藤原製麺 和海(なごみ) 塩ラーメン(セブンイレブン 兵庫県限定)
スポンサーリンク

「藤原製麺 和海(なごみ) 塩ラーメン」

袋麺 藤原製麺 セブンイレブン 和海(なごみ) 兵庫県限定藤原製麺 和海(なごみ) 塩ラーメン(セブンイレブン 兵庫県限定)

2016年4月、セブンイレブン関西地区出店25周年を記念し発売された一品だが、現在(最終確認は2020年5月)も兵庫県のセブンイレブンで引き続き販売されている、しかし現地に行かなくては調達出来ないレア商品でもある。

そのセブンイレブンであるが、1991年3月に滋賀、京都、大阪に出店し、1995年に兵庫、2001年に和歌山、奈良へ出店し、近畿地区全ての府県をカバーしてから約19年になる。

この「セブンイレブン関西地区出店25周年」を記念し商品化されたのは2府4県の選ばれし人気ラーメン店。それぞれにカップ麺、袋麺が商品化され、6(2府4県)×2(カップ麺・袋麺)=計12品がラインナップされた。

その店舗とは、今回の兵庫県からは「和海(なごみ)」、大阪府は「弥七」、京都府「桃花春(とうかしゅん)」、滋賀「幻の中華そば 加藤屋」、奈良県「みつ葉」、和歌山「井出商店」である。

今回の「和海」だが、2011年6月に兵庫県尼崎市武庫川町にオープン、店主は木下武士氏。

以前同じ場所で店主の叔母が営業していたラーメンチェーン店「どさん子ラーメン」の後を継ぎ約4年間営業するが、その内後半の約2年間は寝る間を惜しみ「無添加」のラーメンを提供する店舗をオープンさせたいと独学にて研究を重ね独立したが、オープン当初は全く売れなかったそうである。

現在(2020年10月)ではあの「食べログ」にて「THE TABELOG AWARD2020」の「BRONZE」を獲得し(ノミネートされた624店のうち488店が受賞)、ラーメン店においてはたったの8店舗しか受賞されない快挙を成し遂げる、全国のラーメンフリークが一度は訪れたいと思う店舗である。

個人的には実際に店舗にて実食させて頂いたが、その時の感動を思い起こす事が出来るのかを非常に楽しみにコレクト(実食)させて頂く事となった。

商品概要

品名:和海 塩ラーメン
メーカー:藤原製麺
入手日:2020年5月
麺種別:乾麺
スープ:1袋(液体スープ)
定価:159円(税別)
JANコード:4976651084095

原材料

【めん】小麦粉、卵白粉、食塩、小麦たん白、
【スープ】肉エキス、動物油脂、魚介エキス、食塩、たん白加水分解物、昆布エキス、しいたけエキス、オニオンエキス

栄養成分

1食118g(めん70g、スープ48g)あたり
エネルギー:337kcal
たん白質:11.3g
脂質:8.3g
炭水化物:54.3g
食塩相当量:7.6g

「藤原製麺 和海(なごみ) 塩ラーメン」実食写真

袋麺 藤原製麺 セブンイレブン 兵庫限定 和海(なごみ) 塩ラーメン

今回のコレクト(実食)を迎えるにあたり用意させて頂いたのがトッピングのトレードマークでもある「くるま麩(ふ)」と鶏レアチャーシューだが、実はその準備に相当時間を費やされた(笑)。

そのくるま麩は遠征時の全国エリアにて探していたが、発見したのは京都府のとあるスーパーであり、残すは自宅にて鶏レアチャーシューを作るだけのものであったが、その時間が取れずなかなか実現せぬまま入手から約5ヶ月が経過。(まだまだ早い方ですが笑)

店舗と同じく清湯(ちんたん:白濁させず透き通ったスープ)ながらに少々の半濁を感じる仕上がり自体から再現度の高さをうかがわせるが、一口頂いた瞬間その店舗実食当時の記憶が蘇る程であり、若干塩のキレが強く感じたものの動物系の膨よかな旨味に支えとなる魚介、昆布、しいたけのなんとも言えない独自の味わいがしっかりそのニュアンスを感じられる様家庭用に再現されている分析力、技術力にただただ驚かされる他無かった。

さらに驚かされたのは麺。5分半と長めのゆでが必要だが、そのみずみずしく艶やかであり非常に弾力、コシの強さもある存在感の大きなリアルなその仕上がりは決してラーメン店にも引けを取らないハイクオリティであり、家庭用即席麺の現在の進化を是非頂いて欲しいと思い止まないものであった。(和海公式からのおすすめは7分ゆでですが、今回はデフォルトの5分半にて仕上げました....笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事