日清食品 北のどん兵衛 きつねそば
スポンサーリンク

「日清食品 北のどん兵衛 きつねそば」

カップ麺 カップそば 日清 北のどん兵衛 きつねそば パッケージ日清食品 北のどん兵衛 きつねそば

collectionfile0319は日清食品より北海道エリア限定にて販売されているカップ麺、「北のどん兵衛 きつねそば」。

カップうどん・そばとして全国で愛される「日清のどん兵衛」だが、「道民の味」として親しまれる「北のどん兵衛」は地産地消ならぬ「道産道消」をコンセプトに「札幌日清 千歳工場(北海道千歳市)」にて製造される北海道エリア限定商品である。

2009年10月に発売し現在(2021年7月)、10年以上愛され親しまれるが、10周年である2019年10月現在、販売累計食数は9000万食を突破している。

当商品である「北のどん兵衛 きつねそば」が発売されたのは2016年5月2日(月)だが、現在も同シリーズレギュラー商品として販売されており好評を得ている。

ちなみに、個人的に今回の調達は筆者住まい(兵庫県)から一番近いスーパーの「北海道物産コーナー」にて調達させて頂いたが、次回の遠征地決定を前に行きつけのスーパー全て(基本3軒です)が同コーナーを設けている偶然に驚きながら、ついつい「ポイっと」買い物かごに入れてしまうので、ある。(バラしてしまった(別に隠さなくてもいいんですけど笑))

商品概要

品名:北のどん兵衛 きつねそば
メーカー:日清食品
入手日:2021年7月25日(日)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉末スープ)
メーカー希望小売価格:193円(税別)
JANコード:4902105236758

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、かつおぶし粉末、糖類
【スープ】食塩、粉末しょうゆ、糖類、かつおぶし調味料、魚粉、ねぎ、酵母エキス、香辛料、昆布粉末、ねぎ粉末
【かやく】味付油揚げ、かまぼこ

栄養成分

1食92g(めん74g)あたり
エネルギー:413kcal
たん白質:11.0g
脂質:17.0g
炭水化物:56.0g
食塩相当量:5.1g(めん・かやく1.8g スープ3.3g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:143mg

「日清食品 北のどん兵衛 きつねそば」実食写真

カップ麺 カップそば 日清 北のどん兵衛 きつねそば 麺リフト日清食品 北のどん兵衛 きつねそば 麺リフト

「北のどん兵衛 きつねそば」は道産利尻昆布を使用したつゆと「豆腐屋さんと同じ製法で作った丸大豆100%のおあげ」がポイントだが、つゆの色合いは淡く、しかしそれを麺リフト写真にて押さえる事が出来ない「おあげ」の存在感の大きさはやはりコレクト(実食)前から食欲をそそられる。

一口頂くと、かつお節の魚介感はもちろんだが、それ以上に道産利尻昆布の旨味を感じる事が出来る美味しさこそ「北」を感じさせるが、醤油はベースの味付け程度に、そして北海道の嗜好性である「甘み」も確かにあるが比較的控えめであり、非常にさっぱりと頂き易いが実は奥行きある味わいに好感触を得た。

しなやかさとそば本来の歯切れの良さ、しかし少々の弾力ある食感はリニューアルを繰り返し進歩させて来た即席を感じさせるものであり、実は昨今のカップ麺のクオリティアップの凄さは目を見張るものがある為、その美味しさに意識を向け即席の「即効性」では無い、「じっくり」と頂いて欲しいと勝手ながらに思う次第である。

最後に、「ふっくら」のおあげこそ主役だろう、歴代のふっくら感には無かったよりリアルな「適度な重み」を感じさせる本格仕様だが、その味わいも濃すぎずこの味わいに自然と溶け込む様に感じられた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事