五十嵐製麺 リカちゃんキャッスル 白河ラーメン しょうゆ味
スポンサーリンク

「五十嵐製麺 リカちゃんキャッスル 白河ラーメン しょうゆ味」

即席袋麺 袋麺 リカちゃん リカちゃんキャッスル 白河ラーメン パッケージ五十嵐製麺 リカちゃんキャッスル 白河ラーメン しょうゆ味

collectionfile0268は福島県喜多方市に所在する老舗メーカー、五十嵐製麺製造の「リカちゃんキャッスル 白河ラーメン しょうゆ味」。販売者はリトルファクトリー株式会社。

「リカちゃんキャッスル」とは福島県小野新町(おのにいまち)に所在する、タカラトミー(旧タカラ)発売の着せ替え人形「リカちゃん」の工場及び展示施設である。1993年(平成5年)にオープン、現在(2021年5月)はリトルファクトリー株式会社が運営する。

当商品は2015年7月27日、東京・日本橋にオープンさせた「リカちゃんキャッスルのちいさなおみせ」オープン1周年を記念し発売されたが、実はもう一品、真っ赤なパッケージの「リカちゃんキャッスル 喜多方ラーメン しょうゆ味」も同時に商品化された。

2018年には同施設25周年を記念した「特別パッケージ」にて販売されており、数種のパッケージバリエーションがあるのを確認出来たが、当商品の販売は基本同施設内にある「リカちゃんショップ」であり(オンライン販売は皆無でした)、あくまで個人的ではあるがその敷居は「相当高い」のである(笑)。

商品概要

品名:リカちゃんキャッスル 白河ラーメン しょうゆ味
メーカー:五十嵐製麺
発売日:2015年7月27日(月)
麺種別:熟成乾燥麺
小袋構成:1袋(液体スープ)
価格:186円(税別)
JANコード:4582258446640

原材料

【めん】小麦粉、食塩、卵白
【スープ】しょうゆ、動物油脂、食塩、肉エキス、砂糖、植物油脂、風味調味料、香辛料、玉ねぎ、メンマパウダー/調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、着色料(カラメル、クチナシ)、増粘剤(グァー)、酸味料、香料、(一部に小麦、卵、乳成分、ごま、大豆、鶏肉、豚肉を含む)

栄養成分

1食118g(めん80g)あたり
エネルギー:348kcal
たん白質:11.5g
脂質:4.7g
炭水化物:63.6g
食塩相当量:7.5g

「五十嵐製麺 リカちゃんキャッスル 白河ラーメン しょうゆ味」実食写真

即席袋麺 袋麺 リカちゃん リカちゃんキャッスル 白河ラーメン 麺リフト五十嵐製麺 リカちゃんキャッスル 白河ラーメン しょうゆ味

白河ラーメンといえば福島県白河市のご当地ラーメンであり、有名店として筆頭に挙げられるのは「とら食堂」(遠征実食時の模様はコチラとなります)だが、鶏がら、豚骨を主体とする澄んだ醤油スープに若干太めの縮れ麺がそのスタイルとなる。

今回のコレクト(実食)は入手から約5年経過するものであり、五十嵐製麺の熟成乾燥麺の湯戻し4分30秒では戻り切らずの為、(さらに2分追加で完了しました)、麺自体の劣化度はそれなりにあるものの、なんとか完成させコレクト(実食)出来る事を嬉しく進むものとする。

一口頂いた瞬間、非常にすっきりとした醤油の風味が活きた脂分に頼る事の無い旨味たっぷりの味わいが広がるが、魚介系に頼る事無くここまで旨味が凝縮された味わいを再現するのは非常に難しかっただろうと勝手ながら推測出来る奥深さを感じ悦に浸る。

麺は本来ならば(賞味期限内)より柔軟に弾力があるだろうと推測しながら、しかし約5年が経過するとそれに硬さが加わり少々「ごわつき」ある力強さが感じられ、あくまで個人的ではあるがこの食感も「たまらん」ものであるが、エレガントな「リカちゃん」のイメージに対しより本格的な「白河ラーメン」、硬派な味わいに多少ミスマッチを感じながらも全国唯一のレア本格袋麺をコレクト(実食)、紹介させて頂けた喜びは大変大きいものだった。(いつか必ず「リカちゃんキャッスルいぐで〜!」と訪問リスト入り決定です....笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事