日清食品 M-1のどん (日清のどん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ) 
スポンサーリンク

「日清食品 M-1のどん (日清のどん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ)」 

カップ麺 カップうどん 日清食品 M-1のどん どん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ パッケージ日清食品 M-1のどん (日清のどん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ)

collectionfile0381はオールド品、日清食品より2016年12月8日(木)に公式オンラインストア「日清食品グループ オンラインストアhttp://store.nissin.com」にて予約販売されたカップ麺、「M-1のどん (日清のどん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ)」。

「M-1グランプリ」とは吉本興業が主催する若手漫才師による「漫才日本一」を決定する大会なのはご承知だろうと思われるが、2001年(平成13年)より始まり2010年(平成22年)に一旦終了されるも、2015年(平成27年)に復活し毎年12月に開催される。(朝日放送(ABCテレビ))制作、テレビ朝日系列にて放送)

復活開催された2015年、日清食品は同大会に協賛(プレミアムスポンサー)していたが、その年のグランプリ副賞は「10種類の日清のどん兵衛を10年分プレゼント」であり、見事グランプリに輝いた「トレンディエンジェル(よしもとCA東京)」が獲得する。

しかし、日清食品サイドは「それだけでは優勝者が決まって目録を渡す瞬間しか盛り上がらない」と考え、翌年2016年は「M-1グランプリというお笑いの真剣勝負の場にふさわしく、これまでにはない面白い企画で盛り上げる」とし、優勝者に「コンビにパッケージを飾ってもらう権利を贈呈し、限定で発売するという企画」が生まれた。

しかし、それだけに止まらず、一般視聴者には準決勝、決勝、そして決勝後も話題が継続する様情報を発信するタイミング、内容に気を配り、準決勝のタイミングで副賞について「優勝者がパッケージを飾る」、そして「商品化し発売される」と発表。

その後エントリー総数3,503組の中から見事頂点に輝いた「銀シャリ(よしもとCA大阪)」に対し、優勝の余韻に浸る間も無く深夜のパッケージ撮影を敢行、全身タイツ姿にてひらがなの全文字、「あ〜ん」の46文字を撮影し、「このよろこびは、ことばではあらわせないのでからだであらわしました。」と、2016年12月13日(火)の新聞紙朝刊の広告により公となった。

2016年12月13日(火)朝刊広告

「日清食品グループ オンラインストア」にて販売された数量は4,000ケース(1ケース12食入)(M-1グランプリ2016 GYAO順位予想キャンペーンの賞品 (当選者10名) としても使用)、単純計算するとたった48,120食しか製造されない、コレクターだけにしか理解出来ない「超超希少」な一品であり、当コレクト(実食)を以って歴史的資料化する事が出来たのでは無いか...、と勝手に思うのである。

商品概要

品名:M-1のどん (日清のどん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ)
メーカー:日清食品
発売日:2016年12月8日(木)(予約開始日・受取は17年1月20日)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(油揚げ・粉末スープ(七味唐辛子セパレート))
メーカー希望小売価格:2,160円(1ケース、税別)
JANコード:--

原材料

【めん】小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維
【スープ】食塩、醤油、砂糖、魚粉、魚介エキス、七味唐辛子、ねぎ、昆布エキス、魚介調味油、香味油
【かやく】味付油揚げ、かまぼこ

栄養成分

1食96g(めん74g)あたり
エネルギー:410kcal
たん白質:10.0g
脂質:15.7g
炭水化物:57.2g
食塩相当量:5.6g(めん・かやく2.0g スープ3.6g)
ビタミンB1:0.19mg
ビタミンB2:0.19mg
カルシウム:168mg

「日清食品 M-1のどん (日清のどん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ)」実食写真

カップ麺 カップうどん 日清食品 M-1のどん どん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ 麺リフト日清食品 M-1のどん (日清のどん兵衛 きつねうどん 特別パッケージ) 麺リフト

実際の味わいとしては当時の既製品と全く同じであり、当商品は東日本仕様の味わいである。前fileのcollectionfile0380とも全く同じ仕様であり、賞味期限は2017年7月12日。賞味期限切れより約4年4ヶ月と、まだまだ安定した味わいが想定出来た。

前回感じた想定外は「きつね」こと油揚げの油の酸化した独特の臭気だったが、しかし実食には堪え難いものでは無く、油揚げ麺仕様のうどんもまだまだ美味しく頂く事が出来たが、それらを考慮し臭み消しとして実食写真右側にトッピングさせて頂いたのは「フライドオニオン」。ルックスはよろしく無いが(笑)、実は非常に効果的に香ばしさをプラスしネガティブな酸化臭を払拭出来た様に感じられた。

以前から今(現在)、コレクション、収集家の道を辿る筆者「ものグラム」だが、その時を追い求める執着からその障害を感じさせたが、今後はより厳選し出来る限り「ヴィンテージ投稿」をしない様に務めたいと思うのは本音である(笑)。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事