まるか食品 ペヤング きのこMAXやきそば
スポンサーリンク

「まるか食品 ペヤング きのこMAXやきそば」

カップ麺 カップ焼そば まるか食品 ペヤング きのこMAXやきそば パッケージまるか食品 ペヤング きのこMAXやきそば

collectionfile0366はまるか食品より2021年10月11日(月)に全国一般発売されたカップ麺、「ペヤング きのこMAXやきそば」。(2021年10月4日(月)にセブンイレブンにて先行発売されました)

まるか食品の「ペヤング焼そば」は全国的(特に東日本)に非常に知名度の高いカップ焼そばだが、その誕生は1975年(昭和50年)3月13日(木)であり、現在(2021年10月)46年もの間愛され親しまれるロングセラー商品である。

主に焼そば、汁なし系を主軸とし新商品を定期的に産出する同社だが、2012年(平成24年)2月20日(月)に発売された、「ペヤング 激辛やきそば」に端を発した路線の先に「やりすぎ系」の「MAXシリーズ」へと繋がる。

その「MAX」はテイストとして「魚介MAXラー油やきそば(collectionfile0180)」や「モノホントンコツMAXやきそば(collectionfile0181)」が商品化されたが、その他に物量的にMAXである「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛GIGAMAX」、レギュラーサイズの「ソースやきそば」に対し麺量約7.3倍(めん660g)の「ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックス」等、インスタントラーメン、カップ麺史に大きく刻む足跡を残した。

テイスト系MAXとして2020年11月2日(月)に発売された「モノホントンコツMAXやきそば」以来、約1年近くの間封印されていたが、今までの過激なスタイルから一変、「まともな」MAXの味わいがリリースされる事により、ペヤングファンにとってその「変化球」に驚かされ思わず手に取ってしまう、やはり企画力の素晴らしさを感じさせるこの時限りの一品である。

商品概要

品名:ペヤング きのこMAXやきそば
メーカー:まるか食品
発売日:2021年10月11日(月)(2021年10月4日(月) セブンイレブン先行発売)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(液体ソース・かやく)
メーカー希望小売価格:205円(税別)
JANコード:4902885007425

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料
【ソース】糖類、たん白加水分解物、しょうゆ、食塩、かつおぶしエキス、混合ぶし、しいたけエキスパウダー
【かやく】しいたけ、まいたけ、ぶなしめじ

栄養成分

1食113g(めん90g)あたり
エネルギー:510kcal
たん白質:9.2g
脂質:25.3g
炭水化物:61.3g
食塩相当量:3.0g

「まるか食品 ペヤング きのこMAXやきそば」実食写真

カップ麺 カップ焼そば まるか食品 ペヤング きのこMAXやきそば 麺リフトまるか食品 ペヤング きのこMAXやきそば 麺リフト

パッケージには「松茸風味の優しい味わい」とある様に、松茸のフレーバーを軸としかやくにしいたけ、まいたけ、ぶなしめじのきのこの食感にて今までに無い上品な進化系MAXを楽しめるだろうと期待を胸にしながら麺リフトアップを撮影させて頂きいざコレクト(実食)へと入った。

一口頂くと、程よい松茸フレーバーを感じ、さらにきのこ具材のしっとりした食感が合わさる事で得られる「松茸感」を演出し、その味わいも魚介節の上品な「和風出汁」テイストに仕上げられ、今までの過激な「MAX」とは全くベクトル(方向性)の違う自然味ある美味しさに驚かせられる。

麺はペヤング焼そばの汎用油揚げ麺だが、今まで様々なテイストに対し柔軟に適応し、当商品の上品な味わいにもフィットする事が出来るのを感じた瞬間、その「ロングセラー」の肝は麺であり、一見大人しく主張をしない、派手とは正反対の地味なるものこそが「柔能く剛を制す」、その普遍的な「王道」を改めて感じさせる美味しさを体感させて頂いた。

それ故今後もどんな味わいにも突き進む事が出来るまるか食品の「ペヤングやきそば」シリーズはカップ麺史においてより多くを刻むだろう、今後も楽しみに一品一品コレクト(実食)させて頂きたいと思わせたが、実はオールド品のコレクト(実食)ストックが多大であり急がなければいけない、巻きの焦りも感じさせた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事