日清食品 カップヌードル 旨辛豚骨
スポンサーリンク

「日清食品 カップヌードル 旨辛豚骨」

カップ麺 カップヌードル 日清 旨辛豚骨日清食品 カップヌードル 旨辛豚骨

日清食品より2020年8月31日(月)に発売された「カップヌードル 旨辛豚骨」。この年(2020年)の9月18日で同シリーズ49周年となるが、新フレーバーとして開発される。

カップ麺 日清 カップヌードル 旨辛豚骨日清食品 カップヌードル 旨辛豚骨 側面パッケージ

豚骨に辛みを掛け合わせる味わいは「豚骨ラーメン」のスタイルとして定着した人気の味わいだが、それがカップヌードルとしてどの様に昇華されたのかを非常に楽しみに入手、そしてコレクト(実食)とさせて頂いた。

ちなみに、白濁したいわゆる「白湯(パイタン)豚骨ラーメン」に唐辛子ベースのたれを乗せ提供した元祖は1960年(昭和35年)に福岡県福岡市で屋台として創業した「双葉(ふたば)ラーメン」である。

その後福岡県小郡市へ移転し変えた屋号こそ「一蘭(いちらん)」であり、「日本初の会員制ラーメン店」として営業されたが、現在の一蘭は屋号を買い取り経営する、当時の「双葉ラーメン」の店主とは無関係である。

商品概要

品名:カップヌードル 旨辛豚骨
メーカー:日清食品
発売日:2020年8月31日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:--
価格:193円(税別)
JANコード:4902105258538

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物油脂、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料
【スープ】ポーク調味料、豚脂、糖類、でん粉、チキン調味料、植物油脂、小麦粉、香辛料、粉末しょうゆ、鶏脂、香味油、食塩、クリーミングパウダー
【かやく】味付豚ミンチ、きくらげ、ねぎ、赤唐辛子、ごま

栄養成分表

1食82g(めん60g)あたり
エネルギー:383kcal
たん白質:8.9g
脂質:16.1g
炭水化物:50.5g
ナトリウム(食塩相当量):1.8g(4.6g)(めん・かやく0.8g(2.1g) スープ1.0g(2.5g))
ビタミンB1:1.59mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:175mg

「日清食品 カップヌードル 旨辛豚骨」実食写真

かやくであるきくらげ、唐辛子、ねぎに味付豚肉(謎肉)が彩り良く配され美味しそうだが、スープ自体はこの写真ではわかりにくいかもしれないが白濁に少々のオレンジ色の仕上がりである。

パッケージトップ、フタ部分に添付されている「特製旨辛ラー油」

今回は「特製旨辛ラー油」が白濁豚骨スープと一体となった味わいとして商品化されているが、一口目はやはり唐辛子本来の風味がクリーミーな豚骨スープから感じられた、割とライトな印象に感じられた。

しかしその後はそのスープの味わいはよりコクが増し、適度な辛さと共に花椒(かしょう)の風味も感じられる甘みの強いものへと進み、パッケージの「豚骨」の文字に若干違和感を感じてしまったのは正直な感想、である。

麺は2mm幅の仕上がりのいわゆる「細幅」仕様の麺が採用されているが(実は仕上がり約3mm幅の麺も用意されています)、やはりスープとの一体感を追求する、逆にパーツで味わう事が逆に難しいのも実は「カップヌードル」なのある。

甘みのあるコクのある濃厚に仕上げられた一品は実は1食383kcal。数値以上に十分に食べ応えを与え、麺を食べ終えた時には既にスープも無くなり完食。その妙を得た「一体感」は新フレーバーであれ変わらず、そのわかり易さに奥の深さがあると言えよう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事