ヒガシマル サラウドン スパイシーカレー味
スポンサーリンク

「ヒガシマル サラウドン スパイシーカレー味」

家庭用皿うどん 皿うどん ヒガシマル スパイシーカレー味 パッケージヒガシマル サラウドン スパイシーカレー味

collectionfile0252は鹿児島県のヒガシマルより製造・販売される、「サラウドン スパイシーカレー味」。

実は当サイト、「ものグラムのallnoodles.com」のcollectionfile初の皿うどんのコレクトとなるが、実は約6年半(2021年4月現在)の間、スローペースではあるが紹介させて頂いており、今後も継続させて頂く所存である。

株式会社ヒガシマルは鹿児島県日置市に所在する、製粉、製麺及び精米業として1947年(昭和22年)に創業(1953年(昭和28年)に(有)東製粉工場を設立)

後に乾麺および即席麺を中心とした食品分野へ進出し、さらに1972年(昭和47年)には鹿児島水産試験場とクルマエビ飼料の共同研究を始め、当時製品化されていないクルマエビ用飼料の製造を開始する、同社の事業の基礎となっている。

同社食品事業の中でも比較的認知度が高いのが「皿うどん」であり、そのラインナップは豊富だが、中でも「新感覚の皿うどん」として開発された同「サラウドン」シリーズは画期的であり、一般的な皿うどんの2人前では無く1人前にパッケージングされている「嗜好性」の高さもポイントである。

あくまで個人的入手経緯であるが、2019年9月4日(水)に敢行した「奈良橿原(かしはら)遠征」時に立ち寄ったスーパーにて出会ったがそれ以前・以後、全国のスーパーをまわるも一度も出会う事は無く、オンライン上でも検索ヒットしない為、実はなかなかレアリティの高い一品では無いかと勝手ながらに思う次第である。(ヒガシマルでは電話直販に対応されていますのでそちらでは入手可だと思います)

商品概要

品名:サラウドン スパイシーカレー味
メーカー:ヒガシマル
入手日:2019年9月4日(水)
麺種別:油揚げめん
小袋構成:1袋(液体スープ)
メーカー希望小売価格:200円(税別)
JANコード:4976740092750

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、果糖ぶどう糖液糖、食塩
【スープ】馬鈴しょでん粉、砂糖、食塩、カレー粉、ビーフエキス、小麦粉、粉末しょうゆ、チキンエキス、赤唐辛子、たん白加水分解物、酵母エキスパウダー、乳糖、ガーリックパウダー、チーズ、全粉乳、ガラムマサラ、ウコン、ペッパー、オニオンパウダー、クミン/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、かんすい、増粘剤(キサンタン)、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、リン酸Ca、香辛料抽出物(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・牛肉を含む)

栄養成分

1食65.3g(めん50g)あたり
エネルギー:293kcal
たん白質:6.7g
脂質:10.0g
炭水化物:44.1g
食塩相当量:2.7g(めん0.4g スープ2.3g)

「ヒガシマル サラウドン スパイシーカレー味」調理盛付け・実食写真

家庭用皿うどん 皿うどん ヒガシマル スパイシーカレー味 盛付け例 麺リフトヒガシマル サラウドン スパイシーカレー味 調理盛付け例

当商品裏面にある作り方説明には「カット野菜やシーフードミックスを使って手軽に簡単調理!!」とあった為、スーパーにてカット野菜、冷凍シーフードミックス調を調達、使用し完成させたが、写真から海老の存在が消えている為、盛付けは「失敗例」、である(笑)。

しかし仕上がりはカレーの黄色味を帯びた美味しそうであり、一口頂いた瞬間に広がるスパイス感強い味わいには頰が緩んだが、甘み旨みがしっかりとしたもので、辛味は想像以上に強く「辛口以上激辛未満」程度(感じ方には個人差ありですが)、辛味耐性の無い方には少々きついかもしれない。

後半は油で揚げられた「ぱり麺」も餡でしなやかになり、若干とろみの強いそれと一体になる美味しさは一般的な皿うどんとはまた違うものだが、もう一度食べたくなる「クセになる辛さ」が唯一無二である。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事