東洋水産 富士宮やきそば
スポンサーリンク

「東洋水産 富士宮やきそば」

カップ麺 カップ焼そば 東洋水産 富士宮やきそば パッケージ東洋水産 富士宮やきそば

collectionfile0348は東洋水産より2020年5月4日(月)にリニューアル発売されたカップ焼そば、「富士宮やきそば」。

当商品は2007年(平成19年)2月13日(火)に新発売され、その後リニューアルを繰り返し現在(2021年9月)約15年近く親しまれるロングセラー商品であるが、販売エリアは全国区であるものの通常は比較的入手困難であり、リニューアル発売時に全国のスーパーやCVS(コンビニエンスストア)にて散見され比較的安易に入手出来る。

現在では全国的知名度の高い「富士宮やきそば」だが、静岡県富士宮市にて古くから親しまれる焼そばを町おこしとしてB級グルメの祭典である「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ」に出場、第1回(2006年in八戸)、第2回(2007年in富士宮)大会にて2年連続で「ゴールドグランプリ」を獲得した。

その「富士宮やきそば」の特徴はパッケージもある通り「コシのある麺」、「肉かす」、「削り節」、「コクのあるソース」とあるが、中でも最大の特徴は麺であり、富士宮やきそば学会では「マルモ食品」、「曽我めん」、「叶屋」、「さのめん(旧木下製麺所)」製を指定しており、マルモ食品創業者の望月晟敏氏が戦地で食したビーフンを再現しようと試みた過程で生まれた「蒸し麺」の独自のコシある食感こそがポイントである。

商品概要

品名:富士宮やきそば
メーカー:東洋水産
発売日:2020年5月4日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:3袋(液体ソース・かやく・削粉)
価格:220円(税別)
JANコード:4901990366007

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、植物性たん白、しょうゆ、香辛料、粉末野菜、卵白
【ソース】ソース、豚脂、砂糖、植物油、食塩、煮干粉末、しょうゆ、野菜エキス、ポークエキス、酵母エキス、香辛料
【かやく】キャベツ、味付豚肉

栄養成分

1食165g(めん120g)あたり
エネルギー:712kcal
たん白質:16.7g
脂質:32.8g
炭水化物:87.4g
食塩相当量:5.7g
ビタミンB1:0.60mg
ビタミンB2:0.65mg
カルシウム:297mg

「東洋水産 富士宮やきそば」実食写真

カップ麺 カップ焼そば 東洋水産 富士宮やきそば 麺リフト東洋水産 富士宮やきそば 麺リフト

今回のかやくはキャベツ色素抜けがある為、オンザ麺を控えめにし後は麺に潜らせ完成させたが、鰯(いわし)の削り粉はしっかりと量がありコレクト(実食)を楽しみにさせた。

一口頂くと粘性の低いウスターソースであるもののラードによる脂分と共に甘みがある濃厚な味わいが広がる、炒めラードによる肉かすの香ばしさも感じられるかなり力強い味わいだが、削り節による魚介の風味を余韻に与えるバランス感が秀逸である。しかし、以前コレクトしたcollectionfile0344( 藤商 富士宮やきそば)のソースは酸味が強い味わいでありニュアンスは異なる為、いつか本場富士宮市にてリアルな味わいを頂きたく現地訪問リスト入り確実となった。

麺はご覧の通り太麺仕様だが湯戻しは3分でありデフォルトにて仕上げたが、弾力、コシよりも硬めのわしわしした力強さを感じさせたが、プラス1分の4分にするとより弾力は増したかもしれない、しかしソース、麺共に力強い美味しさが印象に残る一品であった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事