マルタイ 長崎ちゃんぽん
スポンサーリンク

「マルタイ 長崎ちゃんぽん(45周年記念限定パッケージ)」

カップ麺 マルタイ カップちゃんぽん 長崎ちゃんぽん 45周年 パッケージマルタイ 長崎ちゃんぽん

collectionfile0436はマルタイより2021年9月に発売されただろう(後述)カップ麺、「長崎ちゃんぽん(45周年記念限定パッケージ)」

「味のマルタイ」こと株式会社マルタイは1947年(昭和22年)5月、福岡市中央区高砂町にて創業する現在(2021年10月)70年以上の歴史がある老舗即席麺メーカーであるが、1976年(昭和51年)9月にカップ麺業界で初めて「長崎ちゃんぽん」を商品化する「カップちゃんぽんのパイオニア商品」である。

当商品はそれから45年もの間九州のソウルフードとして地に根ざすロングセラー商品となり、その節目として「45周年記念限定パッケージ」商品として発売されるが、発売日詳細を掴めずコレクト(実食)となる....。2021年(令和3年)9月9日(木)に同社公式Facebookにて発売中とあり、さらに1976年9月に発売され45週麺を迎える記念である為、おそらく同じ週の月曜日、9月6日(月)だと思われるが...。

その「限定パッケージ」だが、45周年を記念し同社公式キャラクターの「ぽんちゃん」が「ぽぽ〜ん♪(ありがとう)」とメッセージするのは1/17であり、実は全17パターンあった。(それを知らず今回は1種のみのコレクトとなります(嗚呼←ぜんぶてにいれたらくえるんか笑))

左より「キュー太」、「ラー坊」、「サラ子」、「ベジ美」、「ぽんちゃん」(マルタイ公式HP:「マルタイ公式キャラクター誕生!その名は「マルタイファミリー」より画像引用)

最後に、「ぽんちゃん」は2021年(令和3年)4月にマルタイ公式キャラクターの一員として、同年3月に生まれた「ラー坊(棒ラーメン)」、「サラ子(皿うどん)」の第一弾に続く第二弾として「キュー太(ご当地棒ラーメン)」、「ベジ美(パリパリサラダ麺)」と共に誕生する。

そのキャラクターデザインを担当するのは2020年の「東京2020オリンピック競技大会」にて「ミライトハ」、「ソメイティ」を生んだキャラクターデザイナーの谷口亮氏である。

商品概要

品名:長崎ちゃんぽん
メーカー:マルタイ
入手日:2021年10月14日(木)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:3袋(液体スープ・かやく・調味油)
定価:193円(税別)
JANコード:4902702004002

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、植物性たん白、食塩、ポークエキス
【スープ】ポークエキス、ポークオイル、食塩、魚介エキス、野菜粉末、粉末油脂、砂糖、植物油脂、粉末しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料、チキンエキス、でん粉、酵母エキス、粉末味噌、発酵調味料
【かやく】キャベツ、カマボコ、コーン、ニンジン
アレルギー物質:小麦・乳成分・えび・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

栄養成分

1食93g(めん70g)あたり
エネルギー:437kcal
たん白質:9.5g
脂質:20.4g
炭水化物:53.9g
食塩相当量:5.2g(めん・かやく2.0g スープ3.2g)
カルシウム:200mg

「マルタイ 長崎ちゃんぽん」実食写真

カップ麺 マルタイ カップちゃんぽん 長崎ちゃんぽん 麺リフトマルタイ 長崎ちゃんぽん 麺リフト

個人的にふと、ちゃんぽん系カップ麺の野菜かやくの劣化度の早さ(一般的には通用しない半年〜数年スパンにてコレクト(実食)する身にとっては、です...笑)を思い出し急ぎ手に取った次第だが(この後のコレクトをご覧頂くとそれがわかります笑)、賞味期限は2022年3月3日の為、キャベツをはじめとする具材に劣化は無く、コーン、かまぼこ、にんじんの彩りに白濁した「長崎ちゃんぽん」らしいスープ、調味油による適度なオイル感がたまらない見た目の仕上がりとなる。

一口頂くと、ポーク系の豚骨に海鮮(主にいか)の旨みが合わさるまさに「ちゃんぽん」の美味しさが広がるが、デフォルトとしてコショウによるスパイス感がしっかりとした、適度なコクのあるクリーミーな味わいは豚骨ラーメンとは全く違うベクトル。

カップ麺としてこれほどに「的を得た」味わいを45年もの前から表現する驚きを改めて感じさせるが、麺も同じく。

適度なウェーブのある中太麺は粉末に調味油のスープにさらにコクを与え、その麺自体はしっかり弾力を与えながらも軽快な「スナック感」がある、当時のカップ麺には無かっただろう相反する「重さと軽さ」を感じさせる妙がここにあり、しっかり地に根付く「ちゃんぽん」の美味しさを感じる事が出来た様に思うコレクト(実食)となった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事