スポンサーリンク

「日清食品 AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ」

日清食品 AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ

日清の即席カップライスとして人気の「カップメシ」より、2020年3月23日(月)に発売された一品、「AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ」。

2015年に「日清 THE NOODLE 」シリーズとして、洗練された独自の世界観を持つラーメン店が監修する、流行や新商品の情報に敏感な20代〜30代の男女をターゲットに商品開発されたが、その第1弾として選ばれた店舗こそ今回と同店舗のAFURI(アフリ)である。

日清食品 AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ 側面パッケージ

店主である中村比呂人氏が監修した第1弾の「限定鶏塩らーめん」も衝撃の美味しさだったが、第2弾の「限定柚子塩らーめん」は繊細な淡麗なる味わいをカップで再現した、さらなる衝撃を与えられるものだった。

それから5年の歳月が経つが、この「日清 THE NOODLE」で商品化された店舗はたったの4店舗、「AFURI」、「Due Italian(ドゥエイタリアン)」、「播磨坂もりずみ」、「むぎとオリーブ」である。

AFURI以外の店舗は1度のみの商品化に対し、同店監修の商品にはこれまで、「限定柚子辣湯麺」、「限定柚子醤油らーめん」、「冬限定柚子塩らーめん まろ味」があり、現行品として「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 柚子塩らーめん mini」(2020年5月現在)もあるが、いつの間にか日清公式では「AFURI」シリーズとなっているのが非常に興味深い。

今まで「カップ麺」として衝撃な味わいを提供していたAFURIとのコラボ5周年を記念し、遂に「カップメシ」となり、同シリーズのパッケージから漂う「ユルさ」と対峙した本格的な味わいを期待する実食となった。

「オシャンティ感うPだぜ!」とあるパッケージトップに貼り付けられている調味油「阿夫利の素」。店舗名のAFURIは神奈川県、丹沢にそびえる大山 (通称:阿夫利山(あふりやま)) の天然水を使用していることに由来している。

商品概要

品名:AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ
製造メーカー:日清食品
発売日:2020年3月23日(月)
飯種別:乾燥ライス
かやく・スープ:オールインワン(袋無し)
定価:230円(税別)
JANコード:4902105946664

原材料

【ライス】米(国産)、乳化油脂、食塩
【スープ】豚脂、食塩、植物油脂、魚粉、香味調味料、でん粉、チキン調味料、小麦粉、魚介調味料、麦芽糖、香味油、砂糖、魚介調味料、こんぶ調味料、香辛料、しいたけ調味料、酵母エキス
【かやく】味付豚肉、ねぎ、ゆず皮

栄養成分表

1食86gあたり
エネルギー:342kcal
たん白質:7.0g
脂質:7.9g
炭水化物:60.7g
ナトリウム(食塩相当量):1.3g(3.4g)

「日清食品 AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ」実食写真

湯戻しから5分しっかり待ち、それから約1分の間、泡が消えるまで混ぜ完成させた仕上がり。パッケージ側面の作り方には「よくかきまぜてできあがり」とあるが、10秒20秒では足りないと思われる。ポイントは「泡が消えるまで」と勝手ながら強くお伝えしておきたい(すみません笑)。

一口目から十分な柚子の風味と魚粉からの魚介の風味の相性の良さを感じさせる味わいだったが、単なる「ぶっこみ」では無く、麺に変わる飯としての味わいを考慮させた、汁物でもありメシでもある、それら仕上がりのバランスが非常に良く、「もし、柚子塩らーめんのメシ版があればなあ」と思うユーザーの心を見事に掴む様でもあった。(勝手な意見ですが笑)

米のでん粉質から、麺には無い独自の丸い「マイルド感」に雑炊的な美味しさも感じられた、他では絶対に頂けない唯一無二を感じた。

※「コレクションファイル」とは?新たに設けられた今までのコレクションを放出するもの。記事としてアップが追いつかない為の苦肉の策。その内容はコチラ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事