西山製麺 狼スープ 濃香味噌ラーメン 2食
スポンサーリンク

「西山製麺 狼スープ 濃香味噌ラーメン 2食」

チルド麺 西山製麺 狼スープ 濃厚味噌ラーメン 札幌味噌ラーメン 純すみ系 パッケージ西山製麺 狼スープ 濃香味噌ラーメン 2食

collectionfile0227は北海道札幌の老舗製麺会社、西山製麺より販売されている「狼スープ 濃香味噌ラーメン 2食」。

全国的にも知名度の高い、札幌といえばの西山製麺は創業は1953年(昭和28年)であり、60年余りの製麺の実績のある老舗だが、今日も親しまれている札幌ラーメンの多加水熟成製法による縮れ麺の開発に成功した事は一般的には知られていない(1955年(昭和30年)1月)。

一方、札幌ラーメンシーンにおいて外す事の出来ない人気店でもある「狼スープ」は2000年10月にオープン。パッケージにもある「路地裏の名店」の通り、目的が無く通りすがりに発見するのは非常に困難な立地だが、「安売りしない姿勢」にかっこ良いと思い、さらに「行列が出来たら」もっとかっこ良いと思うのが店主、鷲見健氏である。

そんな鷲見店主のもうひとつの夢が「ボクシング」であり、軌道に乗り乗った2010年、夢を追い約2年もの間店舗を休業しそれに専念する、まさに「生き様」を感じさせた。(日本でのライセンス取得に年齢制限がある為、タイにて取得されたそうです)

商品概要

品名:狼スープ 濃香味噌ラーメン 2食
メーカー:西山製麺
入手日:2021年1月12日
麺種別:生ラーメン
スープ:1袋(液体スープ)
メーカー希望小売価格:398円(税別)
JANコード:4904113121538

原材料

【めん】小麦粉(小麦(北海道産))、食塩、卵白粉、植物油脂/加工でん粉、酒精、かんすい、着色料(ビタミンB2)、酵素、(一部に小麦・卵を含む)
【スープ】味噌(国内製造)、動物油脂、肉エキス、食塩、ソテーオニオン、ごま、オニオンエキス、ガーリック、砂糖、ジンジャー、乾燥ポテト、唐辛子、陳皮、ペッパー、山しょう/調味料(アミノ酸等)、酒精、香料、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・豚肉を含む)

栄養成分

1食190g(めん120g)あたり
エネルギー:603kcal
たん白質:16.4g
脂質:22.4g
炭水化物:75.5g
食塩相当量:9.4g

「西山製麺 狼スープ 濃香味噌ラーメン 2食」実食写真

チルド麺 西山製麺 狼スープ 濃厚味噌ラーメン 札幌味噌ラーメン 純すみ系 盛付け例 麺リフト西山製麺 狼スープ 濃香味噌ラーメン 2食 盛付け例

「狼スープ」の麺は西山製麺の特注麺を使用する間柄の為、こうして西山製麺から商品化される流れは自然ではあるが、実際に店舗で実食を果たした後に頂ける事は「幸せの極み」だろう、非常に楽しみにコレクト(実食)させて頂く。

狼スープの「味噌らーめん」(撮影:ものグラム)

盛付けの再現度は非常に低いのはご了承願うとさせて頂くが(すません笑)、実は店舗でも使用する「じゃがいも(キタアカリ)」を再現するにあたり原材料に乾燥ポテトのクレジットがあった事に感動した。

一口頂くとコクのある、店舗よりは若干塩梅の強い「濃厚」なスープが堪能出来たが、ショウガ、山椒やスパイス等を隠し味としたすっきり感も見事に再現され、旨味甘みも十分堪能出来る再現度の高さに思わずニンマリする。

麺は安定の西山製麺製であり、卵白の風味が素晴らしくギュッと凝縮されたかの様なグルテンのコシが心地良く、濃厚なスープに負けずしっかり主張するバランス感は見事である。

最後に、忘れていた事項だが、店主鷲見氏は名店である「すみれ」にて修行されたいわゆる「純すみ系」と呼ばれるものであるが、あえてメンマをトッピングしない訳は「すみれの味になるから」であるが、家庭用麺としてのトッピングは自由。その辺りを踏まえ楽しんで頂きたい所存である。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事