ハウス食品 うまかっちゃん
スポンサーリンク

「ハウス食品 うまかっちゃん」

即席麺 即席袋麺 袋麺 うまかっちゃんハウス食品 うまかっちゃん

インスタントラーメン及び即席袋麺界では非常に珍しいハウス食品からの一品。しかしロングセラーとして愛されるビッグヒットな一品こそが「うまかっちゃん」。1979年9月に発売され実に40年以上の販売実績がある。

ハウス食品には九州は福岡に工場があったが、1978年当時は生産計画が不安定な為、ラインが稼働しない日は工場敷地内の草抜きをする課外作業の日が続いていたそう。

ある日福岡工場長がラーメン開発担当マネージャーに言った一言、「食堂で社員がハウスのラーメンを食べない。」から動き出した、「九州で売れる製品を開発しよう」は後に「九州の人に受け入れられる味のラーメンを4ヶ月以内に開発せよ」と命され、当時あった九州のラーメン店を食べ歩き、地元九州の主婦を対象に試食テスト等も行い完成させた。

販売エリアは近畿・中四国・九州・沖縄で、基本的に例外を除いて東日本では入手不可ではあるが、現在はオンラインでの流通もあり欲しいと思えば比較的安易に入手出来る。

商品概要

品名:うまかっちゃん
メーカー:ハウス食品
入手日:2019年12月
麺種別:油揚げ麺
スープ:1袋(粉末スープ)
定価:111円(税別)
JANコード:4902402037188

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、でんぷん、食塩、ガーリックパウダー、チキンシーズニング
【スープ】食塩、ポークエキス、粉末油脂、ぶどう糖、乳糖、ごま、砂糖、魚肉加工品、しょう油、オニオンパウダー、ねぎ、白菜エキス、香辛料、ねぎエキス、ガーリックパウダー、酵母エキス、植物油脂、ポークオイルパウダー、小麦発酵調味料、調味オイル

栄養成分表

1食94g(めん80g)あたり
エネルギー:437kcal
たん白質:9.8g
脂質:18.7g
炭水化物:57.4g
ナトリウム(食塩相当量):2.2g(5.6g)
カルシウム:134mg

「ハウス食品 うまかっちゃん」実食写真

「麺リフトちゃうやん?」と思われるかもしれないが、今回はスープリフト(?)である(笑)。この麺コレクションはまさに筆者である「ものグラム」の収集癖からの道のりであり、実は「ラーメンどんぶりコレクター」でもある(いっぽまちごうたらぜんぶおわってまうな笑)。

過去にコレクト、温存し、日の目を見るのを待ちわびていたのがこのどんぶり&レンゲ。うまかっちゃん35周年を記念した、2014年10月1日〜11月30日にクローズドにて行われた「九州いうたら、うまかっちゃん」キャンペーンにて200セットしか放出されなかった、今となっては幻の「うまかどんぶり&レンゲペアセット」。1/400のどんぶりを初めて使用した為、画角にかなり気を使いながらの一枚だった(笑)。どんぶり、レンゲ共に「う」がなんとかご確認頂ける、か(笑)。

このどんぶりは縦型に近い、スープ表面積が小さいのもあり、保温性に優れた熱いスープを頂けたのにまず驚き、しかし今となっては全国区で美味しいと思えるのでは無いか、さらっとしたライトなとんこつスープの奥には緻密に計算された風味旨味があり、実際に九州の豚骨ラーメンを頂いた際に感じた「実は親しみやすい」美味しさを感じさせた。

麺も今となっては当たり前の昔ながらの定番である油揚げ麺だが、麺から出る油分がスープのコクを出し、一体になる味わいはやはり妙なるものを感じ、今や乾麺、ノンフライ麺の商品が増える中でもその需要は無くなる事はないだろうと確信した実食となった。

「コレクションファイル」とは?新たに設けられた今までのコレクションを放出するもの。記事としてアップが追いつかない為の苦肉の策。その内容はコチラ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事