イシマル食品 ラーメン小金太(2人前・フードパック)
スポンサーリンク

「イシマル食品 ラーメン小金太(2人前・フードパック)」

常温生麺 常温生ラーメン イシマル食品 ラーメン小金太 パッケージイシマル食品 ラーメン小金太(2人前・フードパック)

collectionfile0444はイシマル食品より販売される常温生麺、「ラーメン小金太(2人前・フードパック)」

鹿児島県鹿児島市に本社を置くイシマル食品(有)は1916年(大正5年)3月、石丸七郎氏により創業する、1世紀以上地に根を張り愛される、業務用のラーメン、麺類の製造をはじめ、家庭用即席麺も製造、販売。さらには外食事業も行う「鹿児島ラーメン」シーンを支え続ける老舗製麺メーカーである。

家庭用麺として「イシマルブランド」、「ご当地ブランド」、「名店ブランド」を展開し、即席袋麺(乾麺)や常温生麺(フードパック)にて展開、同社公式HP(イシマル食品公式HP)にて通販もされている。

鹿児島ラーメン ラーメン小金太 店舗外観ラーメン小金太(筆者撮影)

当商品は「名店ブランド」のラインナップのひとつである、鹿児島のラーメンシーンに於き外せないラーメン店である「ラーメン小金太」。

その「ラーメン小金太」は創業1990年(平成2年)、30年以上地元民に愛される鹿児島一番の繁華街・歓楽街である「天文館(通称:天街(まち))」の「飲んだ後の〆のラーメン」として親しまれて来たラーメン店であるが、初代は洋食店の「コック」であり、その祖母が所有するビル1階に店舗を構える際に浮かんだものこそ「ラーメン」であり、その後研究を重ね作り上げられた味わいを現2代目の北村健一氏へ託された。

個人的に念願叶い訪問実食させて頂いたのは2022年1月5日(水)。同日に現地鹿児島のとあるスーパーにて入手させて頂き、さらに念願叶う当商品のコレクト(実食)に行き着くのに要す時間は実に約4年半、想いが形となるのは実に時間が掛かるが、「想わなければ叶わない」のも事実。こうしていよいよ実店舗訪問実食後の楽しみの「開封の儀」となった。

商品概要

品名:ラーメン小金太(2人前・フードパック)
メーカー:イシマル食品
入手日:2022年1月5日(水)
麺種別:生中華めん
スープ構成:1袋(1人前)(液体スープ)
メーカー希望小売価格:500円(税別)
JANコード:4976302004410

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)食塩/酒精、ソルビット、かんすい、貝殻焼成カルシウム、クチナシ色素
【スープ】ポークエキス(国内製造)、醤油、鰹節エキス、食用動物油脂、砂糖、食塩、香辛料、風味油(長ネギ、長ネギシーズニングオイル)、ゼラチン、チキンエキス、昆布エキス、酵母エキス/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)
【揚げネギ】揚げたまねぎ(国内製造)/酸化防止剤(V.E)
アレルギー物質:乳成分・小麦・大豆・豚肉・鶏肉・牛肉・ゼラチン・さば・ごま

栄養成分

1食171.5g(めん120g、スープ50g、揚げネギ15g)あたり
エネルギー:443kcal
たん白質:13.2g
脂質:7.9g
炭水化物:79.7g
食塩相当量:8.1g

「イシマル食品 ラーメン小金太(2人前・フードパック)」実食写真

常温生麺 常温生ラーメン イシマル食品 ラーメン小金太 盛付け例 麺リフトイシマル食品 ラーメン小金太(2人前・フードパック) 盛付け例

実店舗、「ラーメン小金太」の盛付けを参考に、ねぎ(青ねぎ)、キクラゲをカット。もやしは黒まめ細もやしを使用、その下にゆでキャベツが敷かれていたのを忠実に再現、ルックス的にもほぼ同様に仕上げられたのでは無いか、と悦する瞬間である(笑)。

ラーメン小金太 ラーメン ラーメン小金太「ラーメン」

スープから一口頂くと、店舗の厚みのある豚骨、鶏ベースに香味野菜、フルーツを使用したさらっとしながらもコクと甘みのある味わいを即感じる事が出来、さらに鰹節による魚介系の下支えのニュアンスもしっかり押さえられた味わいには驚かされた。若干デフォルメされた甘みの強さはあるが、家庭用麺としての再現度は極めて高いのを実感させた。

さらに麺の仕上がりにも驚かされた中細のストレート麺だが、同店に卸す特注麺こそ同社。(ややこしな笑)その関係性もあり、それを家庭用に落とし込むのは加水率が低く麺密度が高い、ぎゅっとした硬さに相反するみずみずしい滑らかさがあり、しかも1人前120gのボリューム感があるのも素晴らしく満足感があるのもポイントである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事