東洋水産 マルちゃん 激めんワンタンメン みそ
スポンサーリンク

「東洋水産 激めん ワンタンメン みそ」

カップ麺 カップラーメン 東洋水産 激めんワンタンメン みそ パッケージ東洋水産 マルちゃん 激めん ワンタンメン みそ

collectionfile0394は東洋水産より2018年10月1日(月)に発売されたカップ麺、「マルちゃん 激めん ワンタンメン みそ」

「マルちゃん 激めん ワンタンメン」とは1978年(昭和53年)に発売されたロングセラー商品だが、「北海道民のソウルフード」とも呼ばれ、当時北海道エリア限定商品として販売されていた。

カップ麺 東洋水産 マルちゃん 激めん ワンタンメン パッケージ東洋水産 激めん ワンタンメン(2019年)(collectionfile0315)

2018年(平成30年)に同シリーズ40周年を迎えるが、その記念として「激めんワンタンメン 感謝感激40周年キャンペーン」を開催、新たな味わいとして同商品をラインナップに追加し販売エリアを全国へと拡大、さらに「ナウでヤングなQUOカード当たる!」としてランダムにQUOカード5,000枚(500円)がカップの中に直接封入された記念すべき一品である。

しかし、その「激めん ワンタンメン」シリーズは現在(2021年11月)中京以東エリアのみのエリア限定商品となっている。

ちなみに、当シリーズのネーミングの由来は若者に向けたものであり、「激しく生きてほしい」とメッセージを込めボリュームのあるワンタンを入れた「感"激"するうまさ」からである。

商品概要

品名:マルちゃん 激めん ワンタンメン みそ
メーカー:東洋水産
発売日:2018年10月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:1袋(液体スープ)
価格:193円(税別)
JANコード:4901990361415

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ポークエキス、香辛料、卵白、粉末野菜
【スープ】みそ、野菜エキス、ポークエキス、豚脂、食塩、香辛料、砂糖、香味油脂、植物油
【かやく】ワンタン、メンマ、なると

栄養成分

1食103g(めん60 g)あたり
エネルギー:414kcal(めん・かやく344ckal スープ70kcal)
たん白質:9.8g
脂質:20.2g
炭水化物:48.2g
食塩相当量:5.8g(めん・かやく1.8g スープ4.0g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:134mg

「東洋水産 激めん ワンタンメン みそ」実食写真

カップ麺 カップラーメン 東洋水産 激めんワンタンメン みそ 麺リフト東洋水産 マルちゃん 激めん ワンタンメン みそ 麺リフト

今回のコレクト(実食)は発売から約3年以上が経過する「オールド」であり、なるとの渦のピンク色が完全に薄まり、さらに液体スープの味噌は本来白味噌ベースの味わいであったそうだがかなり褐色した茶系の仕上がりであり、本来ある味わいを頂く事が出来ないのはご承知頂きたい。(味噌ベースの商品(粉末、液体とも)は劣化が早いのをこの道約7年で確認(おまいがくうんおそいだけやろ)させて頂く事が出来ました)

スープから一口頂くと、やはり赤味噌を感じさせる酸味を感じさせ劣化度はかなり進んでいるが、本来の味わいとは違うものの香ばしい風味に美味しさを感じさせる、個人的には「あり」と思わせるのがなんとも「痛い」、東洋水産には申し訳ない思う自責の念を抱くが、粉末では無く液体スープとしてコストを割かれた美味しさは伝わったつもり、である。

麺はレギュラーの「激めん ワンタンメン」とは全く異なる平打ち形状の縮れであり、柔目に仕上がる食感は決して強くは無いが、注力した液体スープを出来る限り運び口の中で一体化するバランス感は見事、決して高級路線では無いが計算され商品化されるのを十分に感じさせた。

かやくはワンタンは3個、メンマはレギュラーのレトルトに対しFD(フリーズドライ)、青味無しの仕様だったが、やはりロングセラーの王道「激めん ワンタンメン」のしょうゆ味の黄金のバランス感には及ばず、しかし新たな味わいを模索し投げかける新作にも敬意を評し、今後も進化し続ける同シリーズを応援させて頂きながらコレクト(実食)させて頂きたいと誓うのである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事