小国製麺 「せきとり監修」新潟カレー焼そば
スポンサーリンク

「小国製麺 「せきとり監修」新潟カレー焼そば」

チルド麺 小国製麺 新潟カレー焼そば せきとり監修 パッケージ小国製麺 「せきとり監修」新潟カレー焼そば

collectionfiole0367は新潟県の小国製麺より販売されているチルド麺、「「せきとり監修」新潟カレー焼そば」。

小国(おぐに)製麺は1952年(昭和27年)、山形県小国町にて創業(現在は新潟県胎内市に所在)する老舗製麺所である。当初は足で踏み練り上げるうどん製造をしていたが、現在ではうどん・焼そば・ラーメン・パスタ等を製像を中心とし、さら米飯・寿司・弁当・惣菜の製造および販売も行っている。

当商品は新潟の「ご当地グルメ」のひとつである「鶏の半身揚げ」の元祖、「鳥専門店 せきとり」の「半身から揚げカレー味」の味わいを焼そばとして落とし込んだ一品であるが、同店が監修しているのがポイントであり非常に興味深い一品である。

「鳥専門店 せきとり」は1959年(昭和34年)に創業するが、その創業当時に初代店主が「子どもに喜んでもらえるように」との理由でカレー粉をまぶしたのが始まりであり、カレー粉、塩、片栗粉をまとった鶏肉を高温の油に投入し、15分掛けじっくり火を通し完成させられた味わいは表面がパリッとし、それに包まれたツルツルプリプリな肉にかぶりつくと肉汁が溢れる、約60年間新潟市や新潟下越地域にて愛される味わいである。

ちなみに、「鳥専門店 せきとり」は日本唐揚協会が主催する、「全国からあげグランプリ」の半身揚げ部門にて11年連続で金賞を受賞するが(2021年10月現在)、「鳥専門店せきとり」公式HPにてその「半身から揚げカレー味(冷凍)」を通販にて購入する事も出来る。(個人的にも一度頂きたいと思っています←なんでくうてからこれくとせいへんねん笑)

商品概要

品名:「せきとり監修」新潟カレー焼そば
メーカー:小国製麺
入手日:21年10月8日(金)
麺種別:むし中華めん
ソース:1袋×2人前(粉末ソース)
価格:298円(税別)
JANコード:4906074005056

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、米粉、食用植物油、食塩/かんすい、クチナシ色素、(一部に小麦を含む)
【ソース】砂糖(国内製造)、食塩、カレー粉、粉末ソース、野菜パウダー、ポークエキス、植物油脂、唐辛子/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、加工でん粉、酸味料、(一部に豚肉含む)

栄養成分

1食159g(めん150g・ソース9g)あたり
エネルギー:277kcal
たん白質:7.4g
脂質:3.2g
炭水化物:54.6g
食塩相当量:3.9g

「小国製麺 「せきとり監修」新潟カレー焼そば」実食写真

チルド麺 小国製麺 新潟カレー焼そば せきとり監修 盛付け例 麺リフト小国製麺 「せきとり監修」新潟カレー焼そば 盛付け例

今回の調理にあたり、鶏肉、豚肉のどちらでも対応可の準備をしていたが、パッケージを見ると豚肉が使用されていた為同じく豚肉スライスにて完成させた。麺の解れも非常に良くフライパンにて数分にて仕上げる事が出来るのも素晴らしい。

一口頂くと、粉末ソース由来の親しみ易い黄色いカレー粉の風味が広がるが、味付けもソースの塩味と若干の甘みが優しく、「店長イチオシ具材(パッケージ裏の調理説明欄に書かれている)」である「福神漬」との相性は相当良いだろうと推測出来る。(肉は準備万端でしたが福神漬は無く断念...笑)

麺は中細のストレートであり、弾力がしっかりしたもっちり仕様だが、優しい味わいに対する細身の麺との相性が非常に良く、全体にライトな仕上がりの為、今回は個人的に2食分を一気に完食しコレクト(実食)終了となった。

「半身から揚げカレー味」のカレー風味も恐らく軽く親しみ易いものだろう、それをまた近々頂きたいと誓うのである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事