日清食品 日清×食べログ 百名店 MENSHO 和牛担々麺
スポンサーリンク

「日清食品 日清×食べログ 百名店 MENSHO 和牛担々麺」

カップ麺 日清×食べログ MENSHO 和牛担々麺日清食品 日清×食べログ 百名店 MENSHO 和牛担々麺

日清食品より2020年6月15日(月)に発売された、「日清×食べログ」シリーズ第2弾として、「ロックンビリーS1」に続く店舗として選ばれたのが「MENSHO」、「日清×食べログ 百名店 MENSHO 和牛担々麺」である。

パッケージにもある通り、食べログスコアは驚異の3.82(2020年4月時点)であり、発売された2020年6月現在はスコアが3.83とさらにアップしていた。

MENSHOグループ代表でありラーメンクリエイターとして活躍するのは庄野智治(しょうの ともはる)氏であり、護国寺の「MENSHO」をはじめ、国内に9店舗、海外に5店舗を展開する人気ラーメン店である。

店舗ごとにコンセプトを持ち、それぞれ全く異なるメニュー展開をし、さらには今までのラーメンの常識を覆す斬新なメニューにも驚かされるが、ラーメンの芯はブレず的を得た創作麺の美味しさに虜になるファンが多い。

今回の一品である和牛担々麺は渋谷パルコ内にある「Jikasei MENSHO」にて「牛とろ和牛担々麺」として頂く事が出来る(2020年6月現在)。

あくまで個人的だが、2016年にサンフランシスコに出店した「MENSHO TOKYO SF」はオープンから夜のクローズまで行列の絶えない超人気店として営業されているが、2018年7月13日に新宿ミロード7階レストランフロアがリニューアルオープン、その目玉として凱旋オープンしたのが「MENSHO SAN FRANCISCO」であり、その中でも現地アメリカ人を唸らせた大人気メニュー、「A5黒毛和牛醤油らぁめん」の存在は絶対に外せ無いと思い、2019年3月に訪問実食させて頂いた。

当時1950円(税込)とラーメンとして破格ではありながらも、実際に頂くと逆にリーズナブルにも感じさせる程で驚きと共に真のラーメンクリエイターだというのが理解出来た瞬間でもあった。(その実食紹介は「MENSHO SAN FRANCISCO A5黒毛和牛醤油らぁめん」にて詳細を記しています。あわせてご覧頂けますと幸いです)

商品概要

品名:日清×食べログ 百名店 MENSHO 和牛担々麺
メーカー:日清食品
配布日:2020年6月15日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ(かやく入り)・液体スープ・ねりごま)
価格:295円(税別)
JANコード:4902105263211

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、植物性たん白、チキンエキス
【スープ】豚脂、ねりごま、しょうゆ、植物油脂、乳等を主要原料とする食品、みそ、糖類、牛脂、ビーフエキス、食塩、香辛料
【かやく入りスープ】味付肉そぼろ、糖類、食塩、クリーミングパウダー、香辛料、ねぎ

栄養成分表

1食135g(めん80g)あたり
エネルギー:576kcal
たん白質:11.4g
脂質:26.6g
炭水化物:72.8g
ナトリウム(食塩相当量):2.7g(6.8g)(めん・かやく1.0g(2.6g) スープ1.7g(4.2g))
ビタミンB1:0.42mg
ビタミンB2:0.52mg
カルシウム:205mg

「日清食品 日清×食べログ 百名店 MENSHO 和牛担々麺」実食写真

パッケージ写真と共に実際の仕上がりも至ってシンプルなかやくは味付肉そぼろとねぎのみであり、しかしスープの仕上がりの存在感は見た目から只者では無い風格を感じさせた、まさに麺とスープのこだわりを頂いて欲しいと言わんばかりに感じられ緊張する(笑)。

その、こわばった顔にて一口目を頂く事になるが、一口運んだ瞬間にその顔が弛緩するのを感じさせる、和牛本来の旨味、甘味が優しくも襲う様な感覚に陥った。

ねりごまのクリーム感に辣油のアクセントとなる辛味、山椒の風味がしっかり感じられ余韻には痺れもしっかり感じる事が出来るが、それらをしっかり出しながらも優しく包み込む様なマイルド感は他では絶対に味わ得ないものだと、驚きと共に「A5黒毛和牛らぁめん」の実食時に感じたラーメン作りのブレを感じさせない仕上がりに驚かされた。

麺はしっかりとコシを感じさせるみずみずしさが活きたものであり、濃厚な味わいのスープに負けない一体感を感じさせるものであり評価すべきだが....、今回のスープの仕上がりには驚きを隠せず、日清食品の本気度を感じるものだった。

今後の食べログ百名店シリーズが楽しみでならないコレクト(実食)は驚きワードしか出ない、カップ麺の進化の過程において最新を体感する一品だったのは間違いないだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事