明星 モヒカンらーめん 豚骨
スポンサーリンク

「明星 モヒカンらーめん 豚骨」

カップ麺 明星 モヒカンらーめん 豚骨ラーメン明星 モヒカンらーめん 豚骨

明星より2018年9月3日(月)に発売された、久留米の人気ラーメン店、「モヒカンらーめん」の味わいを店主監修により商品化された一品、「モヒカンらーめん 豚骨」をコレクト。

創業は2000年、久留米に本店を構え福岡にも支店を持つ(「モヒカンラーメンセンター 福岡店」)、店主は於保貴久(おぼたかひさ)氏。店名にある通りヘアスタイルはまさに「モヒカン」であり、そのスタイルは店舗を持つ前からであった為、店名として採用された。久留米本店の正式名称は「モヒカンらーめん 味壱家」である。

明星 モヒカンらーめん 豚骨 側面パッケージ

店舗のラーメンもさることながら、独自のサイドメニューも人気があり、なかでも他にはない全国初の発明とも言えるのが「焼き替え玉」。鉄皿に麺を乗せた状態で提供され、客のそれ用に残したスープを店員が拝借しレンゲにて6杯掛け木製の蓋をして蒸し焼き状態にし完成させる。福岡の「焼きラーメン」をヒントに生み出されたものだが、その応用として「とんこつ飯」という一品もラインナップされている。ギョーザももちろん鉄皿を使用した「鉄鍋ギョーザ」を提供。

モヒカンらーめんもうひとつの特徴は「朝礼」であり、実は店舗外にて行われていた。一般的な会社の朝礼とは違う独自の朝礼は「活力朝礼」と言われ、「心を合わせること」と「成功・イメージ・ビジョン」を持たせる事により、いかにチーム力を上げる事が出来るかを模索し作り上げたとされる。佐賀県倫理法人会朝礼委員長としても活躍された。(※20206月現在においての活動状況については確認が取れていない為過去形にてお伝えさせて頂きます)

商品概要

品名:モヒカンらーめん 豚骨
メーカー:明星食品
発売日:2018年9月3日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:205円(税別)
JANコード:4902881435383

原材料

【めん】小麦粉、植物油脂、食塩、粉末醤油、植物性たん白、香味調味料、卵粉
【スープ】ポークエキス、豚脂、デキストリン、食塩、たん白加水分解物、香辛料、粉末油脂、香味油、酵母粉末、香味調味料
【かやく】チャーシュー、キクラゲ、ねぎ

栄養成分表

1食86g(めん65g)あたり
エネルギー:354kcal
たん白質:11.5g
脂質:10.9g
炭水化物:52.4g
ナトリウム(食塩相当量):2.1g(5.3g)(めん・かやく0.7g(1.7g) スープ1.4g(3.6g))
ビタミンB1:0.59mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:183mg

「明星 モヒカンらーめん 豚骨」実食写真

ご覧の様にかなり細く、加水率の低い低加水感が見た目からも感じられる見事な仕上がりであり、それが油揚げ麺では無くノンフライ麺にて再現される時代に来た、その事実に感動を憶える。調味油の「赤辛オイル」でオレンジ色に染まった豚骨スープも楽しみである。

一口頂くと、若干とろみ成分が多く感じさせるトロッとした仕上がりだが、クセの無いクリーミーなもので、若干ニンニク由来の支えも感じさせたが、決して個性が強い訳では無い、幅広い層に支持される様な味わいに感じられた。

しかし、この麺を頂いた瞬間、低加水らしい表面のざらつきと弾力の無い歯切れの良さにリアルを感じさせ感動を憶えた。油揚げ麺での低加水仕様は1分程度の湯戻しであり、伸びやすいのがリアルな低加水麺と一致しているものだが、そもそもノンフライ麺は多加水仕様の麺での開発から始まった為、この麺の開発には相当な時間と労力を強いられたのは簡単に想像出来るものであり、驚きながら一口一口を吟味しながらコレクト(実食)させて頂いた。

店舗の味わいは未実食である為再現性において語る事は出来ないが、必ずや訪問させて頂きたいリストには入れている為、いつか訪れるご縁を楽しみに待つ所存である。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事