サンポー食品 九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン
スポンサーリンク

「サンポー食品 九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン」

カップ麺 カップラーメン サンポー食品 九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン パッケージサンポー食品 九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン

collectioinfile0440はサンポー食品より2022年2月21日(月)に発売されたカップ麺、「九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン」

サンポー食品は1921年(大正10年)1月に米穀卸の「大石商店」として佐賀県三養基(みやき)郡基山(きやま)町に創業する、創業100年を迎えた超老舗即席麺メーカーである。

それを機に今までの歴史を振り返り、今後もさらに九州の「うまい」を届けたいとの想いから1977年(昭和52年)の発売(カップめん 長崎ちゃんぽん)を皮切りに生まれた「ご当地シリーズ」を刷新、ブランドリニューアルとして新たな歴史の一歩を刻むのが当商品を含む、「九州三宝堂(きゅうしゅうさんぽうどう)」シリーズである。

カップ麺 サンポー食品 九州三宝堂 ラインナップ サンポー食品「九州三宝堂」 ラインナップ

その「ご当地シリーズ」のラインナップは1977年(昭和52年)に発売された「長崎ちゃんぽん」をはじめとし、「高菜ラーメン」(1985年(昭和60年)発売)、「久留米ラーメン」(1999年(平成11年)発売)の計3品であった。

しかし、今回のブランドリニューアルに際し、同社が所在する「佐賀県」を発信しアピールしていきたい、選ぶ楽しさを提供したい、さらに「有明海海苔の美味しさが際立つスープにしたい」等、想いが込められた「しょうゆ味」のラーメン開発が成された、豚骨ラーメン文化の佐賀県から全国に発する新たな一品であり、2種の海苔が使用されているのもポイントである。

今回のブランドリニューアルに合わせTVCM等宣伝広告にも注力し、同社キャラクターとして親しまれる「ヤカンちゃん」と「ピッピちゃん」を登場させた親しみ易くわかりやすいブランド紹介、商品紹介がされており、TVCMは九州地区、Youtube広告は関東・九州地区にて2022年3月1日(火)より配信される。

サンポー食品「九州三宝堂」 商品ブランドCM 「まるっと編」

サンポー食品 「九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン」CM「まるっと編」

九州ご当地にて愛されて来た定番ロングセラー商品が全国に打ち出す同社の想いは非常に強く、今回個人的にそれに「打たれた」コレクト(実食)をさせて頂いた。

商品概要

品名:九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン
メーカー:サンポー食品
発売日:2022年2月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:4袋(粉末スープ・かやく・刻み海苔・海苔(2枚))
定価:193円(税別)
JANコード:4901773101269

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、食物油脂、ラード、食塩、植物たん白
【スープ】食塩、糖類、しょうゆ、魚介エキス、デキストリン、酵母エキス、かつお節粉末、香辛料、煮干しいわし粉末、焼きあご粉末、昆布粉末、植物油脂、あじ煮干粉末、チキンエキス
【かやく】焼のり(有明海産)、ナルト、メンマ、ねぎ
アレルギー物質:小麦・乳成分・さば・大豆・鶏肉・ごま

栄養成分

1食74g(めん60g)あたり
エネルギー:317kcal
たん白質:8.4g
脂質:11.1g
炭水化物:45.9g
食塩相当量:4.6g(めん・かやく1.6g スープ3.0g)
ビタミンB1:0.45mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:148mg

「サンポー食品 九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン」実食写真

カップ麺 カップラーメン サンポー食品 九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン 麺リフトサンポー食品 九州三宝堂 海苔佐賀しょうゆラーメン 麺リフト

「海苔」をテーマに開発されたかやくは刻み海苔とカット海苔(2枚)、そのどちらも有明海産であり、メンマ、ナルト、ねぎが配された仕上がりとなるが、撮影の手前で刻み海苔を振りかける際にネギが隠れてしまうハプニングが起きた瞬間、でもある(笑)。

スープを一口頂く瞬間に感じられる「魚介感」の厚みは素晴らしく、かつお節粉末、焼きあご粉末、煮干しいわし粉末、あじ煮干し粉末の重層的旨みに驚きを隠せない仕上がりである。

味付けはかなり甘めに設定されており独自な味わいと成る為、好みがわかれるポイントでもあるだろう、脂分が抑えられた味わいは東日本のうどん、そばに通用する深い味わいに感じさせたが、なるほど旨み凝縮のハイクオリティを堪能出来た。

麺は細身の適度なウェーブのある油揚げ麺だが、やはりスープのボディがしっかりしている為その油のスナック感は同化し打ち消される上品ささえ感じさせ、有明産のしっかりした海苔の風味が後押しするバランス感に思わず「うっとり」する、発売後即コレクト(実食)する「鮮度感」も味わう事が出来たのは非常に大きかった。(カップ麺でも「鮮度」は大事....(ま、毎回はむ、無理ですが...)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事