まるか食品 ペヤング オニオンマヨツナやきそば ソース味
スポンサーリンク

「まるか食品 ペヤング オニオンマヨツナやきそば ソース味」

カップ麺 カップ焼そば まるか食品 ペヤング オニオンマヨツナやきそば パッケージまるか食品 ペヤング オニオンマヨツナやきそば ソース味

collectionfile0423はまるか食品より2021年12月13日(月)に発売されたカップ麺、「ペヤング オニオンマヨツナやきそば ソース味」

1975年(昭和50年)3月13日(木)に産声を上げた、現在(2022年1月)46年の歴史を誇る「ペヤング やきそば」シリーズだが、カップ焼そばのパイオニアであり主に汁なし麺をメインに商品化する為、昨今では奇抜な商品も多く「変態扱い」される事も多い、しかしそのオリジナリティこそ同社のウリであり同シリーズでもある。

当商品はその中では比較的スタンダードな一品である、SNS等で流行した「ちょい足しアレンジ」をヒントに商品化されただろう、ソース味の焼そばにツナ、マヨネーズ、タマネギの味わいをMIXする「オニオンマヨツナやきそば ソース味」とする。

過去にCMキャラクターとして起用されたマツコ・デラックス氏が考案する「ツナマヨペヤング」は2019年(令和元年)10月にTV番組(テレビ朝日:「夜の巷を徘徊する」)にて「マツコ流ペヤングの食べ方」として放送され、それ以来インターネット上ではその味わいを試すユーザーが増え、大きな反響を呼んだ。

しかし、その「ツナマヨペヤング」は添付のソースを使用せず、ツナ缶、マヨネーズ、刻み海苔を使用し完成させる味わいであるが、SNS等ではソースを使用し完成させた「ペヤング ソースやきそば」の上に「ツナマヨ」を乗せるアレンジも散見され、その味わいにさらにタマネギの食感をプラスした「公式アレンジ」版として「マヨツナ」とネーミングされるのもポイントだろう。

商品概要

品名:ペヤング オニオンマヨツナやきそば ソース味
メーカー:まるか食品
発売日:2021年12月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:3袋(液体ソース・かやく・マヨネーズ)
メーカー希望小売価格:205円(税別)
JANコード:4902885007586

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料
【ソース】ウスターソース、マヨネーズ、糖類、たんぱく加水分解物、食塩、香味油、ビーフエキス、香辛料、ビーフ風調味料
【かやく】ツナ、タマネギ
アレルギー物質:小麦・卵・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんご

栄養成分

1食126g(めん90g)あたり
エネルギー:616kcal
たん白質:9.1g
脂質:38.3g
炭水化物:58.8g
食塩相当量:3.6g

「まるか食品 ペヤング オニオンマヨツナやきそば ソース味」実食写真

カップ麺 カップ焼そば まるか食品 ペヤング オニオンマヨツナやきそば 麺リフトまるか食品 ペヤング オニオンマヨツナやきそば ソース味 麺リフト

乾燥かやくとしてツナを使用されるのも他では皆無だろう、同社のウリのひとつだが、ソースは「ペヤング ソースやきそば」と全く同じものが採用され、キャベツ、ふりかけ、スパイスを省きマヨネーズが添付する仕上がりである。

一口頂くと、さらっとしたソースの味わいに大量のマヨの酸味、マイルド感を与えるが、タマネギのシャキシャキした食感、さらにツナの風味がしっかりと感じられる「ぼやけない」美味しさに驚かされた。

さらにツナの食感も繊維がしっかり感じられる、しかしウェットでリアルな仕上がりも素晴らしく、それらを混ぜ頂く一体感は「大いにアリ」だと確信する事が出来た。

そして麺も適度な弾力と歯切れの良い「軽さ」がある為、実際にはエネルギー616kcal、脂質38.3gの高数値を感じさせず頂く事が出来たが、背徳感を感じさせない美味しさは実際には「ヤバい」のではないか?一瞬脳裏をかすめるコレクト(実食)完了となった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事