明星食品 中華三昧 贅の極み 魚翅姿煮拉麺
スポンサーリンク

「明星食品 中華三昧 贅の極み 魚翅姿煮拉麺(明星70周年記念限定)」

袋麺 即席袋麺 インスタントラーメン 中華三昧 贅の極み 魚翅姿煮拉麺 パッケージ明星食品 中華三昧 贅の極み 魚翅姿煮拉麺

collectionfile0215は明星食品から2021年1月11日(月)よりオンライン数量限定にて発売された「中華三昧 贅の極み 魚翅(フカヒレ)姿煮拉麺」。

明星食品 「中華三昧 贅の極み」BOX(明星食品公式HPより画像引用)

明星食品70周年を記念しオンライン数量限定品として2021年1月11日(月)、BOX内に贅を極めた2商品 (「魚翅姿煮拉麺」「極厚叉焼拉麺」)が入る、「即席ラーメン業界史上最高級品」として5000円(税別)にて発売されたが、同年1月20日、たった9日間で完売する程、その「注目度」も高かった。

BOXは見開き状になっており、その左側が「魚翅姿煮拉麺」となっている為、撮影後画像編集をしパッケージ写真とさせて頂いている。

メーカーである明星食品によると、「カップ麺では考えられない様な超豪華具材を入れたい」と言う漠然としたテーマから始まったそうだが、具材選定・加工・調味の工程を決定する事が最も大変であり、味覚を定める為有名店などをめぐり製品のイメージを固め、具材の調達、加工方法、加工場所、調味の内容を詰める為費やした時間は約1年だったそうである。

ちなみに「不安と自信」が半々という開発陣営だったが、「即席ラーメン業界史上最高級品」として「中華三昧」ならではの拘りを感じられる様、コスト度外視で価格設定された一品であり、その味わいを是非頂きたいとコレクト(実食)するものである。

商品概要

品名:中華三昧 贅の極み (魚翅(フカヒレ)姿煮拉麺)
メーカー:明星食品
発売日:2021年1月11日(月)(オンライン通販数量限定)
麺種別:ノンフライ麺
スープ・具材:4袋(粉末スープ・液体スープ・レトルト・かやく)
定価:2500円(1BOX2商品にて5000円(税別))
JANコード:4902881056120

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維
【スープ】しょうゆ、鶏・豚エキス、チキンオイル、オイスターソース、香味調味料、豚脂、とろみ粉末(でん粉、デキストリン、植物油脂)、糖類、香味油、食塩、たん白加水分解物、香辛料、貝エキス、発酵調味料、植物油脂、XO醬)
【レトルトかやく】ふかひれ、鶏・豚エキス、チキンオイル、しょうゆ、魚醤、老酒、植物油脂、オイスターソース、ねぎ、香辛料、酵母エキス、ビーフエキス
【かやく】チンゲン菜

栄養成分

1食192g(めん80g)あたり
エネルギー:488kcal
たん白質:16.5g
脂質:11.6g
炭水化物:79.3g
食塩相当量:7.8g

「明星食品 中華三昧 贅の極み 魚翅姿煮拉麺(明星70周年記念限定)」実食写真

袋麺 即席袋麺 インスタントラーメン 中華三昧 贅の極み 魚翅姿煮拉麺 麺リフト明星食品 中華三昧 贅の極み 魚翅姿煮拉麺 麺リフト

当商品の内容だが、麺の入った「袋」には粉末・液体ソースが入っており、さらに大きな「フカヒレの姿煮」レトルト、そして乾燥させたチンゲン菜の大きく3袋(麺同梱のスープを合わせると5袋)の構成となっている。

「フカヒレ姿煮」レトルトは3分〜4分湯煎し、麺は500mlの湯にて約4分茹で、どんぶりに粉末・液体スープをスタンバイした後、茹で汁含む麺をどんぶりにダイブさせ完成させる工程となる。(チンゲン菜は麺茹で3分後、同じ鍋に入れ約1分茹でにて完成ですが、盛付け写真撮影の為別茹でにて盛付けさせて頂きました)

あくまで個人的な事だが、「フカヒレの姿煮」を目前とするのは初の為、即席麺と言えど非常に「緊張感」高まるものであり、特にレトルト開封、そして「オンザヌードル」する際は細心の注意を払い完成させた(笑)。

今回の一口目は「フカヒレの姿煮」の餡の硬さもあり、スープ自体頂く事が出来ない非常に「とろみ」のある為、麺リフトからそのまま麺と共にスープを頂く事となったが、その瞬間は今まで即席麺では感じた事の無い「至極」の一体感に驚かされた。

高級中華料理店を思わせる「とろみスープ」には鶏・豚の旨味の下支えからオイスターソース、XO醬の「コク出し」の旨味、それらを麺と共に「スープも食す」一体感は半端無く、明星得意のノンフライ平打ち麺の均等に戻るしなやかで艶やかな麺こそなし得ただろう、即席麺とは全く感じられない世界観を与えられた衝撃は大きかった。

一方、主役でもある「フカヒレの姿煮」だが、何よりも「高級珍味」であり加工には想像を絶する「匠の技」を必要とするものだが、とろっとした餡の中で溶ける様に解れ、しかしその中で繊維を感じる食感こそ「喜び」を感じられるものだったのかもしれないが、その時は一瞬....、儚く溶ける様であった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事