サンポー食品 麪家ひばり監修 あごだし白湯らぁめん
スポンサーリンク

「サンポー食品 麪家ひばり監修 あごだし白湯らぁめん」

カップ麺 カップラーメン サンポー食品 寿がきや 麪家ひばり あごだし白湯らぁめん ローソン中四国 パッケージサンポー食品 麪家ひばり監修 あごだし白湯らぁめん

collectionfile0422はサンポー食品を販売者とするローソン中四国限定にて2021年11月2日(火)に発売されたカップ麺、「麪家ひばり監修 あごだし白湯らぁめん」

パッケージにメーカーロゴが無い極めて珍しい一品だが、実は製造者は寿がきや食品である「製麺メーカータッグ」となっており、スープ、調味油、後入れかやくはサンポー食品製、麺、パッケージ等は寿がきや食品関東工場(群馬県高崎市)となる為、今回のクレジットは販売者であるサンポー食品とさせて頂いた。

島根県 松江 ラーメン 麪家ひばり麪家ひばり(筆者撮影)

当商品監修の「麪家(めんや)ひばり」はパッケージにもある通り、島根県のラーメンシーンにおいて筆頭に挙げられる人気店である。創業は2006年(平成18年)、店主は小山剛志氏。

グルメレビューサイト、「食べログ」の「百名店 ラーメンWEST」に2017年、2018年の2年連続で受賞し、現在(2022年1月)も3.65の高得点を誇るが、看板メニューである「あごだし白湯らぁめん」は魚介スープに豚骨白湯をブレンド、優しくあっさりとした味わいとじっくり煮出したコクある美味しさに県外、そして女性客が多く訪問する人気店である。

個人的には2019年8月に訪問実食させて頂いたが【島根】麪家ひばり  あごだし白湯らぁめん(マー油入り) shopmenfile0142(143杯目:136店舗)、当商品入手は2021年11月30日(火)〜1日(水)に敢行させて頂いた岡山遠征、「【遠征ダイジェスト】2021年11発目、「晴れの国岡山」2日目ラスト。 ラストその2 Column0576」の2日目最終日にて自転車移動中の小休憩にて立ち寄ったローソン店舗(1/1545店:2021年9月末時点)にて出会った喜びは非常に大きかった。(きんにくひめいあげとったな笑←あれ笑い事ちゃうかったんやで!んもうっ!笑)

商品概要

品名:麪家ひばり監修 あごだし白湯らぁめん
販売者:サンポー食品
製造者:寿がきや食品
発売日:2021年11月2日(火)
麺種別:ノンフライ麺
小袋構成:3袋(粉末スープ・調味油・後入れかやく)
定価:276円(税別)
JANコード:4901773101153

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物油脂
【スープ】豚脂、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、食塩、たん白加水分解物、魚醤、糖類、デキストリン、チキンエキス、煮干しイワシ粉末、焼きあご粉末、味噌、あじ煮干粉末、植物油脂
【かやく】大豆たんぱく加工品、かつお節粉末、さば節粉末、ねぎ
アレルギー物質:小麦・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

栄養成分

1食103g(めん65g)あたり
エネルギー:415kcal
たん白質:12.2g
脂質:14.4g
炭水化物:59.2g
食塩相当量:7.2g(めん・かやく2.0g スープ5.1g))
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:355mg

「サンポー食品 麪家ひばり監修 あごだし白湯らぁめん」実食写真

カップ麺 カップラーメン サンポー食品 寿がきや 麪家ひばり あごだし白湯らぁめん ローソン中四国 麺リフトサンポー食品 麪家ひばり監修 あごだし白湯らぁめん 麺リフト

「あごだし白湯らぁめん」のスープを担当するサンポー食品は家庭用カップ麺に於ける本場九州の本格豚骨スープに定評があるが、今回も豚骨の白湯に魚介のWスープのコクを感じさせる仕上がりである。

麪家ひばり「あごだし白湯らぁめん」

スープから一口頂くと、店舗で感じられた豚骨のコクに負けず前面に出る魚介感をしっかり感じさせ、さらにコクのある超クリーミーな味わいを与えるが、デフォルメ感ある塩味が少々強い味わいではあるもののその特徴を見事に捉え、後入れかやくのかつお節粉末、さば節粉末の「追い節」の魚介感は素晴らしく唸らせる。

そして寿がきや食品のノンフライ縮れ麺だが、店舗の多加水中太縮れ麺の「みずみずしさ」がネックとなるだろう、クオリティは高いものの若干ごわつきのある、良くも悪くも「らしい」特徴的な食感、味わいであり、少々加水感が低く「リアリティ」は感じられなかったものの、「麪家ひばり」の雰囲気は十分に感じさせる、特にサンポー食品の豚骨系スープづくりの強さを感じさせた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事