まるか食品 北海道ジンギスカン風やきそば
スポンサーリンク

「まるか食品 ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」

カップ麺 カップ焼そば まるか食品 ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば パッケージまるか食品 北海道ジンギスカン風やきそば

collectionfile0429はまるか食品より2019年1月21日(月)に発売されたカップ麺、「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」

今回はオールド品となるが、実際にかやくとして「羊肉」を使用するまるか食品の「本気度」を感じるが、家庭用即席カップ麺市場に於いてそれ(羊肉)が採用されるのは2例目であり、初めて採用された商品は日清食品が2005年(平成17年)10月5日(水)に北海道流通限定として発売する「やきそばできました。ジンギスカン風味」である。

「ジンギスカン(成吉思汗)」は今日、全国的に認知度の高いワードであるが、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉を用いた日本の焼肉料理とされ、北海道の郷土料理とされる。しかし、岩手県遠野市、山形県の蔵王温泉付近をはじめとする村山地方、長野県など一部地域でも盛んに食されるそうである。

ちなみに、以前コレクト(実食)させて頂いたcollectionfile089、北海道の菊水より商品化された「菊水 ジンたれ焼そば 2人前」もジンギスカンより生まれたチルド焼そばであるが(めちゃレア品だったそうです)、北海道の現地にてごく普通に親しみ呼ばれるジンギスカンのたれ、「ジンたれ」を用い各家庭で焼そばとして調理し食されるそうである。

商品概要

品名:ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば
メーカー:まるか食品
発売日:2019年1月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(液体ソース・かやく)
メーカー希望小売価格:185円(税別)
JANコード:4902885005322

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料
【ソース】糖類、しょうゆ、植物油脂、食塩、たまねぎ、はちみつ、りんご、香辛料、発酵調味料、醸造酢、レモン果汁
【かやく】キャベツ、乾燥羊肉、にんじん、もやし
アレルギー物質:小麦・乳成分・大豆・りんご

栄養成分

1食122g(めん90g)あたり
エネルギー:548kcal
たん白質:9.8g
脂質:26.7g
炭水化物:67.2g
食塩相当量:4.1g

「まるか食品 ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」実食写真

カップ麺 カップ焼そば まるか食品 ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば 麺リフトまるか食品 北海道ジンギスカン風やきそば 麺リフト

今回はオールド品のコレクト(実食)となる為、油揚げ麺からは少々油の酸化臭があり、さらにかやくのキャベツ、もやしは完全褐色化していた為、それらを潜らせ(笑)、一部発色の良いキャベツ(一片)にんじん、羊肉を散らし完成させたが、しっかりと麺に絡み色付く「ジンギスカン風」を楽しみにさせる。

一口頂くと、醤油ベースでもありながらソースの旨み、フルーティな味わいを感じさせる独特な味わいは好印象であり、個人的にジンギスカンを頂いた事が無いのが悔やまれるが(すません笑)、その味わいの再現度はかなり高いとネット上では評判であり、酸味と甘み、さらに適度な塩味(えんみ)のあるバランス感に優れた味わいを感じさせた。

麺は同社汎用の麺だが、適度な弾力と歯切れの良い軽快な「スナック感」に90gの麺量が少なく感じさせ一瞬で完食させる。

最後に、まるか食品の本気度を感じさせる「羊肉」のかやくだが、チップ状で決して多くは無いものの、確かに牛や豚、鶏でも無い独特な弾力と脂、そして僅かながらの風味を与えられた、家庭用即席麺の歴史にしっかり一歩を刻む秀作であるのを実感するコレクト(実食)となったが。オールドでは無く鮮度良い状態で敢行するべきと思うのは「後悔先に立たず」である(笑)。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事