丸美屋 すみっコぐらし チーズのスープリゾット
スポンサーリンク

「丸美屋 すみっコぐらし チーズのスープリゾット」

カップ飯 スープごはん 丸美屋 すみっコぐらし チーズのスープリゾット 期間限定 パッケージ丸美屋 すみっコぐらし チーズのスープリゾット

collectionfile0285は丸美屋より2021年1月14日(木)に発売された期間限定のスープごはん、「すみっコぐらし チーズのスープリゾット」。(期間限定商品として2021年1月14日(木)〜3月31日(水)予定として販売)

collectionfile0284の「すみっコぐらし 完熟トマトのスープリゾット」に続く同シリーズであり、当商品コレクト(実食)にてコンプリートとなるが、「すみっコぐらし」についての解説はそちらに記述してある為、今回は省略とさせて頂く。

当商品に起用されたキャラクターは左より「ねこ」、「えびふらいのしっぽ」、「とんかつ」であるが、「ねこ」は気が弱く恥ずかしがり屋で謙虚な性格。その為すみっこを押さえたものの他の仲間が来ると譲ってしまうのが難点である。「えびふらいのしっぽ」はエビフライの尾と衣部分であり、硬い為食べられず残されてしまった悲しい境遇があり、「とんかつ」もカットされた際の一番端の部分であり、肉部分1%、脂肪部分99%の為食べ残されてしまった為「えびふらいのしっぽ」と「とんかつ」は心通じ合う「友人」である。

今後「すみっコぐらし」について解説する事があるだろうか?筆者「おっさんものグラム」がホッと肩の荷を下ろす瞬間でもあった。(普段親しみの無い人間が語り申し訳ございません笑)

商品概要

品名:すみっコぐらし チーズのスープリゾット
メーカー:丸美屋
発売日:2021年1月14日(木)
種別:スープごはん
小袋構成:2袋(ごはん・粉末スープ(具入り))
参考価格:205円(税別)
JANコード:4902820129038

原材料

【ライス】うるち米(国産)、大麦、なたね油/トレハロース、乳化剤、(一部に大豆を含む)
【具入りスープ】ポテト粉末、乳等を主要原料とする食品、デキストリン、食塩、砂糖、チーズパウダー、スイートコーン、乳糖、加工油脂、エキス(チキン、酵母、オニオン、ポーク)、ミルポワパウダー、香辛料、醤油、鶏油、水あめ、でん粉/増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、pH調整剤、カゼイン、リン酸Na、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分

1食78.6g(ごはん60g)あたり
エネルギー:176kcal
たん白質:4.2g
脂質:3.1g
炭水化物:33g
食塩相当量:2.3g

「丸美屋 すみっコぐらし チーズのスープリゾット」実食写真

カップ飯 スープごはん 丸美屋 すみっコぐらし チーズのスープリゾット 期間限定 リフトアップ写真丸美屋 すみっコぐらし チーズのスープリゾット

仕上がりのルックスは同社の「スープdeごはん」にて培われた「ふっくら製法」によるごはん、大麦の艶やかさを感じさせ、熱湯を注ぎ3分にて完成する手軽さも非常に有難く感じさせる。

一口頂くと、チーズのコク出しによるクリーミーなスープだが、いわゆるカップスープにごはんを合わせた日本らしいミックスの妙を感じさせ、コクはあるものの非常にさっぱり全く罪悪感無く頂けるのが嬉しく主食にプラス一品しても問題無い、他社ではあるが日清の「カップメシ」シリーズの一食にて満足させるコンセプト、アプローチとは全く異なる所が興味深い。

しっとりしたご飯のクオリティもさることながら、押し麦(大麦)のふっくらした弾力もアクセントとなり、ヘルシー且つ飽きが来ない立体感ある美味しさを堪能する事が出来た。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事