日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(近畿地区限定)
スポンサーリンク

「日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(20年 近畿地区限定)」

カップ麺 日清 まねき えきそば天ぷら日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(近畿地区限定)

近畿地区で安定した人気を誇り今や準レギュラーとして1年に1〜2度発売される、日清食品より商品化された「まねきのえきそば 天ぷら」。20年度版は8月3日(月)に発売された。

「まねきのえきそば」とはまねき食品株式会社がJR姫路駅(兵庫県姫路市)ホームにて販売する、いわゆる「立ち食いそば」だが、パッケージにある様に麺は黄色味を帯びているのがご覧頂けるだろう。和だしにかん水入りの中華麺にて提供される一品である。

まねき食品の歴史は明治にまで遡る事1888年(明治21年)、初代竹田木八氏により創業。翌年の1889年(明治22年)には姫路駅構内にて弁当、茶の販売を始めるが、それこそが経木(きょうぎ)の折箱に入れた日本初の「幕ノ内弁当」であるのは意外と知られていない。ちなみに「まねき」とは「お客をおまねきする」意味から名付けられたが、「人=man」が行き交う「駅=eki」と公式の「まねき食品ヒストリー」の冒頭に書かれている。(まねき食品公式HP:https://www.maneki-co.com)

「まねきのえきそば」から話が逸れてしまったが(笑)、その味わいが生まれたのは1949年(昭和24年)である。それ以前はうどんの様な麺にて提供していたが、時間の経過と共に伸びてしまう為、試行錯誤を重ねた末に生み出されたのがかん水いりの中華麺であり、それが今もなお(2020年9月現在)JR姫路駅ホームをはじめ数店にて提供され地元民に愛されている。

当商品も2010年に商品化されて以来10周年となり、発売時のスーパーでは比較的大きくコーナー展開される根強いファンが多く、筆者「ものグラム」も思わず手に取ってしまう。(記事化以外のプライベートでも、という意味です笑)

商品概要

品名:まねきのえきそば 天ぷら
メーカー:日清食品
発売日:2020年8月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(粉末スープ(かやく入)・一味唐辛子)
価格:193円(税別)
JANコード:4902105231050

原材料

【めん】小麦粉、植物油脂、食塩
【スープ】食塩、粉末しょうゆ、魚粉、たん白加水分解物、糖類、昆布調味料、酵母エキス、植物油脂
【かやく】ねぎ、天ぷら、一味唐辛子

栄養成分表

1食85g(めん65g)あたり
エネルギー:416kcal
たん白質:7.2g
脂質:21.6g
炭水化物:48.3g
食塩相当量:5.3(めん・かやく2.3g  スープ3.0g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.16mg
カルシウム:145mg

「日清食品 まねきのえきそば 天ぷら(20年 近畿地区限定)」実食写真

今まで何度も記事化する為に実食して来たが、実はこの先入れの天ぷらを「先入れ」しコレクト(実食)したのは初、である。(撮影に時間を要すると思い後のせしていました笑)

しかし今回は手早く撮影出来ると思い(慣れて来たというのもあり)、先入れ仕様にて4分の戻しの後蓋を取った瞬間、まだ完全に「しゅんでいない(しみこんでいない、の意笑)」サクッとした食感が箸からの振動を通じ感じられたのは意外だった。

一口頂くと非常に優しい昆布と魚介のだしの奥の深さを改めて感じさせる、家庭用カップ麺でここまで上質で自然な仕上がりの一品は稀ではあるが、地域による味わいの嗜好性がある為全国的には発売されないだろう。

麺は平打ちのストレートに仕上がったものだが、歯切れの良さ、そして油揚げ麺ながらあっという間に完食出来る軽快な「軽さ」が店舗の味わいにより近く、非常に上品で繊細且つ、王道の「後を引く」美味しさに病み付きにさせられるのである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事