サンヨー食品 サッポロ一番 カリチキ 旨チキン味焼そば
スポンサーリンク

「サンヨー食品 サッポロ一番 カリチキ 旨チキン味焼そば」

カップ麺 サッポロ一番 カリチキ 旨チキン味焼そば カップ焼そばサンヨー食品 サッポロ一番 カリチキ 旨チキン味焼そば

今回の一品はオールドから、2016年12月5日(月)にサンヨー食品から発売された「カリチキ 旨チキン味焼そば」。(最近新旧入り乱れコレクト(実食)していますが、実は昔と全く実食スタイルは変わっていません笑)

真紅を基調とし、麺リフトにもりもりに乗ったふりかけ「カリチキ」のパワフルなパッケージデザインはインパクト大であり、同時に「カリチキ」なる新たな言葉に「一度は食べてみたい」と思わせる、なかなか誘引力ある一品であり、今思うとこの時限りのスポット商品(1度の生産にて販売終了)だった事を思うと、非常にレアでもあった。

この「カリチキ」のカリはどうやらフライドチキンの衣風と捉えて間違い無いだろう、旨チキン味はチキンをベースに7種のスパイス、そして4種のハーブを合わせたもので、全体を通じて「フライドチキン」を体感出来る。

この様に非常に斬新な発想は日本のカップ麺業界の商品開発に於いては今までも、そしてこれからも続き、また新たな一品が生まれる、これがまた楽しみな一面なのである。

商品概要

品名:サッポロ一番 カリチキ 旨チキン味焼そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2016年12月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース・調味油・ふりかけ)
メーカー希望小売価格:220円(税別)
JANコード:4901734029731

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、
【ソース】植物油脂、豚脂、食塩、チキンエキス、鶏脂、香辛料、クリーミングパウダー、たん白加水分解物、でん粉、酵母エキス、デキストリン、発酵調味料
【かやく】味付大豆たん白、キャベツ

栄養成分表

1食127g(めん100g)あたり
エネルギー:611kcal
たん白質:14.8g
脂質:29.2g
炭水化物:72.2g
ナトリウム(食塩相当量):1.7g(4.3g)
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:229mg

「サンヨー食品 サッポロ一番 カリチキ 旨チキン味焼そば」

コレクト(実食)は発売から約3年半と、油揚げ麺であるが故開封時点で少々緊張感あるものだったが(やっぱしゅしおかしないか笑)、実際に開封した瞬間「行ける!」(だからおかしないんかそれ笑)と確信(笑)。劣化度は非常に低かったが、かやくのキャベツは完全に色素抜け、いや、褪(あ)せている為、麺の下に潜らせての盛付けである(笑)。

しかし肝心の「カリチキ」のふりかけは湿気等にやられる事無く見事なもので、ご覧の通りである。

一口頂くと、塩ベースのスパイス感溢れるパワフルな味わいに驚かされ、同時に調味油も含め脂質29.2gの数値**カップ麺の王道である日清のカップヌードル(しょうゆ)が14.6g2020年時点現行品の数値))はさすがにジャンク感が否めない、おっさんの胃には若干キツいものだったが、フライドチキン感は理解出来た。

麺自体は比較的解れやすいライトなもので、適度な弾力があり頂き易く、カリカリのかやくは肉の代用として開発されていた大豆たん白を揚げたもので、肉の代用として使用されていたものより遥かに存在感は大きく、まさにフライドチキンの衣のカリッとした部分をいいとこ取りした様な、「バリバリ」とも言える食感こそ今回の主役だっただろう。

しかし....、個人的にはそのジャンクなパワフルを緩和させる様な存在感、例えばフライものに掛けるレモンの様な存在感があればより最高だったと思わせた。(れもんゆうたらええがな笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事