ポッカサッポロ リゾランテ とろ~り濃厚チーズごはん
スポンサーリンク

「ポッカサッポロ リゾランテ とろ~り濃厚チーズごはん」

カップ飯 カップごはん リゾランテ 濃厚チーズごはん ポッカサッポロポッカサッポロ リゾランテ とろ~り濃厚チーズごはん

今回の一品はいわゆる「カップ飯」だが、実は日清食品だけでは無く商品化されている。ポッカサッポロより現行品(2020年5月現在)として発売されているのが「リゾランテ とろ〜り濃厚チーズごはん」。

ポッカサッポロ リゾランテ とろ~り濃厚チーズごはん 側面パッケージ

日清の「カップメシ」シリーズは内容量が80g代で1食しっかり食事として頂けるものだが、この「リゾランテ」シリーズは「サラダやヨーグルトと一緒に!お手軽ランチ」の位置付けとした、内容量44g、カロリーも174kcalとライトに頂きたい層に向けて開発しており、味わいからも主に女性に向けられているだろう。しかしおっさんである私、「ものグラム」にとっても非常に楽しみにしていた、「ワクワク」のコレクト(実食)だったのは此処で明かす(笑)。

ちなみに、初のポッカサッポロはポッカサッポロフード&株式会社であり、ポッカコーポレーションとサッポロ飲料が統合した会社であり、ポッカと言えば、カップ入りスープでコンビニ、スーパー等でよく目にされ、実際に頂かれた方も多いだろう。2019年8月にはカップ入りスープを専門に製造する仙台工場が竣工・稼働された。

商品概要

品名:リゾランテ とろ~り濃厚チーズごはん
製造メーカー:ポッカサッポロ
入手日:2020年5月
飯種別:米粉加工品
かやく・スープ:オールインワン(袋無し)
メーカー希望小売価格:180円(税別)
JANコード: 4589850824029

原材料

米粉加工品、乳糖、チーズパウダー、クリーミングパウダー、ホエイパウダー、食塩、チキンブイヨン、砂糖、じゃがいもパウダー、チーズ加工品、チーズ酵素分解物加工品、ソテーオニオンエキス、香辛料、乾燥パセリ、粉末発酵調味料/増粘剤(加工でん粉、タマリンド)、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、着色料(カロチノイド)、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表

1食44.4gあたり
エネルギー:174kcal
たん白質:3.2g
脂質:2.4g
炭水化物:34.9g
ナトリウム(食塩相当量):0.6g(1.5g)

「ポッカサッポロ リゾランテ とろ~り濃厚チーズごはん」実食写真

仕上がりは写真にある様に、まさに「とろ〜り」しているものであり、米粉加工品である一粒一粒の「もちもち米」がスープの中で立派に存在しているのが何より美味しそうだった。湯戻しは3分で日清の「カップメシ」シリーズよりも2分も時短なのもありがたい。

一口頂くと、商品名でもある「濃厚チーズごはん」の意味が直ぐに理解出来るもので、さすがポッカのカップスープ(粉末スティックタイプ)、カップ入りスープで培って来たノウハウが凝縮された、とろみのあるチーズの香りがクリーム感と共に堪能出来るのが何より。

米粉加工品であるごはんは実は乾燥状態で頂くとカリッとした、微細な無数の空洞を持ったものであり、それ故湯戻りが早く、戻りムラ無く仕上がるのが理解出来たが、その仕上がりの弾力はさすが。もっちもっちと力強く、スープに対しての量(密度)も低めで、スープとしてじっくり味わえ、さらにプラス米のリゾット感を十二分に感じさせる配分、バランスの妙が感じられた。

熱量174kcal、脂質2.4g、食塩相当量1.5g。全体的に非常にライトに抑えられているにも関わらず、その物足りなさを微塵にも感じさせない食べ応えを感じさせるのは驚きであり、今後も新商品開発を楽しみにしてしまう程の一品だった。(ただただ惜しむべきは何処でも入手出来ない流通量の少なさかもしれません)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事