東洋水産 マルちゃん 黒い豚カレーうどん(イオン BLACK FRIDAY2018)
スポンサーリンク

「東洋水産 マルちゃん 黒い豚カレーうどん(イオン BLACK FRIDAY2018)」

カップ麺 カップうどん 東洋水産 黒い豚カレーうどん イオン ブラックフライデー 限定 2018年 パッケージ東洋水産 マルちゃん 黒い豚カレーうどん(イオン BLACK FRIDAY2018)

collectionfile0390は東洋水産が製造、イオン専売品として2019年11月に発売された、「マルちゃん 黒い豚カレーうどん(イオン BLACK FRIDAY2018)」。

イオングループが米国で年間最大のセールといわれる「ブラックフライデー」を取り入れセールを初開催したのは2016年(平成28年)(11月25日(金)~11月27日(日))だが、カップ麺としてタイアップ商品化されたのは2019年(令和元年)からであり、それが当商品となる。

パッケージこそ「BLACK FRIDAY」仕様だが、その内容は当時の通常版と全く同じである。しかしそのパッケージは蓋だけでは無くどんぶり自体もセールキャラクターである「ブラックパンダ」が施される本格限定仕様である。

「ブラックフライデー」とは11月の第4金曜日にあたり、アメリカの小売店などで大規模な安売りが実施される日であるが、実はその前日は同国の祝日「感謝祭(Thanksgiving Day)」であり、感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セールとして機能する。

その「ブラック」の由来は1961年頃、フィラデルフィアの警察官が名付けたとされる。人が外に溢れ仕事が増える為、「真っ暗な金曜日」と呼んだ事がきっかけとされたが、当時小売店などはこのワードに対し不快感を表し「ビッグフライデー」と名付けるも一般的には「フラックフライデー」が広まり、さらにフィラデルフィアの新聞が「小売業者が儲かり黒字になる」という解釈を発表して以来良い意味で捉えられる様になる。

商品概要

品名:マルちゃん 黒い豚カレーうどん(イオン BLACK FRIDAY2018)
メーカー:東洋水産
発売日:2019年11月
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(かやく・粉末スープ)
定価:--(イオン専売品の為実勢価格:100円前後(税別))
JANコード:4901990364713

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白
【スープ】食塩、香辛料、粉末野菜、砂糖、豚脂、ポークエキス、デキストリン、しょうゆ、魚介エキス、たん白加水分解物、ねぎ、ソース、発行調味料
【かやく】味付豚肉、たまねぎ、にんじん

栄養成分

1食87g(めん66g)あたり
エネルギー:385kcal(めん・かやく323kcal スープ62kcal)
たん白質:8.2g
脂質:16.2g
炭水化物:51.7g
食塩相当量:5.8g(めん・かやく2.2g スープ3.6g)
ビタミンB1:2.19mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:148mg

「東洋水産 マルちゃん 黒い豚カレーうどん(イオン BLACK FRIDAY2018)」実食写真

カップ麺 カップうどん 東洋水産 黒い豚カレーうどん イオン ブラックフライデー 限定 2018年 麺リフト東洋水産 マルちゃん 黒い豚カレーうどん(イオン BLACK FRIDAY2018) 麺リフト

発売から約2年経過し「ねぎ」の褐色化が懸念されたが、今回は意外にも青々する反面、実はにんじんが褐色化するという想定外に驚きを隠せなかったが、あくまで個人的「実食無問題」の仕上がりである。

一口頂くと、やはり「マルちゃん 豚カレーうどん」でしか出す事の出来ないカレーの風味が堪能出来、その香りが鼻腔を抜ける喜びを感じさせるが、しっかりととろみがついたスープは魚介エキスにて醸し出される和風カレーの味わいに身体が温まり、その辛さは舌を刺激するものでは無く後からじわじわと来るものである為、辛味耐性が弱い方でも頂く事が出来るだろう王道の味わいである。

油揚げ麺のうどんは東洋水産らしい縮れある平打ち形状だが、滑らかさがありスープとの絡みが良い一体感を感じさせる。

おすすめ調理方としてかやくを別容器で湯戻し後、麺の上に乗せ頂くと、かやくのたまねぎの存在感がアップし(通常通りに作るとたまねぎは容器底に沈んでしまう、その存在に気づかず完食(スープを飲み干さない方限定)する場合がある為です....あくまでご参考まで)、そのシャキシャキした食感がアクセントとなる為是非お試し頂きたく思う。(現在(2021年11月)の「マルちゃん 黒い豚カレーうどん」にもたまねぎは採用されています)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事