日清食品チルド 日清の太麺焼そば・キングダム 関西風だししょうゆ
スポンサーリンク

「日清食品チルド 日清の太麺焼そば・キングダム 関西風だししょうゆ 2人前」

チルド麺 チルド焼そば 日清食品チルド 日清の太麺焼そば キングダム 関西風だししょうゆ パッケージ日清食品チルド 日清の太麺焼そば・キングダム 関西風だししょうゆ 2人前

collectionfile0365は日清食品チルドより2021年9月1日(水)に人気TVアニメ「キングダム」とコラボレーションし限定パッケージにて発売された、「日清の太麺焼そば・キングダム 関西風だししょうゆ 2人前」。

今回のクレジットにあたり、「日清の太麺焼そば・キングダム」とさせて頂いたが、キャンペーンに合わせ限定パッケージにて製作されている為であり、正式名称としては「日清の太麺焼そば 関西風だししょうゆ 2人前」であり、実はキャンペーン開始2日前の2021年8月30日(月)に通常パッケージ仕様にて新発売(全国)された味わいである。

その人気TVアニメ「キングダム」とコラボレーションする「いただきますで、いざ出陣!キャンペーン」は「日清の太麺焼そば」シリーズ中、「日清の太麺焼そば 濃厚甘口ソース 2人前」「日清の太麺焼そば 屋台風ソース 2人前」「日清の太麺焼そば お好みソース 2人前」「日清の太麺焼そば 東京下町風ソース 2人前」「日清の太麺焼そば 関西風だししょうゆ 2人前」のキャンペーン限定パッケージ商品の内4,000枚のオリジナルデザインのQUOカード(500円)が封入された。(QUOカードは2種、特別パッケージは各食×3種で15種となっています(今回のコンプは....ちょいムリ....))

「いただきますで、いざ出陣! キャンペーン」 キングダムオリジナルデザインQUOカード (500円分) (日清食品チルド公式HP:ニュースリリース(2021年8月30日)より画像引用

その「キングダム」は原泰久氏が手掛けた、「週刊ヤングジャンプ(集英社)」にて2006年9号(平成18年1月26日)より連載される漫画だが、第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作品であり、2021年7月時点で累計発行部数は8300万部を突破する脅威の人気を誇る。

2011年11月にテレビアニメ化が発表され、2012年6月から2013年2月にかけて第1シリーズ、2013年6月から2014年3月にかけて第2シリーズが放送され、さらに2020年4月より第3シリーズが放送されているが、筆者の得意分野では無い為この辺りにて留めておくとし、コレクト(実食)を楽しみに調理させて頂いた。

商品概要

品名:日清の太麺焼そば・キングダム 関西風だししょうゆ 2人前
メーカー:日清食品チルド
発売日:2021年9月1日(水)
麺種別:むし中華めん
ソース:1袋(液体ソース)
価格:245円(税別)
JANコード:4548780534941

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩/酵素、グリシン、かんすい、乳化剤、クチナシ色素、保存料(しらこたん白)
【ソース】しょうゆ、砂糖、豚脂、発酵調味料、魚介エキス、こんぶエキス、食塩、しいたけエキス、植物油脂、香辛料/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・ごま・大豆・豚肉を含む)

栄養成分

1食178g(めん150g)あたり
エネルギー:303kcal
たん白質:10.7g
脂質:5.5g
炭水化物:52.7g
食塩相当量:3.9g

「日清食品チルド 日清の太麺焼そば・キングダム 関西風だししょうゆ 2人前」実食写真

チルド麺 チルド焼そば 日清食品チルド 日清の太麺焼そば キングダム 関西風だししょうゆ 盛付け例日清食品チルド 日清の太麺焼そば・キングダム 関西風だししょうゆ 盛付け例

淡口しょうゆをベースとした仕上がりはまさに淡い色合いの優しさを感じさせるが、日清の太麺焼そばの艶やかでしっとりした仕上がりに上品さが漂う仕上がりとなった。

一口頂くと、しょうゆのキレ感があるかと思いきや、昆布とかつおの出汁によるマイルドな「まろやか」な優しく深い味わいが広がり、さらにラードの脂分のコクが足された自然な塩味、甘みにて焼そばとする実に繊細な味わいが堪能出来、それこそ全国区にて通用する親しみ易さがあると個人的に解釈する。

麺は弾力があるのはもちろん、調理時の解す段階から調理のし易さまで研究され尽くした「進化系生麺」 でもあり、より艶やかで滑らかな食感、みずみずしさを感じられる本格的な仕上がりに違和感は全く無いだろう、「冷蔵保存食」であるのを忘れさせる生感覚を改めて実感しながら完食させて頂いた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事