まるか食品 ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て
スポンサーリンク

「まるか食品 ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て」

カップ麺 カップうどん まるか食品 ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て パッケージまるか食品 ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て

collectionfile0420はまるか食品より2018年8月27日(月)に発売されたカップ麺、「ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て」

当商品は1978年(昭和53年)に発売された、まるか食品の中でも歴史あるロングセラー商品であり、後にみそ味、塩味も商品化されたが、同社の異物混入事件(2014年(平成26年)12月に異物が混入された画像がSNSにて拡散され、約5ヶ月に渡り生産をストップする)以来販売されなかった、「根強い人気のあった『ふる里うどん』がついに復活!」とする待望の商品化となる一品である。

しかし、復活以前の麺は油揚げ麺仕様であるのに対し、今回は「ノンフライ麺」仕様として製造を加ト吉水産株式会社が担当する、「ペヤングらしくない」味わいになるのは想像に容易いが、個人的に初となるコレクト(実食)の為、楽しみに封を開けた。

商品概要

品名:ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て
メーカー:まるか食品
発売日:2018年8月27日(月)
麺種別:ノンフライ麺
小袋構成:1袋(粉末スープ(かやく入))
メーカー希望小売価格:170円(税別)
JANコード:4902885005223

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、食塩、植物油脂、大豆多糖類
【スープ】食塩、糖類、魚介粉末、粉末しょうゆ、魚介エキスパウダー、唐辛子、陳皮、植物油脂
【かやく】味付油揚げ、ごぼう、ねぎ、にんじん
アレルギー物質:小麦・さば・大豆

栄養成分

1食94g(めん75g)あたり
エネルギー:306kcal
たん白質:7.5g
脂質:1.5g
炭水化物:65.6g
食塩相当量:7.4g(めん・かやく0.9g スープ6.5g)

「まるか食品 ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て」実食写真

カップ麺 カップうどん まるか食品 ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て 麺リフトまるか食品 ペヤング ふる里うどん しょうゆ仕立て 麺リフト

開封すると非常に大きな粉末スープ1袋構成なのが理解出来たが、その粉末スープと共に大量の「かやく」が入っており、5分の湯戻しにて完成させた図となるが、油揚げ、ごぼう、ねぎ、にんじんが惜しみなく入り、さらに約3年半「寝かせた」にも関わらず、アルミ製の袋にて光が遮断される事でねぎの褐色劣化がほぼ無い事に感動を憶えた。(いつも実食遅くてすみません)

つゆから一口頂くとしっかりした魚介、節のだし感を感じさせるものの、醤油由来のキレが先行し、さらにその余韻からは唐辛子由来のピリピリする辛味が与えられる、大手メーカーの「カップうどん」とは明らかに異なる力強さがあり、それがまるか食品が所在する群馬、北関東の「ふる里」の味わいなのだろうかと推測させられる。

そしてノンフライ麺だが、個人的に加ト吉が製造するラーメン用ノンフライ麺は何度も頂いて来たが、同社は「冷凍うどん」で培って来たノウハウが多量にあり、今回は他には無い地粉で作り上げられた「ごわごわ」した食感を感じさせ、ノンフライ麺の問題点である「食感を求める→旨味減」をもカバーする非常にリアルで「マニアック」な路線を突き進んだ、イコール「一般的」には支持されないだろう味わいに感じさせた。(マニア的にはばりばりすごいと感じさせました)

さらにかやくのごぼうをはじめとする食感のアクセントも素晴らしく、当時価格の170円(税別)にて落とし込まれた味わいにはただただ驚かされた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事