日清食品 カップヌードル ぶっこみ飯
スポンサーリンク

「日清食品 カップヌードル ぶっこみ飯」

カップライス カップ飯 日清 カップヌードルぶっこみ飯日清食品 カップヌードル ぶっこみ飯

2017年3月27日(月)に日清食品から発売され、今現在(2020年4月)も定番商品として愛されている「カップヌードル ぶっこみ飯」を今回はコレクト。

日清食品 カップヌードル ぶっこみ飯 側面パッケージデザイン

2010年8月に発売された、水を入れレンジアップし完成させる、「カップヌードルごはん」が前進としてあったが、同じ「カップヌードル」でも商品コンセプトは全く異なるもの。(以前運営していた「続、ものグラムな生活。(インスタントラーメン編)」にて「file0993 日清食品株式会社 CUPNOODLEごはん カップヌードル味」としてご紹介させて頂いています。)

「カップヌードルごはん」はカップヌードルの味わいをご飯で表現したもので、レンジにて炊き上げる手法が取られているが、今回の「カップヌードル ぶっこみ飯」は「カップヌードルを食べ終えた後の残ったスープに“ご飯をぶっこむ”」ものであり、炭水化物摂取後のさらなる炭水化物、すなわち「背徳感」、罪深きを憶えながらもやってしまう味わいを日清が真面目に商品化したものである。

わかりやすく言えば、前者が「汁なし」なのに対し今回の一品は「汁あり」の味わいである。

商品概要

品名:カップヌードル ぶっこみ飯
製造メーカー:日清食品
入手日:2020年4月
飯種別:乾燥ライス
かやく・スープ:オールインワン(袋無し)
定価:230円(税別)
JANコード:4902105945551

原材料

【ライス】米(国産)、乳化油脂、食塩
【スープ】豚脂、食塩、小麦粉、ぶどう糖、粉末しょうゆ、たん白加水分解物、でん粉、ポーク調味料、香辛料、香味調味料、ポークエキス、メンマパウダー
【かやく】味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、味付豚肉、ねぎ

栄養成分表

1食90gあたり
エネルギー:346kcal
たん白質:8.0g
脂質:5.5g
炭水化物:66.1g
ナトリウム(食塩相当量):1.4g(3.6g)

「日清食品 カップヌードル ぶっこみ飯」実食写真

ご覧の様にしっかりカップヌードルのスープが確認できる、まさに汁ありの仕上がりだが、そのスープは驚くことにカップヌードルしょうゆ味のまさにそのものを感じられる。

実はカップヌードルのフライ麺が味わいとして溶け出したスープを再現するべく香ばしい風味をプラスしたものであり、まさにカップヌードルを食べ終えた後の「背徳感」を罪悪感なく頂けるものだった。

「カップヌードルごはん」の時から実食している身として、レンチン調理の時のモチっとしたパフライスの味わいも非常に気に入っていたが、現在の湯入れスタイルになり数年が経った現在、この飯の仕上がりの方がより自然な「ご飯」を感じさせ、約10年の間に日進月歩で進んだ結果はまさに「進化」としか言えないものだった。

今後どの様なさらなる進化を遂げるのか?今後も楽しみに頂きたい。

※「コレクションファイル」とは?新たに設けられた今までのコレクションを放出するもの。記事としてアップが追いつかない為の苦肉の策。その内容はコチラ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事