ハウス食品 うまかっちゃん あごだしとんこつ
スポンサーリンク

「ハウス食品 うまかっちゃん あごだしとんこつ」

インスタントラーメン 即席袋麺 袋麺 ハウス食品 うまかっちゃん あごだしとんこつ パッケージハウス食品 うまかっちゃん あごだしとんこつ

collectionfile0369はハウス食品より2021年8月9日(月)に発売された即席袋麺、「うまかっちゃん あごだしとんこつ 」。

今となっては全国区(特に西日本)でもある程度の知名度を誇る「うまかっちゃん」シリーズだが、看板である「うまかっちゃん(collectionfile082)」をはじめ「同 濃厚新味」、「同 博多 からし高菜風味」の販売エリアは近畿、中四国、九州、沖縄県であるが、「同 熊本 香ばしにんにく風味」、「同 黒豚とんこつ 鹿児島焦がしねぎ風味」、バラエティ商品(期間限定品)は九州、沖縄、山口と販売エリアがさらに限定されるレア品である。

当商品も期間限定のバラエティ商品だが、九州では身近に使用される「あご(トビウオ)」を使用し豚骨とMIXした新たな味わいとして商品化された。

開発にあたり、九州の方々に馴染みのある食材にて新バラエティ商品を発売する事でさらに「うまかっちゃん」に愛着を持って欲しいとの想いから、祝事にも使用される特別感ある「あごだし」を採用した新たなスープ作りがスタートされたそうである。

しかし、あっさりした「あごだし」とコクのある「とんこつスープ」という非常に難しいMIXに苦労されたそうであり、スープの試作を幾度と重ねた後に生まれたあごだしの上質な旨味を引き出しながらも「うまかっちゃんシリーズ」ならではのクリーミーなコクを感じる事が出来る、絶妙なる「黄金比」を得る事が出来新たな味わいを実現した当商品はコレクターマストであり、この度無事入手、早速コレクト(実食)へと進む事に喜びを感じた。

商品概要

品名:うまかっちゃん あごだしとんこつ 
メーカー:ハウス食品
発売日:2021年8月9日(月)
麺種別:油揚げ麺
スープ:1袋(粉末スープ)
定価:111円(税別)
JANコード:4902402893555

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、でんぷん、食塩、ガーリックパウダー、チキンシーズニング
【スープ】食塩、粉末油脂、砂糖、ポークエキス、全粉乳、焼きあご粉末、焙煎白ごま、煮干・雑節混合粉末、ねぎ、酵母エキス、ガーリックパウダー、香辛料、かつおぶし粉末、ローストオニオン、植物油脂、脱脂粉乳

栄養成分

1食92g(めん80g)あたり
エネルギー:408kcal
たん白質:10.4g
脂質:16.2g
炭水化物:55.2g
食塩相当量:6.4g(めん1.7g スープ4.7g)
カルシウム:262mg

「ハウス食品 うまかっちゃん あごだしとんこつ」実食写真

インスタントラーメン 即席袋麺 袋麺 ハウス食品 うまかっちゃん あごだしとんこつ 調理盛付け例 麺リフトハウス食品 うまかっちゃん あごだしとんこつ 調理盛付け例

豚骨のクリーミーな白色に焼きあごの粉末節にて黄色味を帯びる仕上がりに期待感を大いに持ちながらの完成となる。

 

インスタントラーメン 即席袋麺 袋麺 ハウス食品 うまかっちゃん どんぶりうまかっちゃんどんぶり(筆者所有)

今回の器は実は非常にレアリティの高い「うまかっちゃんどんぶり」。詳細を掴めぬものの10年以上前(恐らく15年以上前の「周年キャンペーン」品だと思っているのですが...)の非売品であり、どんぶり底(裏側)には有田の手書き文字がある逸品。(前回使用した記はcollectionfile0282

一口頂くと、「あごだし」感が豚骨を押しのけトップノートに広がる、想像を絶する風味が押し寄せた衝撃は半端無く、しかしその豚骨も非常にコクのあるクリーミーさがあり、同居が難しいそれらを同時に味合う事が出来る「妙」の域に達したバランスはまさしく「黄金比」。馴染み易く普通に美味しく感じられる味わいの奥にあるハウス食品の並並ならぬ努力をうかがわせる味わいに磨き掛かる進化を実感した。

麺は油揚げ麺ながらも見た目から透明感を与える真っ白で艶やかな仕上がりであり、非常に弾力が強く歯切れの良い「ぷりぷり食感」が堪らない、しかも伸びにくい耐久性があるのもポイント。撮影時間(約1分)のタイムロスにも全く影響せずごく普通に美味しく頂く事が出来るクオリティの高さこそ約40年以上のロングセラーを誇る同社の宝であるのを再確認させて頂く事が出来た。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事