日清食品 トマトチキンカレーメシ AIが考えた
スポンサーリンク

「日清食品 トマトチキンカレーメシ AIが考えた」

カップ飯 日清 カレーメシ トマトチキンカレーメシ AIが考えた パッケージ日清食品 トマトチキンカレーメシ AIが考えた

collectionfile0291は日清食品より2018年9月3日(月)に発売されたカップ飯、「トマトチキンカレーメシ AIが考えた」。

カップ飯 日清 カレーメシ トマトチキンカレーメシ AIが考えた 側面パッケージ日清食品 トマトチキンカレーメシ AIが考えた 側面パッケージ

当商品は様々な分野で活用が進む、今日では比較的聞き覚えのあるAI(人口知能)を駆使し商品化された画期的な一品である。

「日清カレーメシ トマトチキンカレーメシ AIが考えた」AIを活用した商品開発の流れ(日清公式HP:新商品のご案内(2018年8月20日)より画像引用)

ビッグデータから「カレーメシ」の購買者が好むレシピの傾向を分析、その傾向を元にAIを駆使し2,400万通りもの食材の組み合わせから「カレーメシ」ファンが好むであろう最適なレシピを選定された。

AIが弾き出した答えは「トマト」、「チキン」を使用し、それに各種スパイスを利かせた「トマトチキンカレー」である。

そのレシピを元に試食と検証を繰り返し、スパイスの種類、配合などのバランスを整え、さらに商品化の作業を進め完成させるが、AIの使用にあたる監修は東京理科大学理工学部経営工学科の大和田勇人(はやと)教授である。

個人的にはAIの分析力がどの様な味わいになるのか、約3年弱のブランクを経てコレクト(実食)する楽しみは非常に大きいものであった。(たのしみやったらもっとはよくえや笑)

商品概要

品名:カレーメシ トマトチキンカレーメシ AIが考えた
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月3日(月)
麺種別:乾燥ライス
かやく・スープ:オールインワン(固形ルウ)
参考価格:220円(税別)
JANコード:4902105945858

原材料

【ライス】米(国産)、乳化油脂、食塩
【ルゥ】豚脂、トマトパウダー、砂糖、香辛料(コリアンダー、ジンジャー、クミン、ガーリック、クローブ、ペパー、ターメリック、レッドペパー)、小麦粉、食塩、オニオンパウダー、チキン調味料、乳等を主要原料とする食品、粉末しょうゆ
【かやく】味付鶏肉、トマト加工品

栄養成分

1食99gあたり
エネルギー:422kcal
たん白質:7.9g
脂質:12.8g
炭水化物:68.7g
食塩相当量:3.0g

「日清食品 トマトチキンカレーメシ AIが考えた」実食写真

カップ飯 日清 カレーメシ トマトチキンカレーメシ AIが考えた リフトアップ写真日清食品 トマトチキンカレーメシ AIが考えた リフトアップ写真

今回は湯入れ5分後にかき混ぜるも、泡が消えとろみが付く迄に約3分を要したが、その後はトマトの赤みある濃厚なカレーに仕上がる。

一口頂くと、想像以上のトマトの爽やかな酸味が広がりさっぱりした軽い味わいに感じられたが、チキンをベースに各種スパイスを駆使したルゥはカレーメシ特有のコク、濃厚さもあるバランス感が光る。

完成まで約8分が経過した(コレクト(実食)は撮影の為さらに数分後)乾燥ライスは十二分に戻り、非常にリアルなメシへと仕上がるが、パッケージにある「熱湯5分」にて即頂くよりじっくり混ぜ7〜8分程経過させた方がより美味しく頂けるだろう、後発商品実食時のポイントとしておきたい。

速攻で完食に誘う「軽快さ」と共に1食でもそれなりの満足感を与える「濃コク」な「バランスの妙」はAIが弾き出したレシピとは言え、やはり最終的には商品開発陣の人による「さじ加減」がものを言う、実は非常に繊細な美味しさであるのを理解出来た様に感じられた。(ほんまにわーとんか笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事