日清食品チルド 一度は食べてみたかった日本の名店 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 2人前
スポンサーリンク

「日清食品チルド 一度は食べてみたかった日本の名店 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 2人前」

チルド麺 日清 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 味噌ラーメン日清食品チルド 一度は食べてみたかった日本の名店 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 2人前

collectionfile0225は日清食品チルドより2019年9月1日(日)に発売された、「一度は食べてみたかった日本の名店 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 2人前」。

「麺屋 雪風」は北海道札幌のラーメン激戦区である札幌すすきのにて2003年創業の人気店だが、豚・鶏の白湯スープに魚介をブレンドした、「濃厚味噌らーめん」は今までの「札幌味噌ラーメン」に無いスタイルであり、その味わいにクセになると評価が高い店舗である。

当商品リリース後、2019年10月にはローソン流通限定にて同店カップ麺の商品化もされ、その後2020年10月にも再リリースされた、全国的にも好評を得た味わいでもある。

ちなみに、発売当初は北海道、東北、関東、中部地区の流通限定だったが、後に全国区へと流通範囲を拡大するもそのリリース情報は日清公式HPより削除されており、現在(2020年3月時点)西日本で調達するのは極めて難易度が高いだろう、個人的に2021年1月12日、北海道小樽市にて敢行した、「新年の信念旅in小樽」にて調達させて頂いた次第である。(その後一度も出会いは無い、やはり「一期一会」を感じる出会いでした)

商品概要

品名:一度は食べてみたかった日本の名店 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 2人前
メーカー:日清食品チルド
発売日:2019年9月1日(日)
麺種別:生中華めん
スープ:1袋(液体スープ)
価格:460円(税別)
JANコード: 4548780530516

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、食塩、卵粉/酒精、加工でん粉、pH調整剤、かんすい、クチナシ色素、焼成Ca、リン酸Ca、カラメル色素、(一部に小麦・卵を含む)
【スープ】チキンエキス、豚脂、ポークエキス、みそ、しょうゆ、砂糖、チキン調味料、乳等を主要原料とする食品、ポテトフレーク、魚介エキス、ねぎ調味油、ガーリックペースト、ジンジャーペースト、食塩、香辛料、しょうゆ調味料/酒精、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、(一部にえび・かに・小麦・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分

1食183g(めん110g)あたり
エネルギー:546kcal
たん白質:17.1g
脂質:22.3g
炭水化物:69.1g
食塩相当量:8.0g(めん2.2g スープ5.8g)

「日清食品チルド 一度は食べてみたかった日本の名店 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 2人前」実食写真

チルド麺 日清 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 味噌ラーメン 盛り付け例日清食品チルド 一度は食べてみたかった日本の名店 麺屋雪風 濃厚白湯味噌らーめん 2人前 盛り付け例

今回は卵が無かった為ご覧の盛付け例となるが(笑)、スープ、麺共に黄色味を帯びた色合いにて濃厚な仕上がりを見せた。

一口頂くと、豚・鶏の白湯(パイタン:乳化させ濁ったスープ)から非常にマイルドで塩の角の無い仕上がりに驚かさられ、札幌の味噌といえばの「純すみ系」とは全く異なるものである。

味噌のコクと動物系白湯のクリーミーな味わいに適度な甘みある味わいは濃厚でありながらもしつこさは全く無く、その美味しさについ一口、また一口と飲みたい衝動に駆られる。

逆に麺は北海道札幌の多加水の「ぶりぶり」感は抑えられた印象であり、もっちり粘りある弾力は感じられたものの比較的歯切れは甘く、スープとの一体感をより感じさせるものだと認識した。

結果、やはり実店舗にて実食させて頂きたいと思う他無い、訪問実食リストにさらに追加させられる一瞬であった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事