日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(2022年)
スポンサーリンク

「日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(2022年)」

カップ麺 カップそば まねきのえきそば 天ぷら 黄そば 2022年 パッケージ日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(2022年)

collectionfile0448は日清食品より2022年2月28日(月)に近畿地区限定にて発売されたカップ麺、「まねきのえきそば 天ぷら(2022年)」

近畿地区、主に兵庫県南部 (明石市〜姫路市)にて絶大な支持を得る「準レギュラー」(年に数回のみ製造販売)商品である当商品の「まねきのえきそば」シリーズは2010年(平成22年)5月17日(月)に発売され、それ以後11年以上が経過する実は「準レギュラー地域限定ロングセラー」である異例の商品である。

えきそば まねき 姫路駅 上りホーム 店舗外観まねきのえきそば 在来線上り(JR姫路駅5,6番ホーム)店(筆者撮影)

「まねきのえきそば」とはまねき食品株式会社(本社:兵庫県姫路市北条)が1949年(昭和24年)10月19日(水)、JR姫路駅ホームにて販売を開始した「立ち食いそば」店である。創業は1888年(明治21年)、創業者は竹田木八氏、実は「幕の内弁当」発祥の会社であるのも特筆事項である。

パッケージにある様に麺は黄色味を帯びているが、実は和だしにかん水入りの中華麺にて提供される別名「黄そば(黄ぃそば)」と呼ばれる独自の味わいが特徴となる。「日持ちが良い、安価である、腹持ちが良いといった特徴に加えて味のバランスが良い」事から、学食のメニューとしても普及、現在(2022年3月)では他の店舗でも提供され、さらに家庭用即席麺として兵庫県のイトメン株式会社からは「カップ 黄そば」が販売されている。

前fileのもうひとつの味わいであるcollectionfile0447(「まねきのえきそば きつね(2022年)」)と同じく、以前にcollectionfile0141にて同商品をコレクト(実食)済みであるが(製品内容も同じ)、同じく実店舗へ赴き(前回は下り線でしたが今回は初の上り線店舗に訪問実食させて頂きました)その後即、再コレクト(実食)へとなる「リベンジ」にて「開封の義」を執り行わせて頂いた。(か、かたないかぇ?笑)

商品概要

品名:まねきのえきそば 天ぷら(2022年)
メーカー:日清食品
発売日:2022年2月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:3袋(粉末スープ・天ぷら・一味唐辛子)
価格:193円(税別)
JANコード:4902105231050

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩
【スープ】食塩、粉末しょうゆ、魚粉、ねぎ、一味唐辛子、たん白加水分解物、糖類、昆布調味料、酵母エキス、植物油脂
【かやく】天ぷら
アレルギー物質:えび・小麦・乳成分・さば・大豆

栄養成分

1食85g(めん65g)あたり
エネルギー:416kcal
たんぱく質:7.2g
脂質:21.6g
炭水化物:48.3g
食塩相当量:5.3g(めん・かやく2.3g スープ3.0g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.16mg
カルシウム:145mg

「日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(2022年)」実食写真

カップ麺 カップそば まねきのえきそば 天ぷら 黄そば 2022年 麺リフト日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(2022年) 麺リフト

即席カップ麺として麺の湯戻しは4分だが、実は店舗にて提供されるその時間は約15秒。家庭用即席麺を遥かに超える「秒速」提供される「えきそば」だが、一旦それを置き十分早いだろう当商品の仕上がりを待つが....。添付の天ぷらの先入れ仕様の「ふわふわ」感を演出する仕上がりに非常に食欲をそそられた。

えきそば まねき 姫路駅 上りホーム 天ぷらえきそば 麺リフトまねきのえきそば 在来線上り店「天ぷらえきそば」

スープ(つゆ)から頂くが、やはりかつお節ベースにさば節、濃口醤油の香ばしい風味が鼻腔を抜けるすっきりとした美味しさを感じさせるが、同シリーズのきつねと比べるとやはり天ぷらによる脂質が高くコクが増す美味しさがある。

店舗の天ぷらはいまどき珍しい「ぺったり」とした仕上がりであるが、その天ぷらを先入れ仕様にし十分にスープ(つゆ)に浸された感覚はそれにかなり近く感じさせた。

当商品の麺は油揚げ仕様であり、前述した天ぷらとともによりコクを増す美味しさを感じさせたが、同シリーズのきつね(油揚げ)と比べると若干スナック感が強く好みは分かれるだろう味わいであるが、個人的にはより出汁感を与えるのはきつね、トータルの旨みは天ぷらではないだろうかと答えを出させて頂く、「どっちも美味しいのよ」にて結論に至る....のである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事