テーブルマーク 東北の味 仙台辛味噌ラーメン
スポンサーリンク

「テーブルマーク 東北の味 仙台辛味噌ラーメン」

カップ麺 テーブルマーク 仙台辛味噌ラーメンテーブルマーク 東北の味 仙台辛味噌ラーメン

テーブルマークより現行品(2020年8月現在)である一品、「東北の味 仙台辛味噌ラーメン」をコレクト(実食)。

現在この「東北の味」シリーズは「喜多方醤油ラーメン」(福島県)、「米沢ラーメン」(山形県)と計3種がラインナップされている。

「仙台辛味噌ラーメン」は宮城県仙台市周辺で食されて来たラーメンであるが、全国的地名度は決して高くは無い。しかしこの一品の様に各メーカーからカップ麺にて数種商品化されており、カップ麺フリークの間では比較的認知度の高い味わいかもしれない。

その「辛味噌ラーメン」を提供する店舗として有名なのが「ラーメン味よし」であり、地元では有名で人気があるがそのスタイルは白味噌をベースにしたスープにレンゲに盛られた辛味噌を好みのタイミングで溶きながら頂くスタイルとなっている。

ちなみに、パッケージの左側に可愛いキャラがいるが、彼は「独眼竜ねこまさむね」である。

「独眼竜ねこまさむね」(独眼竜ねこまさむね公式HPより無料画像ダウンロードより引用)

仙台伊達なキャラクター製作委員会が運営するキャラクターであり、「ねこまさむねは、みなさんのこころをひとときでもあたたかい気持ちにできたらという想いから生まれたキャラクターです。礼儀正しく、たくさんの人から愛されるキャラクターを目指しております。」とある、癒しと力強さを与えられる様な頼もしさを感じさせる。

「ねこまさむねは ヤミをてらす 月のひかりになりたいです。」

可愛らしい彼の想いを知ると応援したくなる、いや、逆に応援されたくなってしまったのはワタシ、「ものグラム」であったりする(笑)。

商品概要

品名:東北の味 仙台辛味噌ラーメン
メーカー:テーブルマーク
麺種別:ノンフライ麺
小袋構成:2袋(液体スープ・かやく)
価格:--
JANコード:4901520400478

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、食塩、小麦たん白
【スープ】味噌(仙台味噌 22%)、植物油脂、食塩、砂糖、ガーリックパウダー、チキンエキス調味料、にんにくペースト、たん白加水分解物、粉末唐辛子、しょうがペースト、酵母エキス、食用風味油
【かやく】キャベツ、肉そぼろ、ねぎ、ぶどう糖、きくらげ、赤唐辛子

栄養成分表

1食106g(めん65 g)あたり
エネルギー:324kcal
たん白質:9.6g
脂質:5.3g
炭水化物:59.4g
ナトリウム(食塩相当量):2.4g(6.0g)(めん・かやく0.8g(1.9g) スープ1.6g(4.1g))
カルシウム:160mg

「テーブルマーク 東北の味 仙台辛味噌ラーメン」実食写真

カップ麺としての「仙台辛味噌ラーメン」は辛味噌が既に混ぜられた状態が完成形の為、この様にオレンジから赤の力強い色合いとなる。

液体の調味料は味噌が入っている分かなり分厚い濃厚そうなものだったが、いざ湯に溶かすと意外と仕上がりはさらっとした印象であり、脂分も低いのが見た目と数値(脂質5.3gはカップ麺としての数値は低い部類に入ります)からも確認出来た。

一口頂くと、味噌の風味とほぼ同時に来るにんにくの力強さが感じられ、トッピングのキャベツ、肉そぼろ、ねぎと共に頂くとまさに「スタミナ系ラーメン」を思わせる仕上がりである。

味噌の風味とにんにく、脂分が少なく生姜を効かせ、余韻の甘味と意外と強い辛味が織りなすスープはさらっとはしているもののインパクトは十分にあり、しかしもう一口と誘う美味しさでもあった。

製造はグループ会社である加ト吉水産(群馬県)のもだが、スープのさらりとした中の旨味風味の美味しさにもらしさを感じたが、麺も特徴がある。

ノンフライの縮れある平打ちの仕上がりだが、以前よりも格段にしなやかさが増し、4分の湯戻しでしっかり麺の芯まで戻っており、もっちりとしたみずみずしさと適度な弾力のある「保湿力」は以前とは比べ物にならない進化を感じ、実際の「仙台辛味噌ラーメン」は未だ実食出来ていないものの、思わずニンマリしてしまった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事