日清食品 日清のどん兵衛 きつねうどん だし比べ (東)
スポンサーリンク

「日清食品 日清のどん兵衛 きつねうどん だし比べ (東)」

カップ麺 カップうどん 日清 どん兵衛 東日本 だし比べ パッケージ日清食品 日清のどん兵衛 きつねうどん だし比べ (東)

collectionfile0411は日清食品より2021年11月1日(月)に発売されたカップ麺、「日清のどん兵衛 きつねうどん だし比べ (東)」

「日清のどん兵衛」は1976年(昭和51年)に発売される、45年もの間全国で親しみ愛される誰もが知るロングセラー商品であるが、うどん、そばには歴史的に東西で味の嗜好の違いがある為、全国展開のカップ麺として初の「地域別嗜好性商品」として東日本、西日本仕様に分け商品化、販売され、さらにユーザーの嗜好の変化を捉えながら麺、つゆ、具材の各パーツのリニューアルを重ね時代と共に「進化」する。

当商品は「日清のどん兵衛」シリーズ発売45周年を機に2021年(令和3年)9月上旬、10年ぶりの「だし」のリニューアルが行われた最新仕様の味わいを東西それぞれの「だし」の違いを全国のユーザーに体験して頂く為、「きつねうどん」、「天ぷらそば」の東日本向け、西日本向け商品(計4種)を「東西だし比べ」とし期間限定で全国発売されたその内の一品である。(※同、東日本版はcollectionfile0410にてコレクト(実食)させて頂いております)

当商品である「日清のどん兵衛 きつねうどん(東)」の今回の「だし」リニューアルだが、東日本ではこれまで「しょうゆ感」のあるつゆが好まれていたが、近年はうどんをメイン商品とする外食チェーン店が全国的に広がった為、西日本の「だし」がきくつゆが好まれる傾向が強まり、その嗜好に合わせた「大きな変化」が最大のポイントだろう。

ちなみに、通常版の「日清のどん兵衛」は東、西版とも共通パッケージであるが、その「東西」を見分けるポイントは蓋ラベル部、「NISSIN」ロゴ左側に表記される(E)(east:東)、(W)(west:西)にて判別可能である。

商品概要

品名:日清のどん兵衛 きつねうどん 出し比べ (東)
メーカー:日清食品
発売日:2021年11月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:1袋(粉末スープ・七味唐辛子(セパレート))
メーカー希望小売価格:193円(税別)
JANコード:4902105270486

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、こんぶエキス、大豆食物繊維、糖類
【スープ】食塩、糖類、魚粉(そうだかつお、にぼし、かつお)、粉末しょうゆ、かつおぶし調味料、デキストリン、七味唐辛子、ねぎ
【かやく】味付油揚げ、かまぼこ

栄養成分

1食96g(めん74g)あたり
エネルギー:421kcal
たん白質:9.9g
脂質:17.4g
炭水化物:56.1g
食塩相当量:5.0g(めん・かやく1.7g スープ3.3g)
ビタミンB1:0.20mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:203mg

「日清食品 日清のどん兵衛 きつねうどん だし比べ (東)」実食写真

カップ麺 カップうどん 日清 どん兵衛 東日本 だし比べ 麺リフト日清食品 日清のどん兵衛 きつねうどん だし比べ (東) 麺リフト

一見すると西、東共に仕上がりの差を感じさせないが、それは大きな「きつね(油揚げ)」にてつゆの存在が覆われる為である(笑)。しかし、実際のつゆを見ると以前よりも淡い色合いである様に感じられ、楽しみにコレクト(実食)開始させて頂く。

そのつゆを一口頂いた瞬間、西日本版以上の衝撃を感じさせる魚介による旨味、そして宗田鰹を使用する高貴な風味を感じさせ、醤油の存在はしっかりあるながらも以前より一歩引いた「だし感」が前面に出る味わいは非常にリアルであり、粉末スープのみでここまでの味わいを再現する商品は他に無いのは間違いない、西日本人である筆者が惚れる味わいだった。

さらに「ふっくら」仕様の油揚げ麺のうどんの進化により「スナック感」からより本格化される「カップうどん」の進化はどうなって行くのか?と、現段階でその先を想像しながら悦に浸る完食(完飲)にてコレクト終了となった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事