サンヨー食品 大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味
スポンサーリンク

「サンヨー食品 大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味」

サンヨー食品 大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味 パッケージサンヨー食品 大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味

collectionfile0465はサンヨー食品より2022年3月28日(月)に発売されたカップ麺、「大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味」

家庭用即席麺好きの方の中では有名だろう、テレビをはじめ様々なメディアにて活躍する「インスタントラーメン評論家」である大和イチロウ(一朗)(職業:食文化研究科、インスタントラーメン専門店「やかん亭」代表)とタイアップし商品化された内の一品である。

30年以上「1日1麺」を実食する「インスタントラーメンマニア」でもある大和イチロウが東北と九州の人気乾麺を厳選、数多とある商品群の中から選んだのは山形県の株式会社みうら食品(山形県東根市)の「鳥中華 (鳥中華 和風そばつゆ味(collectionfile0137))」、そして九州エリアからは熊本県の日の出製粉株式会社(熊本県宇城市)の「赤龍(赤龍ラーメン 辛子みそ味(collectionfile0459))」であるが、同業者であるメーカーの枠を越えた前代未聞のタイアップ商品としてカップ麺として商品化されるのは異例中の異例であり、インスタントラーメン史に大きく刻む一品だろう、個人的にも非常に嬉しく思う一品である。

インスタントラーメン 袋麺 棒状ラーメン 乾麺みうら食品 鳥中華 和風そばつゆ味(collectionfile0137)

一方、今回選ばれた「鳥中華(和風そばつゆ味)」だが、2020年(令和2年)3月10日(火)にTBS系にて放送された「マツコの知らないインスタント袋麺の世界」にて、同氏が棒状ラーメンジャンルに於き1位として紹介、その後全国区へと一気に知名度を上げ一時品薄状態となった。

実はその「鳥中華」は山形県にて親しまれる麺料理であり、「蕎麦店から生まれたラーメン」であるが、その発祥は江戸末期である文久元年(1861年)に創業されたと伝えられる天童市の老舗蕎麦店、「水車生そば(きそば)」が賄いとして和風だしと鶏肉を使用した「ラーメン」であり、それをたまたま近所の温泉街の酌婦(しゃくふ)が見付け裏メニュー化された経緯がある。

水車生そば(山形県) 店舗外観水車生そば(筆者撮影)

個人的には2020年(令和2年)8月20日(木)に同店に訪問、「鳥中華」を実食した後、同年8月29日(土)にみうら食品製「鳥中華 和風そばつゆ味(collectionfile0137)」をコレクト(実食)完了となる。

しかし今回のコレクト(実食)に至り、改めて「鳥中華 和風そばつゆ味」をリベンジとして頂きその直後にカップ麺化された味わいを比較させて頂く事とした。

「インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら総本店」公式Youtube【緊急】おうちラーメン研究所から"美味しい"重大発表があります!!【大和イチロウ】より

最後に、今回の商品化にあたり監修する秘話は発売前の3月27日(日)19:00、「インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら総本店」公式Youtubeである「おうちラーメン研究所」にて動画として公開された為、是非その裏側をご覧頂きたい。

商品概要

品名:大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味
メーカー:サンヨー食品
発売日:2022年3月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(粉末スープ・かやく)
メーカー希望小売価格:193円(税別)
JANコード:4901734045724

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵、砂糖
【スープ】しょうゆ、糖類、食塩、かつお節エキス、植物油脂、チキン調味料、鶏脂、みりん、昆布エキス、野菜エキス、粉末つゆ、発酵調味料、酵母エキス、香辛料
【かやく】味付鶏肉そぼろ、味付揚げ玉、ねぎ
アレルギー物質:小麦・卵・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉

栄養成分

1食83g(めん55g)あたり
エネルギー:317kcal
たん白質:6.2g
脂質:12.5g
炭水化物:45.0g
食塩相当量:5.0g(めん・かやく1.4g スープ3.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:217mg

「サンヨー食品 大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味」実食写真

サンヨー食品 大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味 麺リフトサンヨー食品 大和イチロウおすすめ! 鳥中華どんぶり 和風そばつゆ味 麺リフト

今回の商品化にあたり、氏がこだわる項目こそ「手軽に手に取って食べて欲しい」であり、実はカップ麺市場に於ける高価格帯(200円以上〜300円(税別))のノンフライ麺仕様の商品化の道があった中、敢えて選んだ道こそ「普及価格帯」であり、油揚げ麺仕様である事である。

その「普及価格帯(現在一般的な193円(税別)」であるが、実はコストによる制約が非常に大きく商品化における難易度が高いものであるが、ひとつ、「たくさんの人に地方メーカーの名を知って欲しい」、もうひとつ、「ご当地袋麺の存在を知って欲しい」想いからである事をこの場で代弁させて頂く。

さらに同時リリースの「赤龍ラーメンどんぶり 辛子みそ味」とは全く違う味わいであり、全く別物として2品を監修する労力は相当なものだっただろう。

みうら食品 鳥中華 和風そばつゆ味 調理盛り付け例みうら食品 鳥中華 和風そばつゆ味(調理盛り付け例)

個人的に師でもある為、今回「鳥中華 和風そばつゆ味」を「水車生そば」仕様にて改めてリベンジさせて頂いたが、実はこの味わいのポイントである「天かす」が入手出来なかった為、「自家製」にて用意し盛付した。

天かすの他、鶏肉、三つ葉、刻みのりのトッピングが店舗のデフォルトであるが、当商品では味付鶏肉そぼろ、味付揚げ玉、ねぎにて代用、再現されている。

スープから一口頂くが、正直に袋麺仕様の味わいをほぼ踏襲しただし感、醤油、みりんの和の甘みある味わいに店舗の「天かす」のコク増しを味付揚げ玉以外に層となる程の油(植物油脂)にて補う再現度の高さに驚きを隠せず、思わず「ニンマリ」する超マニアックな再現度を感じた。

さらに油揚げ仕様の中太縮れの麺は「水車生そば」で実際に使用される中太の多加水麺を思わせるが、「鳥中華 和風そばつゆ味」は平打ちのストレートであり、そのどちらをも感じさせる。

そして一口頂く食感は想像を絶する「鳥中華 和風そばつゆ味」の滑らかな舌触り、適度な弾力あるみずみずしく口の中を泳ぐ様な食感が見事再現されており、その「縮れ」形状を忘れさせる独自の世界観があり、やはり唯一無二の美味しさが奥深くある、しかしスープ、麺共に非常に親しみ易い美味しさに仕上がっており全国区でも通じるだろう美味しさ、奥深さを改めて感じさせた素晴らしき一品であるのを体感させて頂いた。(※動画の中で氏の言うメーカーはサンヨー商品の協力企業の「株式会社カナヤ食品 千葉旭工場」となります。」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事