スポンサーリンク

「徳島製粉 金ちゃん いかソース焼そば」

カップ麺 徳島製粉 金ちゃん いかソース焼そば徳島製粉 金ちゃん いかソース焼そば

2020年2月に敢行した「高知遠征」にて入手した一品、「徳島製粉 金ちゃん いかソース焼そば」。以前は汁なし系角形にて同商品があったが、実際に四国の地で入手したのはこの丸型である。(ちなみに当ブログ移行前のfile0501にて実食紹介済み、数値等内容は全く変わっていない事が判明)

西日本ではまだご存知の方もおられるかと思うが、東日本での認知度は決して高く無いのが「金ちゃん」。徳島県徳島市にある徳島製粉は徳島県唯一の製粉会社。

創業は昭和18年(1943年)で、昭和39年から即席ラーメンの研究を開始。昭和41年(1966年)に「キンツルラーメン」という即席袋麺を製造開始した。

同社が製造する商品「鳴門金鶴(なるときんつる)」からのネーミングだったが、他社が既に同名の商品を発売していた為、昭和42年(1967年)に「ナルトナミキンツルラーメン」と名称変更した。そこからの「金ちゃん」である。ちなみに「欽ちゃん」では無い。(それいらんやろ笑)

商品概要

品名:金ちゃん いかソース焼そば
メーカー:徳島製粉
入手日:2020年2月
麺種別:油揚げ麺
かやく・ソース:2袋(かやく・液体ソース)
価格:--
JANコード:4904760013767

原材料

【めん】小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、蛋白加水分解物
【ソース】ソース、糖類、食塩、植物油脂、蛋白加水分解物、醸造酢、はちみつ、香辛料
【かやく】キャベツ、味付イカ

栄養成分表

1食134g(めん100g)あたり
エネルギー:578kcal
たん白質:11.6g
脂質:22.9g
炭水化物:81.3g
ナトリウム(食塩相当量):1.9g(4.8g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:164mg

「徳島製粉 金ちゃん いかソース焼そば」実食写真

ちなみに今回は賞味期限内の実食の為非常に綺麗でありより食欲を増進させる(笑)。ソースの味わい濃度は非常に高く、他社ではあるがU.F.O.に引けを取らない程。しかも同系統と言えるものであり、プラスしっかりしたスパイス感に圧倒され、プラスいかの旨味香りが同居する美味しさは絶滅危惧種。間違い無くコレクション必須の一品だった。

※「コレクションファイル」とは?新たに設けられた今までのコレクションを放出するもの。記事としてアップが追いつかない為の苦肉の策。その内容はコチラ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事