福山食品 鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 2食入
スポンサーリンク

「福山食品 鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 2食入」

チルド麺 チルドラーメン 福山食品 鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 パッケージ福山食品 鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 2食入

collectionfile0443は福山食品より販売される常温半生麺、「鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 2食入」

当コレクション初の福山食品は鹿児島県日置市に所在する、1948年(昭和23年)創業の約70年余り地に根ざし営まれて来た老舗製麺会社であるが、全国的にはその知名度は決して高く無いだろう、この度ご縁を頂く事に感謝しながら楽しみにコレクト(実食)させて頂きたい。

創業者である福山重七氏は当時鹿児島の人気ラーメン店である1947年(昭和22年)創業の「のぼる屋」、1950年(昭和25年)創業の「こむらさき」の成功を見るが、その両店の仕様である「無かん水」の麺、そしてそれぞれのスープである「豚骨&煮干し(のぼる屋)」、「丸鶏、しいたけ、豚肉、豚骨等(こむらさき)」を参考にし、「豚骨と鶏ガラをブレンドして取ったスープ」に、かん水(炭酸ナトリウムと炭酸カリウム)を使用した本来の生ラーメンを合わせる事で両店の良さを併せ持つ「ラーメン」の開発に挑んだ経緯がある。

現在、鹿児島をメインとするラーメン店への麺を製造・販売しながら家庭用麺の製造もするが、同社が大切にするのは「水」であり、1975年(昭和50年)に鹿児島市内から日置市へ拠点を変え、「自然に囲まれた鹿児島の大地から湧き出る最高の「水」で製造されたこだわりの麺」を提供する、「最高のこだわりと真心を込めて作った「福山麺」」を売りにするメーカーである。

現在(2022年2月)、インターネット上では当商品のクレジットがほぼ上がらない、現地でほぼ「当たり前」に親しまれる一品だろう、そして流通・販路も決して広くは無いだろう鹿児島ご当地の「鹿児島ラーメン」をいざ開封とさせて頂く。

商品概要

品名:鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 2食入
メーカー:福山食品
入手日:2022年1月5日(水)
麺種別:半生麺
スープ構成:1袋(1人前)(液体スープ)
メーカー希望小売価格:--
JANコード:4977115002594

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)/プロピレングリコール、かんすい、酒精、ソルビトール
【スープ】醤油、食塩、豚骨、ポークオイル、ガラスープ、玉葱ペースト(国産)、脱脂粉乳(国内製造)、砂糖、こしょう、いりごま、豚脂、食用植物油脂、食用精製加工油脂、おろししょうが(国内製造)、おろしにんにく(国内製造)、コーンフラワー、デキストリン、米加工品、ぶどう糖、オニオン粉末、ガーリック粉末、野菜エキス/調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、酒精、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、香料
アレルギー物質:乳成分・小麦・大豆・豚肉・鶏肉・ゼラチン

栄養成分

1食(めん100g、スープ40g)あたり
エネルギー:334.6kcal
たん白質:11.48g
脂質:2.48g
炭水化物:66.64g
食塩相当量:7.23g

「福山食品 鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 2食入」実食写真

チルド麺 チルドラーメン 福山食品 鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 盛付け例 麺リフト福山食品 鹿児島ラーメン まろやかとんこつ味 2食入 盛付け例

麺は低加水の半生麺、麺ゆでデフォルトは3分。300mlの湯で液体スープを溶かし完成させたが、もやし、キクラゲ、ねぎ、チャーシューを当方で用意しトッピング、鹿児島ラーメンの王道スタイルにて仕上げた。

スープから一口頂くが、すっきりとしたクリーミーで塩味のある豚骨に鶏ガラ、香味野菜の自然な甘みがなす味わいは非常に親しみ易く「ライト系豚骨」の様相を呈するが、その旨味はしっかりしており非常に奥の深い味わいを感じさせた。個人的には前途の「こむらさき」でも実食させて頂いたが、鹿児島の老舗スタイルの味わいを見事家庭用麺として商品化されている様に思え、本州の常温生麺の商品とはやはり違う美味しさ、「ご当地感」を感じさせた。

麺は中細の半生ストレート麺だが、適度な弾力があり麺密度が高くぎゅっとしたコシのある食感はお見事。九州で唯一久留米の系譜を辿らないと言われる味わいを見事体現させてくれるだろう、それを本気で感じさせた秀逸な一品であるのは間違い無い。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事