「濃厚香ばしとんこつ醤油」こそこだわりにこだわる「風味(香ばしさ)」であり、店舗では細かくカットした豚のゲンコツを長時間じっくり煮込んだ豚骨スープをベースとし、特製の油を使用し炎を上げた「最強の火力」にて調理した「全ての旨味と風味を閉じ込める」、唯一無二の一杯こそ「新時代個性派拉麺」である。

商品概要

品名:札幌銀波露 濃厚香ばしとんこつ醤油
メーカー:藤原製麺
入手日:2020年1月5日
麺種別:乾燥中華めん
スープ:1袋(液体スープ)
定価:175円(税別)
JANコード:4976651082619

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、卵白粉、食塩、小麦たん白
【スープ】ポークエキス、たん白加水分解物、しょうゆ、動物油脂、食塩、砂糖、オニオンペースト、でん粉、フライドガーリック、すりごま、ジンジャーペースト、おろしにんにく、植物油脂

栄養成分

1食117g(めん70g、スープ47g)あたり
エネルギー:344kcal
たん白質:12.6g
脂質:6.7g
炭水化物:58.2g
食塩相当量:7.6g(めん2.8g スープ4.8g)

「藤原製麺 札幌銀波露 濃厚香ばしとんこつ醤油」実食写真

即席袋麺 袋麺 乾麺 藤原製麺 銀波露 とんこつ醤油 盛付け例 麺リフト藤原製麺 札幌銀波露 濃厚香ばしとんこつ醤油 盛付け例

店舗ではごま、フライドガーリックがトッピングされており、それを参考に盛付けさせて頂いたが、店舗に引けを取らないリアルな仕上がりに正直驚かされた。

銀波露 香ばし醤油ラーメン 江別本店銀波露 江別本店「香ばし醤油」

個人的に2020年11月5日に江別本店にて実食させて頂いたが、その記憶を呼び戻しながら一口スープを啜る。

すると、実店舗実食の記憶がすぐ様蘇る喜びを感じさせる、特有の香ばしさが広がり、その特徴を見事に捉える味わいに感動を憶える。

しかし店舗の香ばしさは当商品よりさらに強く、濃厚でありながらもそのしつこさを全く感じさせないバランス感が素晴らしいものであり、特徴である香ばしさ、まろやかさ、力強さがあり、醤油であるものの味噌を感じさせる程のコクあるニュアンスも見事再現されている。

麺は弾力、コシ、粘りのある中細仕様であり、スープがしっかり絡む一体感は見事としか言い様が無く、しなやかに口の中を泳ぐ感覚が非常に美味である。店舗の麺とは若干ニュアンスは異なるが、家庭用麺としてのクオリティは非常に高く、恩師である大和イチロウ氏が「関東催事が楽しみなのはコレ!(関東出店時にしか仕入れが出来ない決まりがある為)」と言っていたのをふと思い出したが、それを理解出来た瞬間でもあった。

【現行品】取り寄せ可能商品


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事