明星 大砲ラーメン 昔ラーメン
スポンサーリンク

「明星 大砲ラーメン 昔ラーメン」

カップ麺 明星 大砲ラーメン 昔ラーメン 久留米明星 大砲ラーメン 昔ラーメン

カップ麺好きで豚骨ラーメン好きの方で、この一品を頂いていないと言う方には是非とも頂いて欲しい、豚骨ラーメン発祥の地、福岡県久留米市を代表する人気店舗、「大砲ラーメン」の「昔ラーメン」が明星から商品化されている。発売自体は2006年8月、最終リニューアルは2009年4月。

今では販売地域が全国区となったものの、以前実食をした2016年の段階では九州地区エリア限定商品であり、調達遠征の際に入手し喜んだものの、その後すぐに我が住まいにて目にするようになり軽くショックを受けた経緯がある(笑)。

大砲ラーメンはパッケージにもある通り、昭和28年(1953年)に屋台としてラーメンを提供したのが始まりで、創業者は香月昇氏。

平成元年(1989年)に息子である香月均史(かつきひとし)氏が二代目として就任するが、その二代目がコラムとして著した親子二代の物語、「ラーメン今昔物語」は「ラーメン侍(2011年)」(主演:渡辺大)として映画化され、豪華キャスト(山口紗弥加、高木古都、宮野薫、中村有志、甲本雅裕、高杢禎彦、鮎川誠、淡路恵子、春田純一、西村雅彦、津川雅彦)に驚かされたが、ラーメン界に於いても故、佐野実氏、一風堂創業者である河原成美氏も友情出演していたのが非常に印象的だった。(この「ラーメン今昔物語」は後に「久留米・大砲ラーメン親子二代熱風録」(書肆侃侃房)として書籍化されました)

大砲ラーメンの「昔ラーメン」は王道メニューとしてラインナップされるものであり、屋台時代のこってり味を再現し提供されている。手作りの「昔ラード」(豚脂にじっくり火を入れ余分な脂分を除去した、通称:カリカリ)が懐かしい風味を加える一杯。

大砲ラーメン独自である「呼び戻し」手法は一般的な取り切りとは違い、種スープを合わせた、わかりやすく言えば「継ぎ足し」製法により今まで培って来た歴史と現在を融合させる、他では味わえない唯一無二の美味しさがある。

ちなみに、2016年実食時のパッケージには店主、香月均となっていたが、現行は香月均史となっているのは此処だけの話、としておこう(パッケージコレクターの為少々細かい笑)。

商品概要

品名:大砲ラーメン 昔ラーメン
メーカー:明星食品
入手日:2020年5月
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(粉末スープ・液体スープ(後入れ)・かやく(チャーシュー、ねぎ、メンマ)・後入れかやく(揚げ豚背脂))
定価:278円(税別)
JANコード:4902881412742

原材料

【めん】小麦粉、でん粉、植物油脂、食塩、卵粉、植物性たん白、しょうゆ
【スープ】豚脂、豚・鶏エキス、香味調味料、香味油、糖類、しょうゆ、食塩、香辛料、でん粉、乳等を主原料とする食品、ごま、たん白加水分解物、酵母エキス、アサリエキス、とろみ粉末(でん粉、デキストリン、植物油脂)、粉末油脂、植物油脂
【かやく】揚げ豚背脂、チャーシュー、ねぎ、メンマ

栄養成分表

1食128g(めん65g)あたり
エネルギー:577kcal
たん白質:11.8g
脂質:32.1g
炭水化物:60.1g
ナトリウム(食塩相当量):3.2g(8.1g)(めん・かやく0.8g(2.0g) スープ2.4g(6.1g))
ビタミンB1:0.17mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:293mg

「明星 大砲ラーメン 昔ラーメン」実食写真

非常に綺麗な仕上がりはさすが入手翌日の実食、である(笑)。この道に入りたった2度目の実食だが、この「allnoodles」の敷居の高さは半端ないと、「なんでこんな名前にしてん?ん、もうぅ!」と常に思っている(同じ商品をなかなか何度も頂けない笑)

まず数値からだが、ノンフライ麺ながらカップ麺では他になかなか無い力強い数値は脂質32.1g。一般的にノンフライ麺は麺を油で揚げていない為10g代が多い中異例である。熱量(カロリー)は577kcal、食塩相当量8.1gも現在のカップ麺を見渡すと非常に高数値だが、それ故逆に期待感高まる。

約4年ぶりに頂いたファーストインプレッションは、やはりコク強い濃厚な脂を感じるものだったが、当時の印象とは少々違っていた。というのも、この約4年間に数千と頂いた実食経験から脳がピコピコ動くものであり(いいかたふるいな笑)、当時はただ単に濃厚な美味しさと感じていたものが、今回は豚骨のクリーミーさとコクがわかり易く、塩分のキレもある、言わゆる足し算的な感覚を受けた。しかしそれでも此処までの濃厚でパワフルながらもどんどん進む味わいは他では頂けないだろう、豚骨のカップ麺好きには絶対に頂いて欲しいと思う味わいと感じた。

実は、そのスープよりも今回より衝撃的だったのが麺であり、当時気付かなかった美味しさを感じさせた。

明星の「スーパーノンフライ製法」のしなやかさ、戻りの良さは非常に秀逸であり、一瞬カップ麺と言うのを忘れさせた。戻りムラの無いしなやかなたまご麺の美味しさが前回感じられなかった喜びでもあった。

しかし若干塩梅は強いのを確認した為、飲み干したい気持ちを抑え約6gの塩分は摂取しただろう、感謝の意を持ち完飲とは行かなかった。

但し、個人的に大砲ラーメン本店の「昔ラーメン」の味わいを実食した身にとっては、「海苔」をかやくとして採用して欲しいと思ったのが正直な想いでもあった。

「コレクションファイル」とは?新たに設けられた今までのコレクションを放出するもの。記事としてアップが追いつかない為の苦肉の策。その内容はコチラ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事