まるか食品 ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ
スポンサーリンク

「まるか食品 ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」

カップ麺 カップ焼そば まるか食品 ペヤング ペヤング社員が一番美味しいと思う辛さに仕上げました。 パッケージまるか食品 ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ

collectionfile0382はまるか食品より2021年11月8日(月)に一般発売された(ローソン先行として同年10月19日(火)に発売)カップ麺、「ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」。

カップ麺としての激辛味シーンにおいて一般的な「激辛」を逸脱し、唯一無二の世界に入るまるか食品だが、2012年(平成24年)2月20日(月)に発売された「ペヤング 激辛やきそば」が原点である。

まるか食品 「ペヤング 激辛やきそば」(まるか食品公式HP:商品一覧より画像引用)

辛みの強さを表す指標とし、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンの含有量を数値化したスコヴィル値(Scoville heat units – SHU)」は一般的なタバスコで2,500〜5,000SHUであるのに対し、同商品では45,500SHUもあり、この時から既に「ヤバい辛さ」が商品化されたと言って過言では無い。

しかし、それにとどまる事は無く2018年(平成30年)8月27日(月)に発売された「ペヤング 激辛やきそばEND(collectionfile068)」は153,400SHU、さらに2020年(令和2年)2月17日(月)に発売された「ペヤング 獄激辛やきそば(collectionfile069)」は455,000SHUと、明らかに次元が異なる「激辛」の一線を超える商品を産出。

2021年も同「獄激辛シリーズ」を5商品(「獄激辛カレー」、「超大盛やきそばハーフ&ハーフW獄激辛」、「獄激辛坦々」、「獄激辛にんにく」、「獄激辛麻婆」)をリリースするが、激辛フリークですらダメージを負う程の辛さに一般消費者が美味しく喫食出来るものでは無く、発売されても導入(仕入)する店舗も減少し、「ペヤングの激辛では辛すぎる」との声を受け開発されたのが今回の「ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」である。

パッケージには「ペヤング社員が一番美味しいと思う辛さに仕上げました。」とあるが、メーカークレジットは「ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」である為、今回のcollectionfileのクレジットも後者とさせて頂く。

商品概要

品名:ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ
メーカー:まるか食品
発売日:2021年10月19日(火)(ローソン先行)、2021年11月8日(月)(一般販売)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(液体ソース・かやく)
定価:300円(税別)
JANコード:4902885007241

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料
【ソース】しょうゆ、みそ、糖類、ラード、食塩、香辛料、ポークエキス、植物油脂、豆板醤
【かやく】キャベツ、にんじん、豚肉

栄養成分

1食238g(めん180g)あたり
エネルギー:1078kcal
たん白質:18.1g
脂質:57.4g
炭水化物:122.3g
食塩相当量:7.9g

「まるか食品 ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」実食写真

カップ麺 カップ焼そば まるか食品 ペヤング ペヤング社員が一番美味しいと思う辛さに仕上げました。 麺リフトまるか食品 ペヤング 超大盛やきそば ペヤング社員一番の美味しい辛さ 麺リフト

パッケージには辛さを文字で表す以外味わいについては書かれていない為、「ペヤング 激辛やきそば」と同じ様にソース系の味わいかと勝手に思い込む筆者だったが、実は原材料を見るとしょうゆ、みそ、豆板醤とクレジットがあり、日本式韓国風(?)の味わいを想像する。

一口頂くと、やはりソース系とは全く異なる醤油、味噌の味わいを感じさせる。その後に来る辛味は想像以上に強く、「激辛やきそば」と同等はあるだろうと思わせる、辛味に対し耐性の無い方にはやはりおすすめ出来るレベルでは無い様に感じられ、さらに塩味(えんみ)が強く切れ味も鋭い為、あくまで個人的には「激辛やきそば」に軍杯が上がると勝手ながら断言する。

麺は「ペヤングやきそば」と全く同じ汎用油揚げ麺であり、歯切れの良さと適度な弾力が美味しいが、今回何故ソース系の味わいにて商品化されなかったのかと言うのが個人的疑問点ではあったが、この味わいもシリーズ化するかもしれないと、少々楽しみにも思うコレクト(実食)となった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事