日清食品 どん兵衛 天ぷらそば 液体つゆ仕立て(どんぎつね仕様パッケージ)
スポンサーリンク

「日清食品 どん兵衛 天ぷらそば 液体つゆ仕上げ(どんぎつね仕様パッケージ)」

カップ麺 カップそば 日清 どん兵衛 天ぷらそば パッケージ日清食品 どん兵衛 天ぷらそば 液体つゆ仕立て(どんぎつね仕様パッケージ)

collectionfile0321は日清食品より現在(2021年7月)も販売されているカップ麺、「どん兵衛 天ぷらそば 液体つゆ仕立て(どんぎつね仕様パッケージ)。

当商品は現在(2021年7月)も「日清のどん兵衛」シリーズのCMキャラクターである吉岡里帆演じる「どんぎつね」仕様のパッケージだが、2017年後半(9月辺り....記憶が....)よりレギュラー商品にて採用されたうちのひとつである。

全国的にほぼ網羅し誰もが知るであろう同シリーズだが、西日本に住む方には知名度は低いだろう、実は東日本エリア限定商品であり、「どん兵衛 きつねうどん 液体つゆ仕立て」との2品がラインナップされる。

日清のどん兵衛CM「どんぎつね 篇」(日清公式HP:どん兵衛CM「どんぎつね 篇」より画像引用)

ちなみに、前途した「どんぎつね」だが、2017年春に「日清のどん兵衛」の新CMキャラクターとして起用されたのは俳優、シンガーソングライターの星野源と女優の吉岡里帆であり、同年5月18日(木)よりスタートされた。

CM総合研究所が発表する同年6月度の銘柄別CM好感度ランキングにて自己最高の総合4位となる快挙を成し遂げたが、同シリーズを「若い世代」へブランド訴求する為の一手であった。

その「若い世代」へターゲットすることにより同シリーズの喫食率が顕著に伸びたのが18〜25歳の男女であり、TVCMだけで無くWEBでの宣伝により効果があったとされるが、この時限りの限定パッケージはコレクター目線からも「この時限り」のものであり、その時を押さえコレクト(実食)出来た喜びは大きい。(だからはよくえや笑)

商品概要

品名:どん兵衛 天ぷらそば 液体つゆ仕立て(どんぎつね仕様パッケージ)
メーカー:日清食品
入手日:2017年12月
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・天ぷら・七味)
メーカー希望小売価格:180円(税別)
JANコード:4902105201213

原材料

【めん】小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ
【スープ】しょうゆ、魚介エキス、糖類、たん白加水分解物、かつお節粉末、食塩、七味唐辛子、酵母エキス
【かやく】天ぷら、ねぎ

栄養成分

1食118g(めん72g)あたり
エネルギー:489kcal
たん白質:11.1g
脂質:24.0g
炭水化物:57.1g
食塩相当量:6.1g(めん・かやく1.8g スープ4.3g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:130mg

「日清食品 どん兵衛 天ぷらそば 液体つゆ仕上げ(どんぎつね仕様パッケージ)」実食写真

カップ麺 カップそば 日清 どん兵衛 天ぷらそば 麺リフト日清食品 どん兵衛 天ぷらそば 液体つゆ仕上げ(どんぎつね仕様パッケージ) 麺リフト

入手は2017年12月である為、「超オールド」の部類に入る約3年半越しのコレクト(実食)となるが、あくまで個人的には無問題(?)であり、見た目にはそれを全く感じさせない「液体つゆ」仕様の濃い色合いのつゆに食欲が掻き立てられる。

一口頂くと、粉末つゆでは味わう事が出来ない醤油由来の酸味を感じさせ、東日本仕様の甘みと濃さのある本格感を味わえるが、粉末仕様の利点は魚介節のリアル感であり、当商品は魚介系が支えとなる醤油のキレ味を存分に堪能する事が出来るのを改めて感じさせた。

油揚げ仕様のカップそばでは異例のストレート感も今では当たり前に感じられるかもしれないが、実は2008年に「ぴんそば」として大刷新したのは約13年前の話であり当商品以後もさらにリニューアルされているが、今回はしなやかさと歯切れの良さが感じられる弾力は控えめの仕上がりであり非常に軽く、油揚げ麺であるのを一瞬忘れさせる仕上がりを感じさせた。

なお、パッケージにある後乗せ仕様の「サクサク。」の天ぷらだが、経年劣化は「湿気」だろう、後乗せしても即ふわふわになるのは喫食者の責任であるのを改めて認識させた、が、しかし、メーカー推奨を遥かに超える約3年半越しのコレクト(実食)を敢行するのはこの世で多分他にいないだろう、その年月が経過しても十分「美味しく」頂く事が出来る事自体素晴らしき、であると言わせて頂きコレクト(実食)完了とするのである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事